クリムゾン・スペル 2

crimson spell

绯色诱惑

クリムゾン・スペル 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×29
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
77
評価数
18件
平均
4.3 / 5
神率
38.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199603396

あらすじ

夜は快楽を貪る淫らな魔獣、昼は高潔な剣士。
魔獣の呪いにかかった王子バルドの二つの顔を
知るのは、旅の道連れの魔導士ハヴィのみ。
夜ごと魔獣のバルドを抱いて鎮めるハヴィは、
怜悧な美貌の下でバルドへの執着を深める…。
一方、バルドを狙う敵も、ついに動きだして!?
話題のエロティック・ファンタジー、第2巻! 

表題作クリムゾン・スペル 2

ハヴィ/レアアイテムに目のないクールで優秀な魔道士
バルド/魔剣の呪いで夜ごと魔獣化してしまう王子

評価・レビューする

レビュー投稿数7

真紅の呪法

魔導士の郷・セレアスデールで師匠であるハルセレスから魔剣ユグ・ヴェルンドとバルドの先祖にまつわる情報を得たハヴィは、魔獣が魔剣に縛り付けられた儀式のビジョンを確認します。魔獣の苦しみに同調して呪いの色が徐々に濃くなるバルドを鎮めつつ、真紅の呪法“クリムゾン・スペル”をかけた呪術師を探し出す旅は続いて行きます。第2巻は、ハヴィの凄腕魔導士っぷり、そして意外に一途な一面を堪能できる一冊でした。

この巻では魔獣であるバルドを狙う怪しい一味が登場して二人の行く手を阻みます。また、ハヴィの幼なじみ(?)である肉体派のハルレイン、そして旅の剣士を名乗るマルスが合流して、旅の一行はさらに賑やかになります。うーむ、とってもRPG…。好き…。

そして遂にハヴィと素のバルドとの関係にも進展が!急にキスされて戸惑うバルドがとってもキュートでした。

3

魔獣バルドの鳴き方可愛すぎ

アルスヴィーズ世界の地図を見て、RPGゲームっぽいとテンション上がりました(笑)

それはさておき、魔獣バルドがハヴィにメロメロ。
素直さが増しています。
「くぅ」って…何すか…その愛らしい鳴き方は(ノ´Д`*)
ハヴィにドギマギしている王子バルドも可愛い!

1巻では触手でしたが、2巻では蛇型の淫魔にバルドが襲われています!
触手とか蛇とかのまとわりつく様な動きに何か卑猥さ感じます←

悪役が活発に動き出したのでどうなるか楽しみ(。-∀-)ニヒ♪
「お館さま」とやらが気になります。

2

これぞ『愛の無我の境地』

美麗ファンタジー漫画第二巻!

はじめは好奇心と興味本位で魔獣バルドに手を出していたハビ。
それがどんどん、心のつながりをほのめかしていきます。

まだ二巻目ですが、ハビはバルドを守るために、
自分を犠牲にして魔物の手に落ちてゆきます・・・
そして今度はバルドがハビを助けるべく無我夢中で飛び込んでいき、
みごとに向こうの手に落ちてしまうも、そこでハビと再開。
バルドは魔獣、ハビは心を乗っ取られ我が心ここに在らずな状態。
にもかかわらず、本能で檻越しに求め合う二人!!!
くォーーーーーーーエロいっ!!!!!

二巻目にして早くも本物の愛で求め合う二人の姿が見え隠れします!!
クリムゾン・スペル、本格派ファンタジーを楽しめつつ、メイン二人の強い愛情の遍路を目の当たりにできる漫画です(*´∀`*)♥

3

ふつくしい

銀髪長髪萌え!!ハヴィの見た目がど真ん中♪
リアルの男性だと長髪なんて一切萌えないのに、二次元の不思議。
ルルカも可愛い姿と男の姿と両方萌える♪
ファンタジーのお約束かもですが、それが美味しいんじゃまいかッ!!

しかも女性向けにはあまりないバトルシーンもそこそこ入っている!
割愛されていないところが素晴らしいです。

蛇が締め付けるシーンなどやらしいでございますですね。
そしてハヴィが記憶なくしているというこれまたお決まりな展開ですが、
だからこそ美味しい。。。

2

ゆっくりですが

二人の間の心情にちょっとだけ変化が現れる巻ですね~。
でもでも、これから!という時に邪魔が入るんですね・・・。
二人の旅に同行する仲間たちが増えて、世界観も広がっていく感じでバルドにかかった呪いを解く旅は続きます。
BLという要素以外の、冒険物ストーリーという点でも十分成り立っていて、それだけでも読み応えあります。
色んな敵も出てきて、これからどうなっていくんでしょう。
益々楽しみな感じです。

あとがきによると、前巻からかなり時間が空いた理由は、通常のお仕事に加え、直しに時間がかかってしまったそう。
流石、全編通して美しく、手抜きな所など全く見受けられません。
いつもクオリティの高いお仕事に脱帽です。

1

ハヴィの受けオーラ・・・

ハヴィ!受けもいけるのか!!!
いや、この2巻のテーマは決してそこじゃない!
そうは思うんだけど、1冊通して読んでみて、読みながら一番「むぎゃ~」となったのはそこでした(笑)

それにしても…、ハヴィの素敵さたるや犯罪級。
身を挺してって言っちゃうと軽く聞こえるけど、まさしく身を挺して、バルドの身代わりのようにして敵の手に落ちてしまいます。
魔道師としての自我を奪われ、いいように体を触られ、バルドに冷めた目を向けるハヴィに無駄に萌えました><

このあたりからちょっとずつ、バルドが乙女になっていくのが残念なんですが;

エロは少なめでしたが、最後のエッチはとてもキュンキュンしました。
2人とも自我がないんですよね。
ハヴィは自分を見失っているし、バルドは魔獣化しちゃってるし。
しかも檻の柵越し!キュンww

けどやっぱり私は、蛇に犯されるとか要らないかなぁ…。1巻の触手のときにも思いましたが。
もともとお道具関係にまったく萌えがなく、どちらかというと嫌悪感の方が強いので、「キモチワルイ」の方が先に来てしまいます。
けど、これに「エロい~」と萌える人の気続き持ちはとっても分かります。
意思に反していいようにされている受けは、それはそれは美味です(笑)

それにしても…。うさ吉が可愛いんですがっ!
そんで、ハヴィにちょっかい出してた仮面の男、変態でキモチワルイよ~><

1

描き下ろしがないけど我慢…(T_T)

『クリムゾン・スペル』2巻。いよいよバルドにかけられた呪いを解く時が。魔獣に同調したバルドは涙を流します。そんなバルドを身体で慰めるハヴィ。
今回はエロスは少なかったですが、バルドがハヴィを意識しるようになってよかったなぁ。

バルドは魔物バージョンの時の記憶はありません。従ってハヴィに抱かれているのも知らないんですね~。勿体無い。しかし今回は少しずつ気づき始めたようです。

そんな時、ハヴィとバルドの前に新たな敵が!バルドを狙って魔族が襲う!バルドの代わりにハヴィが捕まってしまった!ハヴィを助けに行くためバルドが剣をとる!…と、予告編ならこんな感じ(笑)なかなかハラハラドキドキ?するストーリー展開です。

エロスはあんまりなかったけど、あとがきのページにバルドのサービスショットが!きゃ~素敵☆タイトルは「王子様・秘密のサロン」だそうです。チラリと覗く乳首がセクシー。

しかし2巻が出るまでに2年かかってる…。3巻に続きます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ