密室の虜

密室の虜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
3
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784775508800

あらすじ

ホテルのバーで声をかけられた相手と快楽の一夜を過ごした司は、名前も明かさぬ相手と翌週も同じ部屋で会う約束をする。
その逢瀬は繰り返され、名も知らぬ相手に対し、司の恋情は募っていくばかりだ。
こんな密室の関係がいつまで続くのだろうと悩んでいた矢先、ヘッドハンティングされてやってきたのが、なんとその男で―。
美人秘書が溺れる密室のハードラブ。

表題作密室の虜

取締役の統括営業部長・武島晃毅
秘書・篠崎司

評価・レビューする

レビュー投稿数2

すれ違い

主人公たる受けは、酒に強くないと言いつつ飲んでいる酒はバーボンなんて強い酒、知らないとは言え攻めは、さらにバーボンを追加している。


知らないって怖いね。


お互いのすれ違いが激しいのだが、相手は君の予想と反対の事を考えているのだよ、と言いたくなるぐらいのすれ違いぶり。


取り敢えず、P106の攻めに之だけは言っておくかね。





「見てわかれ!!

0

クールビューティーなのは、見かけだけ

男運の悪い受けが、最高の男にようやく出会う話です。

取締役の統括営業部長・武島晃毅(32)俺様攻め×秘書・篠崎司(25)初心奥手受け
社長の一人娘を結婚するからと司は振られたばかりで、バーで自棄酒をあおる。
男運を見る目がない自分を嘆いていた所に、極上の男からの誘われて。
どうなってもいいという気持ちから誘いを受けると、初めて快感を感じさせてくれて。
お互いの名前もわからないまま、毎週金曜日に逢瀬を重ねるようになる。
新しい上司としてやってきた武島がその男で、司は動揺するのだが。

見た目がクールビューティーなので、司はあっさり割り切った大人の関係をしそうと思われている。
でも、実際の司は、初心で奥手で自分に自信がない。その泥くささが嫌で、つきあった男達からはいいように利用されて、捨てられるの繰り返し。
割りきった関係だから続いていると言うのに、司は武島を好きになってしまう。自分が本気な所を見せたら引かれてしまうと思っているので、泥沼に。
毎週金曜日に会う仲だったのが、今度は上司と部下として身体を繋ぐ仲に。
まだ好きだからどういうつもりで関係を続けているのか続きも言えない。言ったら終わりだと思っていて、とことん受けが臆病です。
武島の方も何も言わない司の事を、司のしかける遊びだと思っていて、ここでも司のクールビューティーな容姿が仇になります。
いままでの恋人達が嫌がった司のギャップを、魅力的な要素として武島が認めてくれたのがよかったです。

H面では、初がネクタイで拘束してのHや、オフィスにカギをかけての騎乗位など、中々美味しかったです。
一応、仕事もちゃんとしているって事と、カギをしっかりかけて誰にも見られないって言うポイントが抑えられていて、安心して萌えることが出来ました。

恋人になっても、いままでの男運の悪さから、相手のことを信用できない。
取引先の娘と結婚するつもりなんだと武島から聞く前にそれを信じてしまって、敵前逃亡。仕事も放って、無断欠勤で。
あまりにもダメージに弱過ぎなので、もうちょっと受けに頑張って欲しかったです。

エロ:★3 いままで感じた事がなかったのに、攻めが初めて感じさせてくれたってポイントに萌えました。
総合:★3 受けのネガティブさと臆病が気になりました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ