天使の耳

tenshi no mimi

天使の耳
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784829654651

あらすじ

交通事故に遭い病院の一室で目覚めた明里は、加害者の男―倉澤の面会を受ける。音楽ディレクターだという倉澤は、大人で包容力もあり、明里を特別に大切にしてくれる。そんな倉澤に、明里は徐々に心を独占されていく。そしてある夜、明里は倉澤に抱かれるが、抱かれていながら倉澤を遠く感じた。明里が思うようには、倉澤は明里のことを愛していないのかもしれない。倉澤が真に愛していたものは…。

表題作天使の耳

大手レコード会社のディレクター・倉澤(30)
ストリートシンガー 明里(19)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ラストが残念

最後の10ページぐらいでカクッとなりました。
そこまではすごく好きだったんだけどな~。
ジワジワと炙るように沸き上がってくる不信、不安、焦燥。謎だらけで、まるで輪郭を掴めない攻め。
どんな猟奇的なオチあるいは感動的なオチあるいは…って期待が高まりまくってしまったぶん、ガッカリしちゃって。
オチを知ってから全体を考えてみると、伏線のひきかたが色々とチグハグだったような気がします。
いっそのことオチのない、「結局なんにも分からない」っていう話にしたほうが良かったような気がする。

でも前半はすごく好きです。
ずっと胸がチリチリしてました。この感覚、萌えとはまったく違う不快と紙一重の感覚なんですが、好きなんですよね。
ああ…なんか残念。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ