視線のキスじゃものたりない

shisen no kiss jya monotarinai

視線のキスじゃものたりない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
14
評価数
5件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344809185

あらすじ

佐々元雅は高校2年。
絡まれていたところを助けてくれた森喬済は、雅の兄・棗がオーナーのマンションに入居する大学生だった。
接触嫌悪症で無愛想な喬済に雅は懐く。
そんなある日、隣室に引っ越してきた郡司が雅に親しげなのを見て、喬済はなぜか面白くない。
雅が好きだから、と気づいた喬済は…!?初期作品待望の文庫化。
書き下ろし短編も同時収録。

表題作視線のキスじゃものたりない

森喬済 人に触ると心が読める能力を持つ大学生
佐々元雅 感情が高ぶると物を壊す能力を持つ高校生

その他の収録作品

  • 夜の途中
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

あともう少し…!

視力が悪いせいで相手を睨むように目を窄めてしまう、且つ、背が低く中性的な容貌の高校生、佐々元 雅(ささもと みやび)が、街でチンピラに絡まれている際に、森 喬済(もり たかずみ)に助けられるところから、物語は始まります。
雅を助けた喬済は、今度、雅の兄のアパートに引っ越してくる予定の大学生でした。
助けてもらったことで喬済に良い印象を抱いていた雅は、アパートで生活する喬済の世話を焼くようになります。
喬済はとある事情で他人に触れるのを嫌う「接触嫌悪症」なのですが、時間が経つにつれ、雅に触れることに嫌悪を抱かなくなっていきます。その意味を理解した喬済は、雅に自分が何故接触嫌悪症なのかを打ち明けます。

二人が結ばれるまでは、人と関わることを好まずあらゆることをどうでもいいと受け止めていた喬済が、どこまでも素直で正直な雅に強く惹かれていく様や、ニブチンの雅が喬済の感情に全く気が付かず喬済が溜息をつく、といったようなもどかしくもおかしい展開に思わず頬が緩みます。結ばれたあとは、うってかわって甘々で若い二人に興奮とにやにやがとまりません!!
二人の恋の展開と同時に、雅の兄・棗の思い続きや超能力の物語も展開していきます。
棗のどこまでも兄でいる姿は、切なく、そしてかっこいいです。

超能力の設定もなかなかに作りこまれているのですが、生かしきれてない気がします。
喬済の能力のお陰あって、そういうシーンを変わった形で楽しめているという点では有効活用しているのかもしれないのですが、ここまでちゃんと作った設定ならもっと純粋にファンタジーとして有効活用して欲しい。
続編でも出して、超能力の面を突き詰めていければ問題無いと思いますが、この一冊だけで完結とするならば微妙だと感じました。
言い換えるなら、これからがおもしろくなるだろうにな〜。と言った感じです。

エロシーンは多くもなく少なくもなく。ストーリー全体とのバランスを考えるとこれくらいでいいかな。と言った感じです。ただ、物足りないと感じる人もいるかもしれません。

全部が全部、これから!あともう少しほしい…!という終わり方をしているような気もするので、むしろこの先をみせて!と思う作品です。
各登場人物たちもそれぞれ特徴を持った彩りある面々なので、こういった設定が好きな私としましては続きがほしいな〜…なんて考えてしまいます(笑)

1

超能力設定がものたりない

普通のラブコメかと思って読んだら
なんかファンタジーなんですよ。
超能力とかなんとか・・・。
そんな特殊な能力がでてきて、なんか背景の組織とかもあって
なんかスケールがでかいのかと思えばそんなことはなく
超能力の設定が生きてないような気がした。
むしろ超能力なんかなしで
普通に同じマンションに越してきた大学生が
ちょっと対人恐怖症でっていう話でよかったんじゃないのかな・・・。
いや、まじで・・・ごめんまったく世界に入れなかった。

1

超能力者

ある日、雅(みやび)は絡まれているところを喬済(たかずみ)に助けられる。しかも喬済は雅のマンションに新しく越してくる大学生とあって親しくなった。
雅には怒りや感情が高ぶると物を壊してしまう特殊な力がある。それでトラブルになったこともあり気にしていた。
雅は助けてくれた恩もあり喬済に好意を持つようになる。が、彼は一と接触するのが苦手な接触嫌悪症だった。その理由が喬済の人に触れると相手の気持ちが読めてしまうと特殊能力のせいだと知り―?!

普通の話だと思って読んでたら超能力のことがでてきてびっくりしましたw
雅の兄の超能力者の持ち主で、暗示をかける能力を持ってます。そして弟の雅溺愛wすごくブラコンでしたw抱きついたり過度のスキンシップ多いし。

雅は明るい性格の高校生で、結構言いたいことをストレートに言うタイプでした。顔はいいのに無表情な喬済に「もったいない」と言ったりw
一方喬済は結構無愛想で(^_^;)そして生活力がなさすぎるwだらしないというわけではなく無頓着な感じでした。
そんな喬済に夕食を届けたり世話したりする新妻みたいな雅が可愛かったです^^

話にはこの続き能力のことも関わってきます。
そのせいで雅が狙われたりしますしね。
『夜の途中』は雅と喬済の甘々な話でしたw
挿絵の街子マドカ先生もとても良かったです。
あまり難しくなく、わりと楽に読める作品だと思います*

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ