夜とオレンジの果汁

kare to orange no kaju

夜とオレンジの果汁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784829623596

あらすじ

家に帰れない夏以は、友人の別荘で賄いをすることに。そこに完全無欠(性格除く)な譲がいた。泥棒と間違われて、初対面は最悪だったが、つい意識しちゃう位好みのタイプ。その譲が「あんな奴やめて俺に乗り換えろよ」と迫ってきた。焦れる程執拗な愛撫と耳元の熱い吐息が夏以を悶えさせる。思わず愛されてると、勘違いしかけたけれど。ホントは譲の大事すぎて手も出せない、最愛の人の存在には気づいてる。自分は身代わりでしかない。でも伸ばされる指が甘熱く、抗えなくて...。

表題作夜とオレンジの果汁

高樹譲,夏以の友人の従兄で小説家
里倉夏以,別荘の賄いをする大学生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

避暑地の恋は・・・

もうとっくにレビュー書いたつもりでいたんですが、どうやら忘れてたようです。

そんな私のボケはともかく、これなんで評価もレビューもないんでしょう。地味だけどいい作品だと思うんだけどなあ。
まあ『どちらかと言わなくても坂井さんとは合わない』私が言うことじゃないんですけどね。

↑のように、私はどうも坂井さんとは相性がよくないんですが(決してキライではないのに何故か合わない・・・)、これは中でも数少ない『よかった』と思えた作品です。

坂井さんは、デビュー作からかなりの数を読んだんですが、好きなのは『朝を待つあいだに』からのシリーズとこれくらいなんだよね。←今気付いたけど、全部イラスト同じだわ・・・(途中で名義は変わってるけど)

こちらは、ストーリーや漂う雰囲気は好みなんです。それは間違いなく。
誤解が積み重なっていく様子も、ラブに至る流れも、読んでて無理なく受け止められました。

ただ、キャラクターがどうも・・・決して受け付けないというほどじゃないんですが、個人的に苦手な要素が多いんです。

ツン過ぎる(意地を張り過ぎる)・口の悪い受も、言葉の足りない攻も続きすごく苦手なんです。
言葉の足りない攻に対しては、いつも『Hする前に話せよ!』と感じるんですが、いったんそう思っちゃうともうラブを楽しむどころじゃないんだよね。

それにしても、譲(攻)の場合は言葉が足りないにも限度があるだろ!と無駄にハラ立ちました。
夏以(受)も根は可愛くていい子だと思うんだけど・・・

イヤ、それでも2人ともほんとにキライじゃないんですよ。イヤな奴だとも思わない。ただ、個人的好みの問題でちょっと引っ掛かっただけなんです。


ただ、一緒に別荘で過ごした瑞穂(譲の親戚)のキャラクターには非常にイライラさせられましたね。途中の(瑞穂に対する譲の)過保護っぷりにも幼児か!?と呆れてしまった。
しかも本性アレだってわかって余計に脱力。『本当の』瑞穂が、それこそ個人的にものすごくダメなタイプだったんです。

この瑞穂の『意外性』が楽しめたら、これだけでも面白いんだろうと思います。メインじゃないけどすごいギャップで。

私は残念ながら無理でした。『ハア!?』って感じだったよ・・・
いくら何でも、あまりに唐突過ぎませんか?


あとはイラスト。
特に、表紙カラーがとても綺麗で雰囲気があって素敵です。
ただ・・・キャラクターのイメージはちょっと違うかな?なんというか紅月さんの絵柄そのものが。←紅月さんの絵は大好きですが、この作品についてはってことですよ。

イヤ、逆に『表紙カラーの印象』が強過ぎて(それがすごく好きだから余計に)、小説で描写されるキャラクターが『絵を見て想い描いたタイプ』と自分の中で重ならなかったからかもしれません。

でも、面白かったんですよ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ