世界でいちばん愛しい翼

sekai de ichiban itoshii tsubasa

世界でいちばん愛しい翼
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784344809659

あらすじ

新米教師として赴任して2ヶ月。
有沢行哉は、廊下にひとり佇む男子生徒が気になったが声をかけずにいた。
ある日、映画館で痴漢にあっていた若い男を助けた行哉は、それ以前気になったあの生徒・榊原夏那だと知る。
それ以来、学校でも夏那とよく会い、話をするようになった行哉は次第に惹かれていく。
そして思わず夏那にキスしてしまい…。

表題作世界でいちばん愛しい翼

有沢行哉,高校教師,23歳
榊原夏那,高校生,17歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

まあまあだけれど、ダメ教師が地雷な人は注意。

神奈木先生の作品は適度にいかにもにドラマチックで、甘くて……
ツボど真ん中とか感動して涙……とかじゃあないのだけれど、
少女漫画を楽しむような感覚で、はずれなく読めるので時々読みたくなる。

今回も古本屋でみつけて、そんな感じで気軽に手に取ってみた。
設定は先生と生徒。

ハンサムでなんでもそつなく出来て、ちょっとズルい男の有沢が
映画館で偶然助けた生徒の夏那に惹かれていく話なんだけれど、
こいつがなかなかダメ大人でありながらまっとうな倫理観もあって……、
まぁお約束の焦れったい感じの話です。

後半は、夏那視点。
表題作の裏側から眺めながら、
その後の思いが通じ合ったあとの話も進みます。
そんな風感じていたのか〜、となかなか可愛らしくて微笑ましい。

双子の弟・冬那(スーパーマンのような出来過ぎくん)の
夏那大好きぶりは結構ツボだし、
その弟と喧嘩した後に有沢のところにやってくる様も可愛いなぁ。
お泊まりセット持って「夜這いに来ました」(笑)

どこがと突出したところはないし、
有沢のダメ大人キャラが嫌いな人はいそうだけれど
まぁ、及第続き点の作品。
軽くおもしろく読みました。


0

わたしにはちょっと・・・

「ときどき、世界は美しい」コミックスのスピンオフが小説という
先生×生徒モノ
優柔不断なダメな感じの大人と恋を知らない子供というCPが
個人的に、黄色信号っていうのもありました。
ダメな大人は、より強者に食われてしまうほうが自分的にはツボ。
ダメな大人が、無垢な子供におぼれていくのは
ほんとしょーもないなぁと思ってしまう(il´Д`)
せめて受け視点で、受けが主人公だったらまだよかったかも・・・

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ