豪華客船で恋は始まる(新装版)

goukakyakusen de koi wa hajimaru

豪華客船で恋は始まる(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
53
評価数
15件
平均
3.7 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862630957

あらすじ

「オレが跡取り息子の花嫁だって~!?」 傾きかけた父の会社を救うため、湊は世界一の大富豪・バルジーニ家に嫁ぐことに!! 花嫁修業でイヤイヤ放り込まれた豪華客船。オレを待っていた鬼の教育係は、漆黒の髪にすみれの瞳の超美形船長で…! 青い海をゆく世界有数の豪華客船の船上…甘く危険なレッスン、運命の夜、仮装舞踏会、甲板H! 海の貴公子とめちゃくちゃ熱い恋に落ちる。最強メガヒットラヴ、待望の新装復刊!(出版社より)

表題作豪華客船で恋は始まる(新装版)

エンツォ・フランチェスコ・バルジーニ/船長・28歳
倉原湊/高校生・18歳

その他の収録作品

  • 豪華客船で恋は深まる
  • 彼の島で二人

評価・レビューする

レビュー投稿数8

王道ベタ甘

王道ベタ甘です。ポップでゴージャスな大人攻め×高校生受けでした。

中編2本と書き下ろしSSが収録されています。
勝手に長編だとばかり思っていたので、ちょっと予想外でした。(レビューを読まずに勢いで購入したので予備知識なし。)

あらすじを読んだ時点で、教育係=花婿だと予想していたのですが、花婿(エンツォ・攻め)が写真で一目惚れして、湊(受け)落とそうと誘惑していたとまでは思わず。気が乗らない状態でお見合いしたけど、会ったら一目惚れ、の方が個人的には萌えたかな。

早い段階で両思いメロメロになってしまうので、途中に邪魔が入ったり、湊が行方不明になったりして一波乱あってから思いを通じさせた方が好みですが、軽く読むには良い作品だと思います。

とにかく甘いです!エロ場面も多いです。イケメン同士、桁外れの金持ちな攻め、両方とも相手が大好き、が好きな方にお勧めします。

1

読みやすいBL入門編

この作品はビブロスで発売されていた頃は読んでいたのですが、
しばらく間を置いたせいでその前の4冊は読んでいたが続編が出ていても
食指が動かないままリブレ出版に代わって何故か読まずにいた作品の一つ。

最近になって、『今1番売れてるBLノベルズシリーズ』のフレーズに
再びあらためて読んで見ようと思い立ったのですが、相変わらず
水上作品は読みやすくて安心感があると感じますね。
BL初心者や、これから読んで見ようと言う人には水上作品はおススメ。
受け攻めの心情や行動がそれぞれ章に交互に出てくるのはお馴染みの作風。
読者にとっては登場キャラの心情を深読みしなくても理解出来る優れもの。

ただし、BLベテランには物足りないと思えない訳でもないのですが、
とにかく、水上作品は設定も煌びやかで豪華絢爛、受け攻めが美貌の主で
受けがやんちゃ系で意地っ張りが多く、そんな受けをこよなく愛する
攻めが出て来て甘い溺愛型傾向が強く、Hはエロさは欠けるものの甘さ満載の
お決まりの流れで、エロが苦手な人にとってもこれならと思える内容。

豪華客船を舞台に船長のエンツォと高校生のミ続きナトの華麗な恋の幕開け。
蓮川愛先生の素敵イラスト、1作目から最新刊まで順を追ってみると
作品の辿った歳月をイラストで実感したりしますね。
1作目は二人の出会い編と遠距離恋愛嫉妬編に個人所有の南の島での
バカンス篇が収録されていて、甘さをたっぷり堪能出来る作品です。

しかし、これが11作目まで続いているのですから凄いですよね。
EX番外編も出ているし、この作品は一気に読んではいけない作品だと思っています。
一気読みすると8冊目には、この世界に飽きが来てしまう。
煌びやかで豪華で甘々で、二人の蜜月冒険のマンネリ気味が辛いと思えてしまう。
この作品は、まとめ読みせず新刊が出た時にさくっと読まないとダメダメですね。

それでも9冊目からは次巻へ続くような大きな事件が起こるのでこの辺りは逆に
次回作が気になりだすような雰囲気でしたね。
暗くて重い作品やどんよりした気分の時に読むにはとてもハッピーな気分になれる
そんな作品でもありますから、これからも長く続いて欲しいシリーズです。

4

世紀のハーレクインBLは、据え膳で始まる

今更だけど…水上ルイ氏は、BL界のペニー・ジョーダンじゃなかろうか?! …と思わせる作品。
(↑注:ペニー・ジョーダン=ハーレクインロマンス界の超大御所作家です、念のため。)
最初から最後まで絢爛豪華、無駄にゴージャス、意味不明なくらいのセレブ感…。
…というより、セレブが通行人級に横行してるんです、この作品は(笑)
「クラウン・ロイヤル・スウィートという部屋があります。
 王室関係者はそこに放り込むことにしています。」
…って、いきなりの豪奢すぎる船長のセリフが、単なる部屋案内だったりします。
(↑王族相手に「放り込む」ときましたか、さすがは究極の孔雀攻めだけあるわ…)
受様のピンチに、攻様が颯爽と現れるのはBL界のお約束なのですが~
いくらなんでも…ゲーセンで不良に絡まれたクラスのピンチに、
米国大統領よろしく、リムジンでSP数人を従えて登場って、一体???
どちらかと言えば、開いた口が塞がらないレベルのゴージャスなんです、このお話。
「あぁ~こんな豪華客船で旅行してみたい」とか「こんな料理、1度食べてみたい」とか、
「こういうお部屋でお泊りしたい」とか、続き「受様が羨ましい」とか..
そういう気持ちは、微塵も起こらない作品です。
もはや…突き抜けたゴージャスは、読者の嫉妬心すら煽らない!
華麗すぎる攻様船長・エンツォに感化されてなのか…
受様・湊君も、しだいにゴージャス化してゆきます。
ちなみに湊君は、日本のごくごく普通の(バカ)坊ちゃんです。
「学力レベルはイマイチだけど入学金は高い」高校で、成績は中の下。
体育会系で、髪は自分でブリーチしてプリン色…という格下設定からのスタート(苦笑)
彼がまた、巻が進む度に王子様化してゆくんです。
(↑確か…次巻あたりで「プリンス・ミナト」になってましたっけ…
  さる東洋の高貴な家柄の王子様のような美青年…とかなんとか。)
BL界では、(ホモだけじゃなく)ゴージャスだって感染するんです(笑)
なんかもうストーリー全体に、ハーレクインロマンス級のお膳立て感が漂います。
(↑ちなみに二人の出会いもまた、お膳立ての賜物、つまり単なるお見合いでしたが~)
本当に、頭をカラッポにして浮世の憂さを忘れさせてくれるお話です。
このお話、好き嫌いがかなり別れるお話だと思います。
なんてったって、加糖練乳に砂糖を混ぜて舐めるくらいに甘いお話ですから。
たぶんきっと…ここまで突き抜けたゴージャスBLを書く水上氏に、
「なんとなく癪だよなぁ~」とつぶやきたくなる読者も多いはず。
(↑このニュアンスわかります? 王道BLをここまでハーレクインの女王然とやられると、
  読者としては気になって仕方なくって、そんな自分がちょい不甲斐ないというような。)
それでもこのお話は現在、11巻まで続いておりまして~
「水上ルイは、やっぱりハーレクインBLの女王様、続けてるんだ」と読者を唸らせるのも、また事実。
現実感ゼロ、不遜なまでのゴージャス、私は好きです☆

3

セレブ・俺様攻め・花嫁


私の好きなキーワードが出てきたのに私には合わなかったです…。
水上ルイ先生の作品は初読みではないのですが以前読んだ作品がどうも私には合わなかったので
『別の作品なら合うかもしれない!』
と思い評価が高くシリーズも続いてるのできっと面白いのかな?と思いましたが…ダメでした。

何がダメかというとまず落ちが読めてしまいました。
豪華客船の船長で湊の教育役でゲイという時点で分かってしまいました。
あとエンツォと湊の容姿についての説明がクドイな~とかエロシーンの書き方も好きじゃなかったです。(イクイク言ってばっかりなのが頂けませんでした(>_<))

後半は二人の甘あま話で何だか口から砂が出そうな位甘あまで,二人のノロケ話を読まされた感じがしました。
正直最後まで読むのに疲れてしまいました。

そんな甘あまなお話が読みたい方には好まれるお話なのかなと思いました。

水上先生の作品は私には合いませんでした(>_<)

0

大人の童話のような話

 家の家業である倉原海運の危機を救うべく、イタリアのバルジーニ家にもらわれていく湊。その上彼に課せられた使命が、跡取り息子の花嫁になることだというのです。

 ごく限られた人しか乗ることが許されないという「プリンセス・オブ・ヴェネチアⅡ」
の中で、船長であるエンツォーが教育をするというのです。

 エンツォーは大富豪の次期総帥であり、美形であるのですが、湊のことは割と早くから好きだったようです。(笑)結構濃厚なHシーンもあるのですが、甘くて、それにエンツォーが湊一途で楽しく読めました。
 ザトウクジラの結婚式も好きだけど、最後のアシカさんの場面がとても萌えました。
二人にかかれば、何でも愛なんですね(笑)

  庶民とお金持ち、豪華客船という設定など、水上先生はセレブものが本当に素敵に書かれるなと思う本なのですが、それだけではなく、湊もエンツォーも、ちょっとした仕草にお互い惹かれ合っているラブラブっぷりが本当に楽しかったです。

1

BLの王道でしょうか

蓮川さんの絵ですし、書店さまでいつも見かけてはいたのですがノベルズということとかなりの巻数がすでに出ていたのでなかなか手が出せませんでした。
豪華客船ということなので夢のような世界かな~と思っていましたが期待を裏切らないロマンチックなお話です。
エンツォ・フランチェスコ・バルジーニと倉原湊の恋。
バルジーニ家の嫁取り物語(笑)
1冊目はふたりの出会い編。
エンツォに比べて若干、湊が見劣りしますが10歳の年の差ですものね。
なんだかんだと反発しながらも落ちる湊がお約束~という感じでした。

1

ここから王道が始まる

10巻を読むために遂にこのシリーズを読み進めることに・・・
まずこのシリーズが実は読みきりスタートだったことに驚き。
なんか懐かしい乙女な設定に胸がわくわく致しました。
受様の湊が最初はこんなにツンツンキャラで、しかもかなり乱暴な口調だし
攻様エンツォのことをおまえ呼ばわりしていた事にまた驚きで。
「イジワル野郎!」とよく叫んでいましたが今じゃ考えられません。湊も成長したということ
でしょうか・・・。
湊がエンツォの花嫁様になる馴れ初めのお話。1巻はやっぱりこのシリーズでも特別ですね。

2

ゴージャス!な冒険シリーズ

豪華で夢のようなストーリーなら、水上ルイ先生!
一般庶民が普段味わえないようなセレブ感が楽しめ、乙女がときめく歯の浮くセリフ満載♪砂をはくこと間違いナシ(笑)
ニヤける、テレる、もだえる、のたうつ・・・どう反応したらいいのか思わず迷ってしまうセリフの数々に、いっそ清々しいほどの爽快感☆
日常生活に疲れた時、現実逃避したい時・・・気分転換として読むのがオススメかな。めくるめく夢世界で癒されますv
安心して読めるので、読むとHappyになれる作品♪

小説を読むというよりブログを読む感覚?改行ばかりで慣れないと読みにくいけど、簡潔な文章なのでさら~と読める。
(この文体が苦手な方は、CDがオススメ。ストレートなセリフが持ち味だから、声優さんの声で聴くと、ズキューンってクる・笑)
描く視点を受・攻と交互に展開していく手法もまた特徴的。

このシリーズの舞台は、世界一美しい豪華客船。本編7巻+番外編3巻+同人誌+CD(本編6作&番外編1作)【2010/03現在】
まさにセレブでゴージャス!そして、超甘々なセリフてんこ盛り(笑)
乙女の夢を具現化したようなストーリー。
続き(これが、男女だと萎えるけど、BLだとなぜか萌える!)
また、蓮川愛先生のイラストがもう最高♪♪エンツォ(攻)の制服姿に大興奮!ミナト(受)の初々しさもタマリません!スーツもいいけど裸体がなんともな2人のカラミは絶品!悶絶です☆(蓮川先生のイラストじゃなかったら、こんなに萌えなかったかもしれないなぁ)

【キーワード】ドナドナ?から超ラブラブ/世界的大富豪/仮面舞踏会・シージャック・海賊・拉致・行方不明・海洋ロマン/脇キャラCP2組/ロマンティック&ドラマティック/超・激甘ラブストーリー

第1巻は、エンツォとミナトの出会い編とその後。
最初、エンツォはミナトに対して敬語なんだけど、だんだんと素に。
ツンツンな2人から、デレデレとシロップのごとく、とろ~りめちゃ甘になるので、心して読むべし!

【エンツォ・フランチェスコ(豪華客船船長)×倉原湊(高校生)】
▼以下ネタバレ含む
<豪華客船で恋は始まる>
1週間で恋にオチるかな~って気もするけど、夢のような世界で初めてのことばかり経験すると、吊り橋効果も多少あるかも。
エンツォもかなりイイ男だし、あんなコトやこんなコトをされちゃって、恋愛初心者には刺激が強すぎてムリもないって感じ?

熱を出したミナトの要望で、○○を探しまわるエンツォが微笑ましかった。やはり、攻が受のために必死になるのはいいね~

エンツォはただの教育係で、バルジーニ家のゲイの跡取り息子に嫁ぐためにドナドナされるミナト。(このあたりがちょっと切ない)
どんでん返しの展開に、まぁそうだろうな~と予測できたけど、ミナトの家族まではヨメなかった(笑)すごい家族だよ。

<豪華客船で恋は深まる>
恋人になって2ヶ月。豪華客船と日本で遠距離恋愛中の2人。
SPと共に颯爽と現れ、ミナトを掻っ攫うエンツォがカッコイイ~!
イラストは御曹司というより、マフィアって感じだけど、サングラスがサマになって、スーツ姿がタマランwww
豪華客船.に乗り込んだ後も、すったもんだがあるけど、ミナトにたかるハエどもを見事に蹴散らしたエンツォの活躍で、最後までラブラブな2人v
でも、ミナトはなぜか男を引き寄せるので(本人無自覚、そしてBLではお約束)、エンツォの苦労は今後も続くんだろうな~

甲板Hですよ!!! 夜といっても人目は大丈夫?と気になったけど、熱い2人に場所なんて関係ないか(笑)
どうせなら、船頭で、タイ○○○○ポーズの・・・・腐腐

<彼の島で二人>
無人島、エンツォ・フランチェスコ・バルジーニ島(名前の通り、彼の島)にヴァカンスに来たミナトとエンツォ。
どこに行っても熱々な2人。ミナトの水着を奪ったアシカが最高!

4

海星

カイ 様
またのコメント、どうもありがとうございました!

>小説大嫌いだった私に、小説の読みやすさ面白さを教えてくれた作品の1つです。
そうでしたか~ 読みやすいか読みにくいかは人によって違うようで、
私の知人はこの文体が苦手とおっしゃてました。なのでCDをオススメv
私はすんなり読めたので、水上先生の作品って結構好んで読んでます。

>挿絵が蓮川さんというのも入りやすかったのかもしれませんが…
イラストが本当に絶品ですよね!
私も蓮川先生だったからこそ、こんなにも入れ込んでしまったと思います。
だって、船長服のエンツォがめっちゃカッコいい!!! 萌え死ぬ(笑)

>とにかくラブラブで、浮気もなく、悪いところがそう見つからない
>なくせに、何度も読みたくなるんです。
安心して読めるので、読むとHappyになれる♪
この甘さ、かなりクセになりますよね~

カイ

チョコチョコとコメント失礼します。
これも大好きなんです~っ。
小説大嫌いだった私に、小説の読みやすさ面白さを教えてくれた作品の1つです。
挿絵が蓮川さんというのも入りやすかったのかもしれませんが…

エンツォかっこ良すぎですよねーっ!!
そうです、このストーリーのいいところは、反対する人がいない
だって親同士が始めた旅行ですもの。
なので表立っての邪魔者もなく、お金持ちで、かっこ良くて
とにかくラブラブで、浮気もなく、悪いところがそう見つからない
なくせに、何度も読みたくなるんです。

そして徐々に巻数が増えていくほど、エンツォの眉毛が細く整いだし、
よりかっこ良くなっていくエンツォが好きvv

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ