この欲望的な手の早さ

konoyokubouteki na te no hayasa

この欲望的な手の早さ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775509135

あらすじ

卵が苦手な勇太のバイト先は女性誌やTVにも出ている有名ケーキ店『ウフ・ド・プル(鶏の卵)』。卵が食べれない勇太にオーナー兼シェフパティシエの北条は手を替え品を替え、自分の作るスイーツを食べさせようと挑戦してくる。「お前のためだけに作った」などと言いながら、セクハラをしてくる北条にドキドキしっぱなしの勇太。このままお菓子のように美味しく食べられてしまう・・・?ミズノ内木の初コミックス堂々登場!

表題作この欲望的な手の早さ

北条玲二,オーナー兼シェフパティシエ
勇太,卵が苦手なバイト

同時収録作品それでは良い休日を

畑谷泰三,TVディレクター
河村肇,放送作家,19才

同時収録作品まいにち、毎日

宇田川清光,1年留年している高校3年生
拝島克巳,ゴルフ部の後輩,高校3年生

同時収録作品君に恋うこの罪を

同時収録作品熱速パンチ

高田興捷,高校生
藤掛夏朗,高校生

その他の収録作品

  • オーバープルーフ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

それぞれのシチュで楽しめました

初読み作家さんです。
全部で5組のカップルのお話が収録されています。
そのうち4組のカップルのお話については2005年に発表されているようで、ラストに収録されている「熱速パンチ」は描き下ろし作品。雑誌に発表された他の4作品にもそれぞれ短い描き下ろし漫画が収録されています。

主人公達の年代は、はっきり書かれていないキャラもいるのですが、10代後半~20代半ば位で若めのカプのお話ばかりでした。
キャラの職業や性格が色々で、それぞれ違うお話が楽しめました。
積極的に割と攻めてくると思いきや、相手の事を気遣って遠慮しちゃったりする男前の攻め様や、年下のしっかり者の後輩に面倒見てもらってる先輩が後輩を呼ぶ声がなんだか切なかったりとか、ヘタレの家令が想いを告げられなかったりとか…キュンとする場面が散りばめられてました。
カバー下の「まいにち、毎日」の2人のお話も面白かったです。^^

0

初読み作家さん

全部で5つのストーリー。

「オーバープルーフ」
「この欲望的な手の早さ」
北条オーナーと勇太。
このオーナー、とっても男らしい。
仕事もできるしカッコイイ。
ガンガン口説きまくって勇太も絆されます。
オーナーが、勇太の事をすごく好きなんだなぁ、って言うのが
仕草で随所に見えて・・・それがたまりませんw
この2人の掛け合いがすご~く萌えましたw

「それでは良い休日を」
ディレクターさんと放送作家さん。
お互いに知らない同士だけど、
お互いの作るものを尊敬していて、
お互いに憧れていた存在。
知り合ってからは急展開。
面白かったけど、急展開過ぎてちょっぴり
強引な感じがしたかな。

「まいにち、毎日。」
「まいにち、毎日。2」
ゴルフ部の先輩と後輩。
流され過ぎな後輩くんにイマイチ感情移入できなかった。。。

「君に恋うこの罪を」
「君に恋うこの罪を2」
主の尚崇拝様と家令の向坂。
家令の身としては、好きになってはイケナイ人を
好きになってしまったわけで・・・。
でも時々、抑えに抑えている思いが溢れ出るオトナな向坂が
とっ続きてもかわいいですw

「熱速パンチ」
興捷くんと藤掛くんの同級生カップル。
ちょっとしたイタズラ気分?から始まった関係が
ラブなカップルに。
この2人の掛け合いも、短い作品ながら面白かった~。

最後に、「毎日」のおまけが2ページ。
これがまた、たった2ページなのに、笑えましたw

面白い短編集でした。
今後も是非チェックして読んでみたい作家さんになりました♪

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ