いとしさで包まれたなら

itoshisa de tsutsumaretanara

いとしさで包まれたなら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
5件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784344809147

あらすじ

大学生になった河合実友の恋人は、一回り以上年上の桐沢旭。
マンションの隣人という関係から家も少し離れ、実友は桐沢に会いたくてもつい遠慮がちに。
花屋でバイトを始めた実友はバイト仲間・仁室から告白され断ったが、恋人はいないと答えてしまい落ち込む。
それ以来、実友の様子がおかしいことに桐沢は気づいてはいるのだが…。

表題作いとしさで包まれたなら

防犯会社副社長・桐沢旭(36)
大学生・河合実友(19)

同時収録作品おまけ(あとがき内)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ(本編)完結。

『朝を待つ間に』『たとえばこんな言葉でも』の続編です。本編の完結編ですね。

相変わらず実友(受)が、ぐるぐるぐるぐる・・・ネガティブ・自虐ループに嵌り込んでます。今まで、マンションの隣室に暮らしていた桐沢(攻)と実友ですが、実友が事情で徒歩10分のワンルームに越して、『遠距離(・・・)恋愛』になったんですね。で、『いつでも会える・壁一枚隔てていつもそばにいる』状態から、10分の距離ができたことで、またまた気持ちが引き気味になってしまったんですよ。

でも、実友の場合は背景(なぜそういう思考・行動になるのかの原因)がハッキリしてるので、ぐるぐる振りにわけもなく苛立つということはありません。まったくないわけではないですが。

まあなんだかんだ言っても、桐沢がちゃんと目配り・心配りできるタイプだから、実友も甘えることに少しずつ慣れて行くといいなあ、という感じでした。

ただ、仁室(実友のバイトの同僚)はもうわけがわかりませんでした。いや、キャラクターそのものではなく、なぜいきなりコイツを出して、しかもこういう絡め方をするのかが。

BLでは、受が男に横恋慕され続きた揚句に襲われる、といのは黄金パターンのひとつですが、そういう意味では確かに今作は斬新でした。ただ、『意外性を狙った』だけなら、捻り過ぎだと思いましたね。

白石(実友にバイトを紹介した、仁室の友人)と仁室の関係をこれ以上掘り下げず(メインじゃないんですから、無理なのはわかっていますし)、謎のまま放置するくらいなら、思わせぶりに出してくる必要があったのか自体が疑問です。

おまけは、スピンオフ・支倉編の『愛だけは待てない』に出てきた、支倉のハニー・秋と実友のお料理教室(別名・若奥様の午後)の様子でした。あまあまで面白かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ