ラインの薔薇

rhein no bara

ラインの薔薇
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832284449

あらすじ

誇り高きベルンの王ディートリッヒ・フォン・ベルンと、聡明な教育係ヒルデブラントはラインランドの薔薇園へ向かっていた。そこには当代きっての英雄ジークフリートとの決闘が待ち構えていたのだ。王のためには命をも惜しまないヒルデブラントが絶体絶命のそのとき、王のとった驚くべき行動とは―――!?
大幅加筆修正。王国ラブロマンス大人気読み切りシリーズ完全版。

表題作ラインの薔薇

ディートリヒ・フォン・ベルン(王)
ヒルデブラント(教育係)

同時収録作品陽炎記

マサ ヤクザ
信弥

その他の収録作品

  • 初めての冒険
  • 愛しのマイスター
  • クロスする叙事詩
  • 「ニーベルンゲンの歌」と「ディートリヒ・フォン・ベルン」

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ドイツ叙事詩は吉本新喜劇!?

ドイツの叙事詩「ヴォルムスの薔薇園」が多分元出、それと「ヒルデブラントの歌」を元に作られた作品だと思います。
「ニーベルンゲンの歌」ともリンクしていますが、これはオペラ「ニーベルンゲンの指輪」の元になったお話。
でも、そんな小難しい知識は一切必要ありません!
みなみ恵夢さんは、結構主従をデフォルメしながらも原作の面白さの特徴をよく出して、愉快なコメディに仕上げていますので、充分楽しめますよ♪♪

ベルンの王様ディートリッヒは、結構グータラな王様(爆!)
教育係のヒルデブラントにケツをひっぱたかれてようやく、腰を上げるという、甘えん坊さんなんですが、ヒルデブラントの為には頑張ってしまう(時々空回りして暴走するが)そんな、主がヘタレで健気な面を見せるのと、それを周りで茶化し、応援する家来達がまた面白い。
ある意味、ヒルデブラントの苦労物語なのだ。
原本にMLな具体的表記はないのだが、この主従関係と王が教育係に見せる慕う気持ちというのは充分にラブを妄想させる。
だからみなみさんは、そこから先ということでエチシーンをちゃんと挿入してくれているのだ。
自分の為にケガをしたヒル続きデブラントの裸体を見て、乳首にキスがしたくなったとか、
王が女の元へ通うのを嫉妬し、死んでしまいたいと願うヒルデブラントに、感動して反省して、お前を俺のモノにするといって抱くディートリッヒ。
充分に要素がある話だからこそ、こういう風にBLにできるのですねww
しかし、本当にドイツの叙事詩は、面白いですよ♪
アホかーー!!みたいに爆笑してしまうストーリー展開が結構あって、このコメディに仕上げた南作品は、あながちウソではないのです。

もう一編『陽炎記』はオーソドックスな任侠モノ
その身にまとう陽炎は、憎しみではなく、嫉妬の陰だったという。
表題がコメディで進んだので、これを見ると、いつものみなみ作品だわ、とほっとするかもしれません。
面白い組み合わせの本ですね。

1

主従

若き王と、その教育係。
へいこうせんであったその関係が変化したのは・・・!?
わりとシリアスというか、刹那系な作品が多い印象のみなみ先生でありますが、今回は妙にコミカルチックな雰囲気の作品でした。
まじめに見せて~急激に落としにくる。
すばらしいバランス感覚w(*´Д`*)ノ
王女のキスを掛けての武倒大会。
だれも王女のキスを欲しがらないとか(笑
エロ率は低め。
みなみ先生の描くドえろが読みたいな~。
もう一つ難なのは、色でもあるので何ともいえない部分ではありますが、ちん子さんのディフォルメ。
あるのかないのか・・・・
ないのかあるのか・・・・
基本的にはあるんだろうけど、たまに着られちゃったりとかいうオイシry・・・趣味もあったりすることも無くはないわけで。

どちらかといえば、後半の読み切り~の方が好き。
ヤクザな男と、ヤクザに売られそうになっている少年。かわいそうに思い、自分がヤクザやめない代わりに~と、少年を引き取り・・・・
どちらかとうとシリアス。
復讐だの、ヤクザだの~なので、これを読んだあとには、こざっぱりアホな作品が読みたいですねっっw続き

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ