ディア・グリーン 瞳の追うのは 2

dear green

眼神的方向

ディア・グリーン 瞳の追うのは 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
42
評価数
11件
平均
3.8 / 5
神率
27.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344808874

あらすじ

緑のことを好きだと自覚した音海と、音海の好きな相手が自分ではないかと気付き始めた縁。そして「なんとなく」音海にキスをし、身体を重ねてしまった縁に音海はいらだちを隠せないでいた。「友人」としての時間が長いふたりは、すぐ「恋人」にはなれないでいて……!?

表題作ディア・グリーン 瞳の追うのは 2

喫茶店経営を目指す・矢島縁
デザイン会社勤務・音海紘

同時収録作品ストーキングベイベー

その他の収録作品

  • 想いの行方は

評価・レビューする

レビュー投稿数7

考えることをやめられない

親友だった相手に恋心を自覚した、ほんのりで終わった一巻。
縁も音海が自分を好きかもしれないと気がついてもどうしたらいいのかわからないまま、変わっていく関係を穏やかなペースで、でも自然体で描いています。

どっちかが主導権があるわけでなく、仕事関係の上下や年齢さがあるわけでなく、本当にここまで対等で始まる恋を一から作れるのはすごいと思う。
男女の関係でなく、男性同士だから描ける対等だと思います。
これが女性ならドアを開けるときとか、荷物を持つときとか、対等に付き合おうと思ってももふとした瞬間にエスコートしなきゃという空気が付き纏うし、日常生活での守ってあげないとというものが必ずあると思います。それが全くない。とても対等。

もともと友達だったんだから当然なのですが、恋愛感情が芽生えてもそれがそのまま。変わっていく関係に戸惑う描写はあるんですが、違和感のようなものがないのですよね。
トントン拍子で進んでいってすぐにベッドインとかなったら違和感があったかもしれません。しかし、言い換えればスローで地味なのにそれが100%いい方向に出ていると思います。

縁は音海の気持ちを知続きって戸惑うけど、音海のほうは何かを強要しているわけではありません。
好きだって言われたわけでも、付き合って欲しいって言われたわけでもありません。それでも縁は音海と、その関係のことを考えずにはいられない。

答が出なくても音海のことが心配で、他の男の人といると気になって・・・それってつまりそういうことなんじゃというお話なのですが、両思いになったように見えてまだまだ問題が盛りだくさん。

音海は、縁が流されているだけだと言い、縁はどうやってわかってもらえるのか…というもころで続くわけですが、何となくまだ終わってほしくないという余韻を感じるお話です。

0

恋が生まれた

富士山ひょうたさんの作品で2番目に好きなシリーズです。矢島と音海の男夫婦物語の第三弾です。今回は、愛情を自覚した鳥海と、鳥海を意識し出した矢島が気持ちを伝えるまでのお話です。

鳥海の態度で、もしかして自分のことが好きなのではないかと思い始める矢島。お互いに会えない時間に考えるのは、相手のことでした。どんな形でも、近くに感じられないことが辛いと思う矢島。少しずつ変化していく、自分たちの関係を持て余して悩んでる様子に切なくなります。

やっと恋心を自覚した矢島が告白しても、まだくっつかない二人。ジレッタイけど、長い間友達だったことを思うと、そのジレジレさがたまらなく萌えます。

可哀想なのは、鳥海の友達の内山です。『想いのの行方は』では、短いけど、内山の切ない想いが伝わってきて、彼の幸せを願わずにいられません。

1

本当に焦らしプレイでたまりません!

第2巻目!
この巻は、縁が音海への恋愛感情を自覚していきます。

やっと音海が行動にでたことで、緑も音海の事が気になり始めます。
でも、勢いで一線を超えてしまったものの、友達期間が長すぎて、変わり始めた関係の変化に戸惑います。
お互いに、距離感を測りかね、駆け引きみたいに探り合う2人。

そんな、お互いの気持ちを意識しながらも、これまでの友人関係 と、どう折り合いをつけていけばいいのか、揺らいでいく2人の心情が堪らなく萌でした。

両思いになっていても、このじれったさはニク過ぎます。

悶々とした中でも、無性にキスして触れたくなる緑。
色んな理由をつけては、音海に会いに行く口実を作ってる姿が可愛いんです。
触れて、改めて実感して行く音海への『特別』な気持ち!
意外と積極的な音海と、緑に触れられた時の反応も可愛いし…
この2人の触れ合うシーンが凄くキュンとさせられました♡
照れまくる2人がリアルで好きです(笑)

それにしても、自覚してからの縁のデレデレ感と行動力には笑ってしまいます。
音海も告白されて嬉しいんだけれど、長い付き合いで熟知している緑の続き性格が仇になっちゃった所が可哀想な…仕方ないような気持ちでした(笑)
緑が本気なのは分かってるんですけど、酔った勢いで言っちゃったのはマズかったなあ〜(笑)

あと、音海の事が好きだった内山くん…本当にいい人です。
最後の短編での駅のシーンは、せつなかった! でも好きです。
彼こそ幸せになって欲しいなあ!

短編が1つ収録されています。
大学生 と 高校生 のラーメンを舞台に青春ドラマが繰り広げられています。
BLまではいかないお話なんですけど、人間味溢れていて良かったです。

まだまだ両思いになっても、確信をつく所までいかない2人。
次巻が最終巻です。
焦れったい恋愛模様がお好きな方にはオススメです。

1

じれったい!!けどそれが良し

お互いに意識し始めたせいですれ違う縁と音海。
このすれ違いがまた丁寧に描かれてるせいでものすごくじれったいのです。
とりあえず気持ちも確かめ合った……はずなのに、まだくっつかない。ああじれったい。けどそれがいいんです。
にやにや焦れ焦れしながら三巻に行こうと思います。

なんかものすごいアテウマポジションの内山くんがあわれ。彼もどこかで幸せになれますように。

0

気持ちは一応は通じたけど…

今までとは違うどんな形になっても関係を消したくはない。この言葉が凄く印象的だった。

前巻の続きで音海宅に駆け付けた縁。朝、ふたりは内山の事で喧嘩になる。そして、あろうことか縁は音海に彼女を紹介しようかなどと持ち掛けてしまう。縁が好きになっている音海は縁の無神経さに苛々し、遂に決定的な行動を起こしてしまうが―?!

ついにしちゃいましたよキスを。ていうかあの状況でされてそれでも気付かない縁ってどんだけ鈍感なんだ…あーもどかしいっ。でも、そのもどかしさがたまんないんですよwそしてそして駄目押しの2回目のキス!!半分音海がヤケになってる気がしますけど。で、やっと気付きます。その頃にはもう縁の頭の中は音海でいっぱい。

縁は堪らず音海に会いに行くんですが、勿論凄く気まずい訳です。そこに冒頭の『どんな形になっても~』っていう言葉が来るんですよ。こう言う関係って素敵だなぁって思いました★

その後、内山の手助けによって無事ふたりは気持ちが通じます。勿論エロありvV
なのですが、またちょっと行き違いが生じ…って感じで次巻に続くようです。

楽しみー♪

0

ちょっと進展

スーパースペシャルメガ焦れったいストーリーの二巻目です。まだまだ次巻へと続いてゆくようです。
ちょこっとだけ進展しました。ほんと、ちょこっとだけ。
なんだこのジリジリ展開は。でもそこがイイ。たっぷり焦らされてお預けくらってハァハァしてるの大好きですw
五年もただの友達やってきてたという壁の厚さと、「今更」という気恥ずかしさを満喫できます。そのリアル感が好きです。

しかし相変わらず可哀想なのは内山くんだなァ。彼には幸せになってもらいたい。

0

ゆっくりだけど、進展しています

いらだちと衝動に任せて、音海が矢島にキスをしてしまいました。
情緒不安定になる音海を見て、
彼の好きな相手は自分ではないか?と、気付き始める矢島。
とにかくゆっくりなペースですが、確実に進展はしています。

勢いでお互いの体に手を伸ばし、肌を重ねた後(挿入には至らず)の、
二人の戸惑いや気恥ずかしさ。
これは友情なのか恋なのか?相手はどこまで自分の事を思っているのか??
と、グルグルと悩む二人の姿はまさに「青春」。

ちなみにこの2巻ではまだ、矢島と音海は恋人になっていません。
このシリーズはもう暫く続くそうなのですが……
2巻が出版されたのが2006年。しかし2009年現在、3巻が出る気配がありません。
少しも早く、3巻を発売して欲しいものです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ