黒い愛情

kuroi aijo

黒い愛情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×29
  • 萌10
  • 中立8
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
12
得点
124
評価数
40件
平均
3.4 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784812430491

あらすじ

「性欲に振り回されるなんて有り得ない」精神科医という職業に就いていながら、伏見智紀は「性欲」が認められずにいた。
しかし、そんな後ろめたい感情を同僚の加藤に見抜かれてしまう。
同じ医者の中でも特に優秀な加藤は、その鋭さと巧みな話術で伏見を追い込んでゆく。
「あなたのような、性的な深みにはまるのを嫌う、気高い人をそれ以上の欲望で、ねじ伏せたいと思う人間もいるんですよ」弱みを握られ従う一方で、加藤の見せる強い支配欲に、抗えなくなってゆく伏見は…。

表題作黒い愛情

加藤亮 キャリアカウンセラー 28歳
伏見智紀 診療内科勤務カウンセラー

評価・レビューする

レビュー投稿数12

私には合わなかったみたい

秀香穂里さんは初読みです。
文体がどうとかそういうのはよく解らないんですが、
小説としてはよく書かれていると思います。
が、お話自体が私には合わなかったみたい。
調教とかSMってものを初めて読んだ訳ではないんですが、
なんかダメでしたねー。
加藤は嫌いじゃないんですが、伏見がなんでか解らないんですが、好きになれず、
一体君はどうしたいのって感じ。
こんな関係になったのに、加藤を好きになったって所は面白いしなんですけど、
全然頭に入ってこなかった。

エロは多めだと思います。
でもそのエロも全然ドキドキしなかった。
結構長く、濃密に書かれてると思うんですが、
なんだかそれが多い気がして、
だから気持ちがどうなったって変化があんまりない気がして、
感じてるのはよく解るんだけど…で?って感じ。
ちょっと途中で飽きてしまいました。
2人の変化の所が略してて、エロは多めって感じ。
でもそれはあくまで私の感想。
調教とかSMとかが、生理的にあんま好きじゃないんだと思います。
それも理解のブレーキがかかった原因かも。

最後、好きでした。
お互い誰にも続き言えない過去があって、
心の中にある黒い箱が開いて、黒い霧が出てきて、
人間の性癖とか変態な所とか、そういう生理的にどうかっていう人間の汚い部分、
しかも今回エロ度高めな分読んでてこっちもそれは積み上がって見てるので、
その上でお互いを大事に思う、一緒にいて安心し合える相思相愛の関係が、
なんかいいなーと。
しかもなんか2人共落ち着いてるんですよね。
凄いなーと思うのに落ち着いた感じのギャップが好きでした。
最後の線香花火でどっちが勝ったらっというやり取りも好きだった。

なんですけど〜

そこにたどり着く迄が長い…エロが長い…。
でもこの最後が素敵だなーと思うのは、あのエロ長めがあったからなのかなーとも思うので、
ちょっと読了後、複雑でした。
最後好きだったんだけど…
必要だったんだろうけど…
長い…
あんまり覚えてない…
あんまり面白いと思えなかった…
なんかよく解らなかった…
って感じ。
そんな感想が残るお話でした。

1

一応SMですが…

一応SMですが、想像よりもかなり軽い味わい。
あとがきによると、今作で著者は「メンタルな部分に強く食い込む調教」を書きたかったらしい。
その気持ちは伝わったけど、これじゃ全然強くはないなぁ。
もっと伏見をいたぶり、ゆさぶって、追い詰め、心にぐいぐい食い込んでもよかったと思う。
全然「濃ゆい感じ」はしなかった。
でも逆に言えば、SMや痛いのは苦手という方でも読んでOKということでしょう。

あと二人ともに暗い過去があるという設定の描き方も中途半端。
特に伏見の過去はいまだ決着ついていない気がする。
瀬戸よりも、あの当事者さまに登場していただき、あれはどういうことだったのか、加藤にしつこく問いただしてほしかったかもしれない。
(冷たく、冷静に、できれば再度立ち上がれないほど…個人的趣味ですが)

1番残念だったのは、著者は精神科医とカウンセラーをごっちゃに考えてるとしか思えない書き方だったこと。
プロへの取材や資料、専門書等で調査研究を十分したのだろうか?
読んでると、伏見も加藤も心の専門家とは思えない部分が多々ある。
特に伏見の瀬戸に対する対応は、心を研究し続きた人間にしてはあまりにも甘く未熟で酷い。
素人だって、もう少し賢い接し方をする。

もっと読みたかったのは、瀬戸への調教の様子ですかね。
実はメインカップルよりも、そっちの方が妄想はくすぐられる。
それに加藤のキャラ自体は私の好みなんです。
必要以上に礼儀正しいのだけど、裏で何考えてるのかわからないメガネって好き♪
だから、もっと活躍してほしい。

1

黒い愛情とは

伏見も加藤も重たい過去のトラウマを持っていて、2人が出会いそしてトラウマを忘れるために閉じていた心のふたを開けて、2人で「秘密」を共有して堕ちていく話。

エロなんですが過度なSMは期待しない方がいいかなと思います。ソフトSMな感じだと思います。でもきちんと大人のエロさが全開に出ている作品です。

伏見さんは本当に可愛そうなぐらい変な男に好かれてますね!!特に瀬戸さんは怖かった!!
どうしたらそんな考えに行き着くのって思いました。まあ最後は・・・(笑)

奈良さんのイラストも素敵でした☆

0

楽しめました

ソフトSM、というか精神的調教。執着攻めにも近いかな。
と言ってもキツくないです。唯一登場する道具が乳首クリップ。

がっつりSMが読みたい方には物足りないと思います。
でもエロいです。基本、ねっとり言葉責め。じっくり羞恥を煽るタイプ。
そのへんが個人的にはすごく好みの度合いで楽しかった。

濡れ場のたびに登場する乳首クリップが、だんだん
「二人の間のおやくそく♪」
みたいに見えてくるのがなんだかいっそ微笑ましく…(笑)

調教モノというと弱みを握って脅して、とか
暴力で押さえつけて始まるようなのが多いですが、
これは受が葛藤しながらも攻に従ってしまう、というスタンスが基本なので、
本気で痛い、辛い、貶めるような描写はありません。安心です。

かと言ってポルノみたいに
「ビッチな受が簡単にあんあん喜んじゃう」ような展開でもなく、
色々と葛藤したり考えたりしながら関係を深めていき、
自分の内部、相手の内部にも向き合っていく…という展開。

エロ重視な小説、と聞いていたので、
あれ?エロ以外も案外ちゃんとしてるなーというのが率直な感想。(失礼でご続きめんなさい;)
予想できない部分もあって、最後まで飽きずに読めました。
秀香穂里さんは2冊目でかなり間が空いたので文体を忘れていたのですが、
文章も比較的読みやすく、嫌味のない文体だと思います。

カウンセラー同士の会話なんかもわりあい丁寧に書かれていて良い感じ。
読了後に序盤を読み返すと「この会話はなるほどこういう意図が…」と思ったり。
エロ多めだとストーリーまるっきりそっちのけな話も多いので、
意外にバランスがいいなあと感じました。

ただエロ多めのせいなのか文章のクセなのか
心の描写が若干パラパラと散らかって見えると言うか…
ちょっと、若干、推敲が足りなく感じられちゃうのが惜しい。
心理描写がもう一息、あと一歩突っ込んで練られていたら…と思います。

でもこれなんか好きだなーきっとまた読むなーと思うので萌×2。
秀さんの他の作品も読んでみようかな。

3

精神的な調教

攻め:精神科医 加藤
受け:精神科医 伏見

公園で親友に迫られていた所を同僚の加藤に助けられるが、その加藤に犯されて調教されてしまう…という話。
表紙を見てがっつりSM系かと思いましたが、どちらかというと精神的な調教に近いのかな、と思いました。
今まで性欲に振り回されずストイックに生きてきた伏見加藤の手によって堕ちていくのですが、SMというほど酷い事はしていません。
あくまで精神的に、という所は流石精神科医ですね。
カフェでクリップをつけた乳首を見せるように指示されたりそのままトイレで犯されたり、エロいです。
攻も受も暗い過去がありますがそのトラウマをお互いの存在で埋めようとしている。
最終的には共依存のような関係に。
愛はあるし歪んでしまっていますが、2人が幸せそうなラストで良かったです。

1

満足です

評価は高めです。
ストーリーの肝となるだろうネタバレは控えますが、各シーンや台詞などを抜粋、それについての個人的な感想を書いています。

身体的にも、精神的にも、「痛くない」SM、です。

…SM? なのかな?
そちらのジャンルに期待も興味もあまりない性質なので、定義はよくわかっていないのですが、「SM」と聞いてイメージするような、大掛かりな装置とか定番の道具ーとかは出てきません。
めだつ道具は乳首クリップだけです、よね。
あとは、攻めが受けを支配するためにとにかく痛めつける、怖がらせる、脅す、とかいう方向にもならないので、そちらの点でもわりと安心して読めると思います。

最初のきっかけから、攻めは受けのピンチを救ってくれるヒーロー役として登場しますし、その後、若干は受けの言い分を聞かずに無理強いをしたり、いきなりSMクラブにつれていったり、受けが内心わりとどん引き気味だったりと序盤だけでももろもろありますが、そもそもの受けの心情が、「助けてくれた→この人は安心できる→と、思ったけどあれ?→ちょっと尾行してみよう」と興味津々モードなので、飛んで火に入る夏の虫的な受難続き、というか。

これが「助けてくれた→と思ったけど、え?→完全に理解できない」となった上で、さらに攻めからの無理強いがあったら、けっこう痛いし怖いんですけどね。;

あ、でも受けの過去は痛いかなあ。
とはいえ、BL世界ではありがちな過去だったりしますけど。

その、受け(伏見)の心奥深くにしまいこまれた過去=トラウマを、攻め(加藤)がじわりじわりとあぶりだしてゆく、という心療内科的行為(???)に、えろ(主に乳首攻め)をがっつり絡めた、って感じのお話です。

パスタとソースがしっかり絡まっていたのか、パスタとソースの合わせ盛りだったのかは、なんだかあまり覚えてないんですが、とりあえずえろは楽しかったので満足です。(笑)

1

乳首クリップ来た!

エロとメイン2人がカウンセラーという設定の為に心理描写やトラウマまでがっつり入ったお得な一冊、それも文庫でリーズナブル!

エロ的に見逃せないのはやはり乳首クリップでしょうな。
乳首クリップつけたまま公衆面前に連れ出すというのは萌えシチュですなー、そしてそのままトイレでプレイ。
SMにも似た彼らの関係に微かな依存を感じるところもいいです。
そして封印されていた智紀〔受〕の黒い箱がついに開けられて彼は過去を思い出すところの描写もなかなか読ませます。
亮〔攻〕の過去の真実はどうだったのかは最後まで分からない、おそらく一生分からないままなのでしょう。
あとがきで瀬戸のその後を想像してちと笑ってしまいました。それはそれで幸せかもですな!

ちなみにCD化されてますがかなり良い出来。

1

スリリングに切り込む精神的なSMのお話。うーん深い!

心療内科医の加藤と伏見。
ふたりは同じクリニックのカウンセラーという間柄。

友人だと思っていた男から強姦されそうになった夜
助けてもらった男に犯されるというはじまり。

SMの世界のお話なんですが、もっと深い。

大人になるまでの過程で、人は誰しも【秘密】を抱える。
【秘密】の大きさは人それぞれ・・・

【秘密】を明け渡し、共有してくれる相手を見つけるのが人生なのかも。

そういった無二の存在のために人は成長過程で何度も傷つき
【秘密】を作るのかもしれないよね・・・。

はじまりからおわりまで終着点が見えないので
すごくスリリングでドキドキしました。

SMという性趣向を私はうまく語れないのですが
磁石のS極とN極のように、引かれ合う対のようなもの。
まさに“黒い愛情”読み応えあり!
奈良千春さんの挿絵も絶品。
うーん。唸ったよ。

2

愛ある精神調教

表紙からかなりハードなSM展開を想像してましたが、良い意味で裏切られました。
痛いの、かわいそう過ぎるのはちょっと・・・な自分でも読めたので、本格的なのを期待すると肩透かしかも(笑)

性的なことに淡白だった伏見を、じわじわと調教してゆく加藤。
精神科医だけあって肉体に訴えるのではなく、精神的に追い詰めていくやり方が、頑なだった伏見を麻薬のように堕落させていきます。
調教といっても、ところどころで加藤が執着と愛情を見せるので、殺伐としすぎず読みやすかったです。
乳首開発萌えました。
加藤の無茶振りに半泣きで、でも答えようと頑張るけどやっぱり無理!な伏見、萌え。M素質ありありだった訳ですね。
最終的には、調教の日々を吹っ飛ばす勢いの爽やかバカップルが出来上がりました。
なんだかんだでお互い出会ったことで、幸せを掴んだようです。
瀬戸は加藤を怒らせてしまったのが運の尽き…哀れ。

それにしても、奈良さんの描く眼鏡攻めはたまらな過ぎます。
しかもスーツ。ごちそうさまです。

2

2人の過去が切ない

公園で智紀が友達の瀬戸に迫られているところから物語は始まります。
瀬戸は智紀の友人ですが、なぜか彼は智紀に執着し、一方的に好きだと言い智紀の体に無理矢理触ってきます。そんなときたまたま通りかかった同じ職場に働く加藤に助けを求め、その場から逃げることができました。
しかし加藤の家にきた智紀は瀬戸との関係を問いただされ「俺がいなかったらどうなっていたと思う?」と体を愛撫されてしまいます。

そこから智紀と加藤の関係が始まります。
エロが多かったですね~乳首攻め多かったんで、全国のチクビストさん必見です(笑)
あと加藤はSMクラブに行っていたというだけあってちょっとSっ気ありましたね。智紀のチクビに器具つけたりしてましたね。
でもそこまで酷いSMプレイはありません。ソフトSMといった感じですね~

でも智紀と加藤の過去が切なかったです。
特に加藤。加藤の過去を聞いたときはびっくりしました…。何とはネタバレなんで言いませんが。
2人とも精神科医という職業ですが、やっぱり自分のことや過去は自分だけじゃ解決できませんよね。そういう面ではとても切なかったです。

それにして続きも瀬戸がちょっと怖かったw
智紀が友人に戻りたいとか恋愛感情はないと言っても、「焦らしてるんだね」とは「本当は俺が好きなんだよね」とか、怖いよ…w
そんな瀬戸は加藤によって排除されました。…そのやり方にちょっと気の毒(笑)

奈良さんの絵もとても合っていました!
というか年下攻めでしたがあまり年下攻めっぽくなかったですw
エロにはお腹いっぱい!

2

ガッツリです

萌え要素がギッシリ!美形・医者・眼鏡・年下・トラウマ・ニップルクリップ・言葉攻め・・・・・なので、評価も「萌え」程度では足りないかと思い「神」にしました。

ストーリーとしては、非の打ち所がないとは言いませんが、それぞれの登場人物の背景がしっかりしているので、大変読みやすいです。

親友から関係を迫られていたところに出くわした同僚に助けてもらったことから、どんどんとSM的な関係に落ちていくといったお話。非道徳的なようで、「個人的にSMなのはかまわないじゃない」と思わせてしまうような「受が救われている部分」が多いと思います。攻も救われています。

でも結局この作品のメインはエロだと思います。
徹底的にエロいです。おなかいっぱいになれます。

4

SMにまみれてます。

「性欲に振り回されるなんて有り得ない」
精神科医という職業に就いていながら、伏見智紀は「性欲」が認められずにいた。
しかし、そんな後ろめたい感情を同僚の加藤に見抜かれてしまう。
同じ医者の中でも特に優秀な加藤は、その鋭さと巧みな話術で伏見を追い込んでゆく。
「あなたのような、性的な深みにはまるのを嫌う、気高い人をそれ以上の欲望で、
ねじ伏せたいと思う人間もいるんですよ」
弱みを握られ従う一方で、加藤の見せる強い支配欲に、抗えなくなってゆく伏見は―――…。

SM好きの人には、たまらない作品なのではないでしょうか。
肉体的・精神的な責めが、これでもか!というぐらい盛り込まれているので。
二人が精神科医と言う設定なのですが、そのシーンがあまりなく、殆どエッチです。
エッチもSMも個人的にまったく萌えず、「これで終わりなのか…」と思ってしまう程。
たっぷりあったから余計に自分にガッカリしました…。。。
もっと言葉で責めても良かったかな。酷い程ではないと思ってしまう。
友人から「これ以上責めたら主人公死ぬってば」と眉を顰められてしまいましたけど(笑)

攻めの加続き藤が意外と愛に溢れていた事だけは萌えました……。
加藤が好きなので中立にしておきます。
伏見には一切萌えませんでした、すみません…。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ