>
>
>
明日もどこかで秘密の情事
  • --位 ※今年度
  • レビュー数1
  • 得 点3
  • 神 率0%
  • 評価数,平均1 件 , 3 / 5
0 0 1 0 0
作品名
明日もどこかで秘密の情事 コミック
著  者
 
作  画
 
媒 体
コミック
出 版 社
オークラ出版
発 売 日
2006/12/12
価 格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775508749
アマゾンで買う

eBook 電子書籍

Renta!

ボタンを押すと即立ち読みできます!

どこでも読書

Android対応 BLコミック、小説豊富な品ぞろえ!


表題作

明日もどこかで秘密の情事

城ノ内早成・人気脚本家&演出家

B

相沢真琴・新人俳優

B

エロ度

標準的

プレイ

設定

年の差 芸能界、業界

トーン

ほのぼの コミカル・シュール

同時収録作を表示

その他の収録作品

エスコートの心得 / 天使の課外授業?秘話 / ライバルの心得 / 天使の挑戦状 / プレリュード / 相沢真琴秘話

読んだ 漫/あざらしの、(漫画家/挿絵家・ふ~ほ)/カイ


1

※このレビューはネタバレ有です

ラブラブ幸せおバカカプ!

『今日もどこかで秘密の事情』の続編!

人気演出家&脚本家の城ノ内と、脚光を浴び始めた、新人俳優の真琴はラブラブの恋人同士!
ところが、城ノ内と同じく舞台演出家のライバル大内が絡んできて…⁉︎
最初は真琴に目をつけて近づいてきた当て馬的存在かと思いきや⁉︎
何故か、真琴に意地悪なことばかり仕掛けてくるんです。
ライバル城ノ内の恋人だから、彼への嫌がらせかと思ったら⁉︎
あれあれ!な展開でした(笑)
この演出家のおじサマも、凄く変わり者だったのです。
間に挟まれて振り回された真琴がちょっぴり可哀想に思えてきます…。

結局色々あったけれど、城ノ内が助け出してくれて、お決まりラブラブ展開でした!

城ノ内は相変わらずな人なんですけど、続編で良かったところは、城ノ内の内面が描かれていたところ。
真琴の事が好きで仕方がない気持ちが、ダダ漏れで、しょうがない可愛いおじサマ姿に絆されました。

年上なのに、今まで本気の恋愛を経験したことがないから、真琴という存在を手に入れて戸惑ってます。
演出家として、役者としての真琴が成長するのは嬉しいし、立場を尊重していかなければいけないのは分かるんだけれど…
恋人としては、自分だけの真琴は人に見せたくなくて、本当は独占したい!
嫉妬して、エッチ中、言葉攻めで縛ろうとしたり…
素直じゃなくて、不器用な姿が可愛く見えてしまいました。

前作はコメディに走り過ぎた感が強かったんですけど、今回は藤井先生らしい、キラキラ輝くキャラ達の可愛らしい内面を覗かせてくれていたので読んでいてほのぼの楽しめました。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします
Page Top