理不尽な熱情

理不尽な熱情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
雄飛
シリーズ
アイノベルズ(小説・雄飛)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784902543681

あらすじ

ルポライターの矢上は、父の無実を証明するため父が殺したとされる被害者の息子・浅倉に取材と称して近づいた。彼に正体がバレ、首を突っ込むなと脅されながらも調べを進める矢上。だが、見知らぬ男たちからの脅迫、拉致と身辺が騒がしくなり、浅倉が真犯人ではないかと疑い始める。その一方で怜悧な瞳の奥に熱情を潜ませた男に、惹かれてしまう感情を抑えることができず…。

表題作理不尽な熱情

浅倉誠吾(30) 浅倉コーポレーション専務
矢上達之(24) ルポライター

評価・レビューする

レビュー投稿数2

文句なくカッコイイ

瞳の中に炎を宿した、海賊のような男・朝倉。
もう、これだけでもカッコイイ。

お話は、そんな朝倉に取材のため近づいたルポライター矢上は、実は自分の両親の死の真相が知りたくて、、、
という物。
事件物なので、ネタバレしたら面白くないけど、
矢上の両親と、朝倉の父の死の裏には、実は隠された真実があったのだ。

この本、サスペンスとラブとエロがバランスよくこってり盛られて、実にBLらしくてカッコイイ。
小山田さんの描く二人もかっこよくて、挿絵の場面もツボを押さえてるし、
帯の「あんたの身体は麻薬だ」って言うキャッチもノベルズらしくていい。
事件が片付いた後に、二人のラブラブ新生活が待っていそうな終わりかたも後味いい。
BLらしいBLをしっかり読んだって感じで、なかなか良かった。

0

スリル・ショック・サスペンス > ラブ

攻・浅倉誠吾(30) 浅倉コーポレーション専務
受・矢上達之(24) ルポライター

中学2年の夏、矢上の両親が焼死しました。
矢上の父親が、妻と取引先の社長・浅倉との不倫を知って二人を刺し殺し、自ら焼身自殺をしたという結末におさまった事件でした。

アメリカ在住の伯父に引き取られて10年後。
事件に疑問を持ち続けていた矢上は、浅倉の息子に取材をする機会を得て帰国します。

青年実業家へのインタビューと思っていたのに、面談した誠吾はまるで「海賊」のような雰囲気を醸しだす、鋭さとたくましさと野性味のある人物でした。
誠吾は過去の事件に関する話は一切しないと厳しく言い放ちます。

誠吾との顔合わせの後、矢上は昔の従業員のところへ当時の様子を尋ねて回ります。
アパートで様々な情報を整理していると、厳しい顔をした誠吾が訪ねてきます。
彼は矢上が事件で残された子供だと知っていました。

首を突っ込むなと脅されながらも調べを進める矢上でしたが、見知らぬ男たちに拉致され媚薬を飲まされます。
隙を見て逃げ出したところを誠吾に助けられラブホへ逃げ込みます。
「抱いてく続きれ」と矢上が求め、慰める行為からそのままセックスへ。

矢上は両親の葬儀で自分を励ました男に惚れたときから、ゲイであることを自覚しています。

以後も、何度か怪しげな人物に後をつけられたり、掴まりかける矢上。
日本には味方といえる人物は居ない…そのためか、どうしようもなくなって矢上は誠吾に助けを求めてしまいます。

自分を見晴らせていたと言った誠吾。
矢上を拉致した男たちは誠吾の仲間だろうか。
誰が何のために自分を襲うのか。

誠吾自身も、自分の会社の不透明な取引を調べているところでした。
矢上の調べる事件と、誠吾の調べる事とが最後には結びついて…。


自分のために事件を追う二人の行動が中心で、ラブい要素は薄めですが…スリルとショックとサスペンスの隙間で、2人の関係が変わってゆくのがイイです。
矢上の初恋(自分がゲイだと自覚する恋)の相手が、実は…というのもいい。
誠吾にしたって、最初の出会いを忘れていなかったくらいだから、矢上に傾倒するのも当然よね?

自分の仕事をきっちりやってる男前同士のカッコイイ恋愛でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ