甘やかな崇拝

甘やかな崇拝
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784775508978

あらすじ

友人の兄・史緒に憧れるあまり、故郷を出て上京し、新興の会社に入った克哉。
なぜなら、そこには史緒が役員として名を連ねていて、彼と顔を合わせられるかもしれないという期待があったからだ。
しかし、現実は厳しく、史緒と会えないまま日々は過ぎていくが、とある理由から、ふたりは同居することになる。
そして、克哉は恋心は抑えられなくなっていき―。

表題作甘やかな崇拝

経営コンサルト・史緒
素直な新人営業マン・克哉

評価・レビューする

レビュー投稿数1

思ってたのと、逆でした。

 ……逆……逆だった……逆だった……。
 最後の逆だったことの衝撃に何もかもが吹っ飛んでしまいました。

 えーっと、本の内容紹介のところに書いてる内容だからいいますが。

 主人公の克哉は、スポーツをやっていたせいもあって、身長もそれなり、筋肉もきれいについてる。
 そんな克哉が、憧れて、状況までしてしまった相手でもある史緒は、身長は克哉よりもやや低いくらい、ほっそり美人。

 こ、これで、どうして克哉が受けになるのか!!(びっくり)

 いやまぁ、確かに、途中から史緒が克哉に口づけるシーンが出てくるんですが。
 史緒がリードとってて、あれ? おかしいなー……って、思ってたんですが。
 世の中には、「誘い受け」的な物があるので、てっきりそれなんだと思ってたんですが、残念ながら違いました。

 それでいて、下剋上的要素がある訳でもなく。
 ひたすらに克哉は史緒に素直に、素直に、素直に、懐いている……。

 ちょっといろんな意味で、カルチャーショックでした。
 割と王道パターンだと、どう考えても「克哉×史緒」ですよね……。
 び、びっくりした。

続き
 なんていうか、がたいのいい方が攻めがいい! などなど、こだわりのある人は注意してもらった方がいいと思います。

 話の内容は、突然の同居にも関わらず、まっすぐに、素直に向かってくる、克哉に史緒が段々ほだされていい関係を築き始めるが、そこに新たな人物が現れるが……

 というような話でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ