6 UNDER GROUND

6under ground

6 UNDER GROUND
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
62
評価数
15件
平均
4.2 / 5
神率
53.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896441383

あらすじ

オレタチノ愛ハセックストケータイトボーリョクデデキテイル!!

薬のバイヤー・景吾はチーマーのボス・ハイジの元で暮していたある日、ホストに強姦されてしまう。孤独と絶望に苛まれる景吾だったが、ホストクラブオーナー・恭一郎と出会い、淡い気持ちを抱き…。男たちが出会ったとき、運命の歯車が回り出すーー!! 6人の男たちの果てなき欲望が渦巻く、超リアルストーリー。フツウじゃ物足りないあなたに贈る、危険なエロティクス・ラブ!!

表題作6 UNDER GROUND

ハイジ
景吾

評価・レビューする

レビュー投稿数7

景吾の魅力に『神』を付けたい

​ チーマーとホストの対決なんて青臭くて興味のない設定でしたが、もがく若者たちを描いた深い物語でした。とても好きな作品です。
 すでに何度も読んでいるので、今では景吾が自分のことを「オレ様ちゃん」と呼ぶのすら「可愛いっ♡」と萌えてしまうのですが、初めて読んだ時は「なにがオレ様ちゃんだよっ!あほか」と突っ込みを入れながら読んでいました。チーマーという存在に、粋がった子供じみたものしか感じなかったので、景吾にもハイジにも特に惹かれなかったのです。ところがホストの恭一郎と出会った日に、ビリヤードを教わった景吾が「ここ来たら、またアンタに会えっかな?」と別れ際に言った時の顔がすっごく可愛くて堕ちました。もうそこからは景吾LOVEですよ!恭一郎の前では無邪気な顔を見せる景吾が可愛いのなんのって!ハイジといるときも素直な物言いで、マスコットみたいに可愛いんだけど、なんせ暴力的な激しいSEXばかりなので、恭一郎と景吾のシーンにいちいち癒されちゃって、その分色々と裏がありそうなハイジが怖かった。ハイジはすごい執着を景吾に見せるんですよ。どんなに乱暴でもこの執着はやっぱり愛なんだろうけど、ほんとハイジ続き怖いよ。景吾は恭一郎との居心地の良い優しい時間を過ごすことで、ハイジとの関係を深く考えるようになります。
 景吾が何度もひどい目に合うし、その報復でハイジが相手をひどい目に合わせるので、全体にとても暴力的なのですが、景吾が踏みつけられるのに慣れている子なので、傷ついていないように振舞うことにとても心が痛みます。
 恭一郎がハイジを知っていたこと、そしてチーマー仲間のアキに恭一郎のことがばれて、景吾はどちらの前からも姿を消します。
 街を去る前に、働く恭一郎をみて涙を流す景吾が切なくて泣けます。つらい境遇で育ってきた景吾ですが、こんな涙を流したことはなかったんじゃないのかな。
 ハイジは若くて青すぎる。景吾への愛情が読者には伝わっても、景吾には伝わらない。
 ストーリーも面白いし、「オレ様ちゃん」景吾が可愛すぎて『神』です!
 気になるところで終わっているので、続編の『暴君彼氏』と合わせて購入することをお勧めします。

1

チーマーのボス(攻)×ヤクの売人(受)+ホストクラブオーナー(攻)

夜の街に生きる男達の三角関係が描かれる「6 UNDER GROUND」シリーズ1作目。

ドラッグの売人景吾はチーマーのカリスマボスハイジに飼われている。景吾がホストに強姦されたことを知ったハイジは景吾に対する独占欲を露わにする。景吾は変わっていくハイジを怖れ、ホストクラブオーナー恭一郎と距離を縮める。同じ頃、ハイジ率いるチーマーはホスト狩りを始め、ホストの雇用主である恭一郎はハイジと対峙する。

受の景吾は施設育ちの寂しがり。俺様飼い主ハイジに飼われている一方、物腰柔らかな大人の男に可愛がられたらゴロニャン♡と懐きます。ハイジは自分の正体を景吾に隠して付き合っているので、景吾の心が離れてしまうのは仕方ない気がします。

景吾がハイジから逃げたところで第一部終了。続編「暴君彼氏」に続きます。

攻のハイジはキチガイ系です。IWGPのキングが好きだった方にオススメ^o^

1

皆が皆葛藤している。

ぺらぺらと捲っていると、大体セックスばかりで、表現も露骨でそういういわゆる「ヤマなしイミなしオチなし」…的な作品かと思いきや、個人個人が悩み葛藤し苦しい中で生活している事が分かります。

主人公である景吾の過去であったり、ハイジの実の顔であったり、いかにも続編のありそうな終わり方であったり、恐らく妄想用といては大変完成されています。(笑)
皆様がおっしゃる通り、「続きそうで続かない」という感じです。
そのもどかしさも堪らないのですが。(笑)

此処まで言っておいてなんなのですが、やはりセックスの魅せ方ですねー。
ほんと濡れ場上手だと思います。
ただ暴力的なものもありますので、注意ですね。というか、全体的にバイオレンスな感じの世界観なので、なのかもしれませんが。

お気に入りのシーンは、景吾のうなじをハイジが撫でながら、「首輪つけてーなぁ」って言う所です。(笑)
細かいところの萌えを掴んでくる石清水先生ほんと好きです~。

1

景吾は人を信じることができるんだろうか?

題名の『6アンダーグランド』が示す6人の愛の世界。
主役となるのは、ヤクのバイヤーをしている景吾と、チーマーのボス・ハイジ、そしてホストの恭一郎
あと、景吾とハイジを取り巻く人々として、中華料理屋の朝陽、チームでハイジを慕うアキ、ほんの回想にしか出てこないが景吾に影響を与えた施設で一緒だったダイが絡んできます。
セックスと暴力が全面に出る作品なのに、さほどエロや悲惨を感じないのは主役達の生きざまのせいだろうか?

新宿を舞台に、そこを仕切るチームとホストの抗争。
チームのリーダーで謎の面を持つハイジと彼が可愛がる景吾の姿。
景吾とプールバーで出会い、ハイジと違った優しさで惹かれてしまうホストの恭一郎。
チーマーでもない景吾がハイジに愛されることに嫉妬するアキ。
そんな人間関係が、セックスを含む暴力で相手を痛めつけようとする姿は、BLで描かれるヤクザの世界より、幼稚である分凄惨で容赦がない。
でも、どんな目にあわされようと実直で汚れない景吾の姿は、純なものに映る。
だからハイジも景吾を手放さないのだと思う。
景吾もハイジが好きなのだとは思うが、彼のことを何も知らな続きいと気付いた時、本当に自分は愛されているのか疑問が浮かぶ。
そんな時優しくされたホストの恭一郎に頼ってしまうのは、ハイジにはない優しさゆえなのだが・・・
チームのリーダーであるハイジと、ホストクラブのオーナーの恭一郎、敵対する二人に関わってはいられないと、姿を消す景吾。
この先が・・・ない!!
知りたいのに~~~(涙)

利用できるものは利用しろと景吾に教えて去って行ったダイに、実は景吾は利用されていたと気付いたことから、人を多分本当には信用できなくて、際で逃げてしまうんだろう。
よりどころになる救いの人は周りにいるはずなのに。
そんな景吾の行く先が見届けたいのです。

3

今の世の中・・・

もともとマガジン版の途中から読んでいたのですが、馴れ初めを知りたくて買ってしまいました。

全体にシリアスな雰囲気が漂っていて、現代の新宿をおもわせるようなそんな作品です。薬のバイヤーである景吾(受け)はチンピラのボス・ハイジ(攻め)に気に入られ、時に暴力的なセックスを強いられながら一緒に暮らしています。
漠然とした未来への不安を抱いて過ごす景吾の前にホストのオーナー・恭一郎が現れ、ハイジにはない優しさに触れ心が揺れる。
ハイジとの関係に疑問を感じ二人の間で苦しむ景吾は恭一郎からもハイジからも逃げ出していくのでした・・・。

なんとも続きが気になる終わり方をしてますが、マガジンで読み終えた私としてはとってもいい作品だと思います。とくに景吾へのハイジの気持ちが痛いほどつたわってきました。

エッチ:★★★★☆  暴力的なHでかなり痛々しいですが、描写がリアルでエロいです!!
特殊プレイはありませんが強いて言うならローター入れ~のハイジ入れ~のってシーンですかね 笑
ホントに夜の新宿にいそうな人たちだなと思いました。

2

ううーん

方向性は米倉けんごさんの『イエローハーツ』路線と云うと
分かりやすいかも

登場人物の台詞や言い回しなどが若干滑ってて寒い印象を持ちます
今時しゃべりにしては…という感じです
これは作家さんのもしかしたら個性なのかな?とも思うんですが
やはり台詞やモノローグで説明してしまっていて話の展開が
突拍子ない印象を持ってしまう

危険なチーマー(?)のボスと有能なホスト(?)の間で揺れる
乙女系男子のお話で、歌舞伎町・新宿あたりが舞台になってます
薬や売春、クラブなんかの単語も踊り、そう言う方向が好きな人には
たまらないんだと思いますが、特に裏社会を描ききっているという
感じではなく、ライトなダークマンガと云う感じかもしれません

ただ絵に関しては背景もキッチリ描いてらっしゃるので好感がもてます
原作付のマンガなどで才能を開花させる作家さんなのかもしれません

1

刹那と暴力と

消して甘い物語ではない。
暴力とセックスを繰り返しその日を生きている。
その中に愛はあるのか……

雑誌掲載時に飛ばし飛ばし読んでたものをまとめて読めて感激です。
まとめるとこんな話しだったのねと(・ω・)
ハイジはもっと暴力的なだけだと思ってたんですが、そうでも無さそう。
逆に、景吾もお子様なだけでもないかんじ。
ホストのオッサンも気になりますね~
なんか続きそうなノリがすごく煮え切らない。
次いつ出るんだろ


過去現在
暴力的かつ強引な強姦シーン多々
苦手な方は見ない方がいいかも~とは思いますが、思ってたより完成度高め
個人的には好き
いつか解らない次への複線がきになってしかたない

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ