刹那につやめく躯に酔わせて…。

残酷な逢瀬

残酷な逢瀬
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
16
評価数
7件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784862960061

あらすじ

山藤商事次期社長・真人は、深夜麗しい男に突然押入られ、強引に貫かれてしまう。真人の妻から依頼され、ゲイかどうか確かめるというその男は、新宿No.1ホストの羽鳥千陽だった。真人の艶やかな肉体に魅せられた千陽は、その夜以降、何度も情事を強要してくる。陵辱された過去を持つ躯は、快楽に流され剥き出しの欲望を暴かれてしまう。だが、優しい愛撫に変わりはじめた逢瀬は甘く、過去の疵跡を真実の愛に変えていき…。

表題作残酷な逢瀬

羽鳥千陽,ナンバー1ホスト 大場の妻に貢がれている
大場真人,企画部長 妻は社長の娘,32歳

その他の収録作品

  • 君に向かう旅

評価・レビューする

レビュー投稿数5

いつかきっと

表題作と続編「君に向かう旅」の2作品が収録されています。
表題作は真人、続編は千陽の目線で進みます。

真人(受け)は、病弱な母親を守るために、高校時代に従兄弟に陵辱・暴行された過去があり、それから覇気なく諦めて生きていました。結婚も離婚も特に執着が無い。

一方、千陽は何でも容易にこなせることから、人生に飽きていました。

そんな二人が、真人の妻・優衣をキューピットに出会った、と書くとコミカルっぽいですが、どちらかというとシリアステイストな作品です。

優衣は、他の男の子供を身ごもって、真人と結婚をしますし、その後も千陽など他の男と遊び歩くなど良い女性ではありません。でも父親である社長の言葉を聞くと切なさを感じ、悪女でもなかったんだなぁと思います。

表題作で二人は旅に出ます。
続編は東京を出て二日後、名古屋で買い物をする模様が書かれています。優しさに慣れていない真人に、優しくしたい、一緒に居たいと思う千陽。
そんな千陽をまだ信じることができない真人に、いつか信じてもらえばいい。そんな、甘く切ない後日談でした。

真人の仕事の描写はいくらかありますが、恋続き愛模様がメインの作品です。心に欠けた部分のある二人が全てを捨てて旅立つ、そんな切なくも甘い話がお好きな方にお勧めです。

0

ホスト×リーマン

社長の娘と結婚している真人〔受〕は仕事人間で、家庭は元々最初から愛のない結婚で冷え切っていますが、それを不満に思う事さえなく淡々と日々を送っている。
そんな真人は突然に自室のベッドで男に襲われます。
襲ってきた男は、妻に依頼されたホスト・千陽〔攻〕
結婚して一度も性の営みがない夫をゲイではないかと疑った妻がそれを確認する為に千陽をよこしたという訳。
そして千陽に抱かれてしまう真人ですが、それで彼が男に抱かれた事がある身体の持ち主だと千陽にバレてしまいます。
けれど千陽はそれを、真人の妻に言わないでやるから取引しろと持ちかけるのですが真人はそれを拒否。
それどころかいつ仕事を辞めてもいい様に密かに引き継ぎの用意まで始めます。

散々貢いで入れ込んだホストにつれなくされて自分は会ってもらえないのに、夫とは会っている事に激怒する妻。
彼女の嫌がらせのせいで、真人は会社を辞め、そして千陽もその店のホストを辞める事に。
そして2人は特にどこに行くでもない旅に出ます。
どこまでも淡々としていて感情の読めない真人ですが、その理由が次第に分かってくる。

身勝手な妻からせめて続き自分の稼いだお金分位は貰っておいた方がいいんじゃないかって気もしましたが、それさえも無感情な男だからこれでいいんだろうな。

0

欠けた者同士。

 何か心に空洞を抱えた二人が出会う、必然的に出会わされるお話です。
受け・大場の妻が淡白な夫をゲイかどうか確かめるために、ひいきのホスト羽鳥を送り込み、大場はむりやり抱かれてしまうのですが、そこらへんが残酷、かな。
 しかし、大場の淡白な性格、何事も受け入れてしまう性格の温床になったものは、過去にあり、確かに心をなくさないとやっていけないよな~と思わせる部分があります。
 反対に、なんでもすぐにできてしまうがゆえに、それが物足りなさとなって日々鬱屈を抱えているナンバー1ホストの羽鳥。なんでもすぐにできてしまうのってすごいし、羨ましい。羽鳥には、すぐにできないような何か大きな目標を与えてくれる誰かが必要だったんじゃないかと思います。
 二人の出会いは最悪といえるものですが(知らない男に突然犯されたら最悪、トラウマになるだろう~)、後半はけっこうラブラブです。
 少しづつ、立ち止まって読んでみたほうがいい作品だと思います。

0

読んだことあった

タイトルと、粗筋じゃ全く気が付かなかったけど、
この本、前にも読んだことあった。
この手の小説のタイトルって、なんとなく似たようなのが多いから、表紙に惹かれて、ついうっかりまた手にとっちゃったりするんだなぁ


過去の経験の所為で、人生の全てを諦めて、何事もやり過ごすように生きていた真人と、何事も、努力無くできてしまうが故に人生に退屈していた、ナンバーワンホストの羽鳥とが、関係を続ける内に、お互いに少しずつ変わっていくお話。

この真人、あまりにも感情の起伏がないって言うか、肉体の快楽は感じても、普段の生活では感情を放棄してしまっているので、お話も淡々と進んでしまう。
本で読んでいると、話を味わう前に、すらすら目が進んでしまうので、印象も薄かったのかもしれない。

この話は、ドラマCDで聞いた方が良いかもしれない。
真人は笹沼さんか平川さんに、体温低ーい感じで、たんたんと
羽鳥は黒田さんだとやりすぎな感じになっちゃいそうだから、だれが良いかなぁ
小西さん?

1

良くもなく悪くもなく

羽鳥千陽(ナンバー1ホスト)×大場真人(会社員 妻が社長の娘)

ある晩大場は見た事もない男にむりやり抱かれてしまいます。男の正体は大場の妻がひいきにしているホスト・羽鳥で、自分に関心を示さない夫がゲイなのか確かめてほしいという依頼から発生した出来事でした。その後も二人の体の関係は続き、最初は脅されて嫌々従っていた大場もそのうち羽鳥と会うのが楽しみになり、羽鳥も大場を特別な存在として扱い始めます。そんな時大場の妻に二人の関係がばれてしまい……

う~ん……。読み終わってみると何か印象に残るものが一切無かった様な気がします。読み難いこともなく、地雷などがあってイヤな気分にさせられた訳でもなく、むしろ悪いところがない位でスラスラ~と読めてしまうのですが、その反面気にいったキャラも萌えるシーンも見つけられなかったという作品でした。全体的なストーリーの流れは引き込まれる程ではないにしろ、もう少しキャラに愛着が持てればもうちょっと楽しめたかな~と思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ