特務部の最強ロマンス ~美貌の警視とケダモノな部下~

tokusoubu no saikyou romance

特務部の最強ロマンス ~美貌の警視とケダモノな部下~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784829623565

あらすじ

美貌に似合わず腕っぷしの強い遥人は、有能(だけど生活能力はゼロ)な警視。部下の竜一にかいがいしくお世話されつつ、事件を追っていた。だが―「あんた、啼きっぱなしだ。そんなにイイんですか?」言い争いの末、縛められて獰猛な愛撫で貪られた。年下の、しかも部下に犯された恥辱。なのに心に募るのは、許せないならクビにしろと言う竜一への悲しみだけだった。そんな自分に惑う遥人は罠に陥り、事件の黒幕に拉致され…!昼は忠犬、夜はオオカミな部下と飼い主の、下克上ラブ。

表題作特務部の最強ロマンス ~美貌の警視とケダモノな部下~

藤堂竜一 警視庁対テロ特務部所属(部下)
一ノ瀬遥人 警視庁対テロ特務部室長(上司)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ギャップ萌え。

 こちらもツンデレというやつですが、こっちは意地を張っている……というよりも、ちょっと天然……というか、抜けているようなイメージがあります。

 美人なのに、格闘技はめちゃくちゃ強くて、好戦的! というかなりギャップ萌えの塊みたいな人で、しかも、よくあるエリート的なメガネをかけて「ツン」みたいな人ではなく、割と表情豊かで面白い。
 仕事に関わることには完璧なくらいしっかりしているのに、そうではない部分では、ちょっと抜けている警視さん……という設定かな。

 物語は、相変わらずテンションの高い物語で、はちゃめちゃな部分もありつつそのテンポが心地よい感じでした。
 静かな感じではまったくありませんでしたが、これはこれでいいですよね。
 出来のいいラノベのBL版のような感じでした。

 でも、これって続きありそうな微妙なラストなんですけど、続きのお話って出るんですかね?
 どうせなら、もっとラブラブになってほしいな……と、思ってしまうようなラストではありました。

0

人は見かけによらず・・・

特殊部隊の上司と部下のはずが・・・
上司はツンデレ。酒乱。美形。
部下の竜一が、上司を襲う。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ