蜜約の手錠に鎖がれて

mitsuyaku no tejou ni tsunagarete

蜜約の手錠に鎖がれて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784877245597

あらすじ

「素直に好きだよって言えよ、刑事さん?」偶然バーで出会った男・高倉と一夜を共にした新米刑事の藤枝。
だが、高倉は藤枝の捜査対象=極鳳会の裏金を握るインテリ・ヤクザだった!!高倉は警察の情報を入手するため、藤枝の痴態を映したビデオを盾に脅迫する。
その上、なぜか…愛人関係まで強要されて!?優しく愚痴を聞いてくれて、正直大人の魅力に惹かれてた…だけど、藤枝にだって刑事のプライドがある。
身体は快楽に流されたとしても、ヤクザに好きなんて言える訳ないだろっ。

表題作蜜約の手錠に鎖がれて

高倉静香 ヤクザ 極鳳会代貸
高倉 マル暴刑事

評価・レビューする

レビュー投稿数1

刑事モノとして面白い

刑事がヤクザに脅されたらどうするか。
受は脅迫に屈しまいと必死に足掻きます。
その姿に非常に共感できました。
でも受が素直に従わないのを見越した上で、攻ともう一人の黒幕が、掌上で上手に転がしてくるんですよね。
解決シーンは鮮やかで爽快感がありました。

後半の潜入捜査の話も良かった。
攻と黒幕の化かし合いと、その間で翻弄される受。
特に黒幕さんの優秀さが光る一作でした。
いやー、組織の中で出世していくには、このくらいずる賢くないとね!
とても読後感が良く楽しい本でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ