愛で痴れる夜の純情 禿編

medeshireru yoru no junjou

愛で痴れる夜の純情 禿編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
11
得点
73
評価数
22件
平均
3.5 / 5
神率
31.8%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
花丸コミックス(コミック・白泉社)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784592204411

あらすじ

売春が公認化されて十数年経ち、遊里としての姿を取り戻した吉原。蜻蛉と綺蝶は、男の遊廓である花降楼で双璧と謳われている傾城だ。だが気位が高く「お姫様」とさえ称される蜻蛉と、彼とは正反対に気さくな綺蝶は犬猿の仲とまで言われていた。しかし、そんなふたりも花降楼に来たばかりの頃は夜具部屋を隠れ家に毎日逢瀬を繰り返すほど仲が良かったのである。ふたりの関係はいったい…?花降楼を舞台とするシリーズのコミカライズ

表題作愛で痴れる夜の純情 禿編

綺蝶,娼妓
蜻蛉,娼妓

その他の収録作品

  • スペシャル編
  • 廓あそび
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

漫画化万歳!!

コミカライズされた当時、私は元々花降楼シリーズ原作本数巻と、ドラマCDを聴いたりしていたので、作品(しかも一番大好きなカップルのエピソード)がコミカライズされた時は本当に嬉しかったです。
しかも、原作本の挿絵と同じく樹要先生の絵でコミカライズというのが更に嬉しくて。(私は当時、花降楼シリーズで初めて樹先生の絵を目にしてすっかり気に入ってしまいました。)
挿絵の時から、とりわけ綺蝶の格好よさと色気の虜だっただけに、実際に漫画の中で動く姿が見られてとても幸せでした。

今回は二人の出会いと、犬猿の仲と言われるまでになるエピソードが描かれています。
綺蝶の切ない表情が本当、たまりません。

私は男遊郭ものは今のところ花降楼シリーズしか読んだことがないのですが、当時の私には色々衝撃的で・・・大きな影響を受けた作品の一つです。

0

まったく入り込めず…

3巻一気買いしたんですが、個人的にこれは失敗したかも…。
最初から最後まで全く入り込めなかったです。小説が未読という
のも関係があるのかな…。展開、発言、感情等がかなり急なように
感じました。

切ないはずの場面でも心にしみる心理描写がないせいか、あまり
切なくなったりはしなかったような…(私だけかも…)心理描写
自体は少なくないはずなのに、あっさりと通り過ぎていくというか、
何故か心に残らないんですよね…。それに受けのツンデレ具合が
可愛げを感じられないレベルだったのも、入り込めない&萌えられ
ない原因だったかな、と思ったり。ツンデレは大好物なんですが、
蜻蛉は可愛いとは思えなかったです…。ごめんなさい。ただ、
綺蝶のひょうひょうとしたところだったり、ちょっと意地悪な
ところは魅力的でした。でもその後の蜻蛉の反応が(ry

絵がとても綺麗で素敵だったので期待していた分、正直ちょっと
がっかりでした(汗)萌えた~!とか、切なかった~!というような、
読後の印象が個人的にはほぼなかったなぁ、と。2巻以降を読めば
印象変わるのかな…。

1

脈絡。

なんでしょうか…、すごく読みづらかった…。
原作付きのコミックで、原作を読んでいないからなのかもしれませんが、漫画だけだと話の流れが脈絡なさすぎて違和感でした。
場面切り替えが早いのと、キャラ(主に受けの子)の感情の上げ下げが激しいのとで、なかなかその場の状況が理解できなかったです。
なんで、さっきまで「こうしよう」って思ってた受けが違う態度をとっているのか謎で、場面が変わるたびに気が散ってしまい、ついていけなかった。

そして受けの子が思ったほどお嬢様ってわけでもなかったという…。気が強い受けが好きですが、いうほど気が強いわけでもないし、わりと流されがちというか…自分がない感じ。いかにも悲劇のヒロインぽい子がちやほやされ、感情のままに周りの人間を振り回すのはあまり萌えません。個人的に好みじゃないってことでしょうが、応援したくなる受けじゃなかったのが残念でした。
なぜ、攻めの子はそんなに構いたがるのだろう…?
“男の廓”ってのはかなりツボなので、受けがもっと魅力があって、ストーリーの流れがスムーズなら好きな話です。でも、続きものは見届けないと気が済まないので話は追うつもり続き

ただ、絵は素晴らしくキレイだった~。+゚(●´ω`●)゚+。
キレイな子がキレイな御べべ着てツンケンしてるのは可愛い。

《個人的 好感度》
★★・・・ :ストーリー
★★・・・ :エロス
★★・・・ :キャラ
★★★・・ :設定/シチュ
★・・・・ :構成

2

男の綺蝶にホレボレvvv

やっと花降楼シリーズ 初読みデスvv まだ小説は読んでないのですが 実はCDで花降楼シリーズを何作か聴いていたので コミックを読みながら 綺蝶役の平川さんと蜻蛉役の緑川さんの声が自然と浮かびつつ 読ませていただきました! このシリーズ 初めてがCDだっただけに 想像でしか思い描かなかった画が コミックになってるので 私としては作品の世界に入りやすかったですvv それにしても 布団部屋で蜻蛉を奪った後の キセルを吹かす綺蝶がカッコイイvvv男だわ!! 娼妓の仕事してるとはいえ 男の気を惹く格好をしていようと 中身は男なんだvvv 鷹村にみつかって 蜻蛉に膝枕してやった姿でキセル銜えて やっちまった・・・的 表情!! イイwwwwww凄くイイーーーvv ガッツリ私の心を鷲づかみしていただきましたvv これは最終巻まで大至急読まねばvv

0

着付けデンジャラス…柳腰の男たち

復活した一等赤線地区の最も高つつく男の妓楼・花降楼には、
伝説の娼妓がおりました…綺蝶と蜻蛉!
その性格は片や猫、片や真珠…かくも正反対のこの二人は、
昔・親友、今・ライバルで、美の双璧と謳われているという…。
出逢ってから10年…波乱万丈のこの恋の「禿編」は始まりの物語!
売られてきた妓楼で、子猫のようにじゃれあう子供時代から、
ついに抱き合い…恋を封印する新造時代…
そして双璧と呼ばれるまでが描かれています。
恋が満ちて淵になるまでのお話ですから、それはそれは切ないのです。
そしてその切なさを、更に更に切なく彩るのが…男たちの奇妙な美しさ☆
江戸時代の花魁姿そのままに、女装しているのです!
ここでは娼妓はすべて男性! …しかも皆、人形のように美しい!
(↑まあ、リアルの現代でも…アジアやヨーロッパの歓楽街では、
  人形のような美女を見つけたら、それはまず男性…なんて言いますが。)
その性格は様々(実際、綺蝶はかなり男前な性格だけど!)なのに、
それでもどこか儚げで、妖しげで、夢二の描く女のような男たちです。
その原因はね…やっぱり着付けなんです、着続き物姿はここが肝心!
ハイウエストに結ぶ花魁の帯は、流れるようなS字ラインを嫌でも強調し、
本来なら…男の体に有るはずの無い、しなやかなくびれを作ってしまう…。
だから、ここの男は誰もが柳腰で、思わず手をまわしたくなる(←危険よ、これ!)
着物という衣裳も大問題! 体に沿うけれど、所々がなびく…
しなやかだけど構築的で…後ろに大きく抜いた襟空きも問題ですねぇ。
あれは非っ情に艶めかしい! 前で結んだ帯だって…
(見ようによっては)簡単にほどけそうにも見えます(笑)
ええ、つまるところスキだらけなんです、ハイウエストな帯結びって☆
これがあるから女の子に見えてしまう…という反対派も、
やっぱり遊郭はこれくらいでなきゃ…という賛成派も、
ついつい見惚れちゃうほどデンジャラス!
着付けデンジャラスな1冊でございます。
さて、肝心のエロですが…白状すると、女性同士に見えました...

3

樹要さん……

あまりにも絵が女子過ぎて、駄目だ……
遊郭ものはあんまり読んだ事ない(2作品目)けど、なんで男娼を遊女に擬えるのだろうか。もっと、男っぽい感じでいいじゃないか。
ブツが付いてるってだけで、あとはまんま女の子じゃないですか。
そんな私は腐失格?遊郭ものの良さがわかっていないだけなのだろうか…
樹さんだからなのだろうか。
ここに男×男の禁忌は関係ないって感じだよね。
好き嫌い素直になれないの面白さはわかるんだけどね……ってことで中立。

もっと、男気溢れる遊郭ものが見たい(絵も内容も)。…それってどんなの?感じだけどw

……すみません、ドナドナです。

3

切なさテンコ盛

切ない話が何より好きな私は遊郭ものは大好物じゃあ~。
切ないに決まってる遊郭ものですが、、、こ、これは切ない!
色子同士って始めてだわ、なんで今までなかったのかしらん?
これ遊郭モノ最強切ないカプだわ、互いに思いあいながら体を売らなきゃいけないんだもの。
蜻蛉のほうが幼く不器用でその分ストレート、綺蝶を好きなのがバレバレです。
綺蝶の水揚げに泣いて嫌がり、逃げようと縋る蜻蛉を愛おしく思わないわけがありません。その辺、実は綺蝶は誤解しているんですけどね。

綺蝶は初めて会った時から蜻蛉に惹かれているもののその想いを隠し、、それは蜻蛉を思っての事。
そして、分別も立場も蜻蛉よりも解かっているのに、感情をセーブできない綺蝶にグッとくる~。
切なげな瞳で蜻蛉を何度も見つめている綺蝶がもう切なくて、切なくて。

初Hは激高した綺蝶に無理やり、なんですが最後には蜻蛉も求めてしまっていて、、切ないHなんです。
互いに想いは有るのに気持ちを交わす事は許されないなんて、、。

蜻蛉をいい旦那に水揚げさせることよりも、お職を争う事を選ばせる綺蝶。酷い事と解かっていて蜻蛉を手放し続きてあげられない。切ねぇ~、切ないったらないわ!

小説の挿絵等で綺麗な絵描きさんだなと思ってはいましたが、絵がもう本っ当に美麗!
ホウッとため息がでますよ。

1

どうしても手離せない。

一瞬、女の子かしら?とも思いたくなる雰囲気の2人。
まあ、それは遊廓が舞台だからなのですが。
それなら時代が違うのかと思ってみれば現代で。
それを念頭に置いて読もう。

というか、何も考えずに読んでて「ああ、そういえば男の子だった」みたいな感じだったりするんですが。
それぞれに事情を抱えて売られてきて。
特殊な客商売だし、当然、色子同士の色恋なんて御法度。
なのに、芽生えていく感情。

遊廓だから当然、客の相手をしなければならないわけで。
それは仕事だと割り切ってみたところで、自分がどうこうというよりも誰かがあの子に触れるというのが嫌だったり。
どうせいつかは他人の手で散らされるならと御法度を犯してみたり。
それでも手離せなくて。
もしかしたら、水揚げされた方が幸せになれるかもしれないのに、ただ繋ぎとめるためだけに蜻蛉の性格を利用して残るようにしむける綺蝶がとても切ない。
お互いに想い合ってるはずなのに、それさえも蜻蛉は気付けずに傷ついて。
擦れ違ってしまう2人が切ないです。

1

遊女×遊女の禁断の恋

身請けさせてやるのが蜻蛉にはいいのかもしれない。
そのほうが幸せになれるのかもしれない。
でも、側に置いておきたい。
ほかにやりたくないという気持ちから、綺蝶はわざと蜻蛉を煽るような言葉をいい、乗りやすい蜻蛉も、その言葉からあっというまにお職に・・・という話。
なんかね、凄く切ないんですよ。
だってさ、普通の恋愛漫画と違って、遊廓って、性を売る場じゃないですか。客をとり始めたら、いやおうなしに他の相手と身体を重ねなければならないわけですよ。
好きな相手が他の男と・・・・というね無駄な悪い妄想も有りますしね。思っていてもどうしようもないという気持ちが痛いです。

二人は「早くお職になって、稼いで二人でココを出よう」という話をしています。早くその日が来る事を私は祈ってるよ。
このカップルイイ!!
そうそう、犬猿になってる理由は簡単です。
二人が体の関係を持ってしまったので、以降一切交流を持たないことを条件に蜻蛉は店に残ったんです。
だから、綺蝶もわざと冷たくして、煽る事を言ってみたりしているわけです。
素直になれない蜻蛉もツンケンしているわけです。
あううううう続きう・・・・・。

結局これはココで終わりなのかな。
次は、違うカップルに以降する?
気になって気になって・・・・。

そうそう、綺蝶が、蜻蛉がお客をとることを考えて凄く切なそうにしている顔もそうなんですが、蜻蛉が始めての客をとるときに、
なんで笑えないだろう。
あのときみたいに(綺蝶に笑いかけたときみたいに)というのがね。
凄く・・・・・あれでしたよ。
なんだよ。
えっと・・・・胸にしみる?

二度とアノ頃には戻れないといいながら涙を流すシーン。
あうううううう(;□;*)エレエレ
はい。
とにかく切ない話です。
その後の二人が見たいヨ私は。

少年から大人へ。
この二つの段階が上手く表現されてて素敵です。
一読の価値ありですよv

2

遊郭の切なさがたくさん!

 舞台は売春防止法が廃止され、一等赤線地区が復活し、昔ながらの遊郭や高級娼館が再建され、遊里としての姿を取り戻した吉原でのお話。
 今や犬猿の仲とまで言われ、花降楼で「双璧」と言われている、気位の高い蜻蛉と、気さくで面倒見のいい綺蝶。
 けれど、禿・新造であった頃の二人は、まるで子猫同士がじゃれ合うように、仲がよくて……

 ということで、今や御職争いをするまでにもなった二人の子供の頃の話です。
 幼い頃の二人は本当に仲が良くて、二人で支え合っているような感じだったのですが……
 ある日、綺蝶の水揚げが決まって、綺蝶が他の男に抱かれてしまうことを蜻蛉が知って暴れてしまったところから変わっていく。
 綺蝶は自分の仕事は「仕事」としてきちんと割り切れて、その中で如何に最善の方法でそこから抜け出すか、ということを考えられるから遊郭でもやっていける。
 でも、蜻蛉はそんなに簡単に割り切れなくて……
 そして、綺蝶はそんな蜻蛉の性格を知っているからこそ、自分の本心をもう、口にすることはできない。だから、本当にしたいこととは逆へ逆へとやってしまう……。
 でも、さすがの綺蝶も蜻続き蛉に「大嫌い」と言われて、キレてしまい、蜻蛉を抱いてしまう。
 遊郭では色子同士の恋愛はご法度で、おまけに蜻蛉とキズものにしてしまう行為は持っての外! 本来ならば、今居る所よりも更に下の見世に売られてしまってもおかしくない事態に、綺蝶は「蜻蛉に近づかないこと」を条件に、二人とも今の見世におかせてもらうことにする。

 もう、この辺りが切なくて、切なくてしょうがない。
 お互いの気持ちはちゃんと、お互いに向いてるのに、それを素直に表すのはご法度。
 それをしてしまうと、お互いの生命すら危うくなってしまう。
 おまけに仕事では本当に好きじゃない人と身体を重ねる行為をしなくちゃいけない。
 本当に好きな人とはできないのに、好きじゃない人とはしなくちゃいけない――この辺が、娼館が舞台となっている小説の醍醐味なのかな……と、思いますし、この本ももれなくそういう風に切ないです。

 早く出るためには、相手に対して、「いっぱいの男に抱かれろ」ということと同じなんですもんね。

 すっごく切なくて、切なくて、早く続きが読みたくなります。

1

ちゃんと「おとこのこ」でよかった

ドラマCDで平川大輔君が綺蝶の声をやっているので読んでみようと思いました。私としてはあんまり遊郭物は非現実的で好んで読まないのですが、綺麗で可愛くてせつなくてよかったです。
どう考えても女装だし、男の話にするには無理があるんじゃないかと勘ぐっていたのですが、ちゃんと「おとこのこ」でした。

花降楼の妓娼綺蝶と蜻蛉のお話。禿編なので、蜻蛉が買われてきてから水揚げまでのお話です。
蜻蛉が綺蝶を慕い、綺蝶が蜻蛉を可愛がり、仲良く過ごしていたのですが・・・廓という場所で育ちながらも純真な蜻蛉と、蓮っ葉な口をききながらも身を挺して蜻蛉を守ろうとする綺蝶が、それぞれ違った色気を醸し出しているので引き込まれていきます。

萌ポイントは蜻蛉のツインテール。かわいい。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ