君を渡れば

君を渡れば
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
53
評価数
14件
平均
3.9 / 5
神率
42.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048540933

あらすじ

大学入学と同時に伊吹が移り住んだのは過去との交差点になってしまっているという曰くつきの大正時代から建っていると言う下宿。
そしてある地震の夜、伊吹の目の前に不意に現れたのは自分そっくりだった若き日の祖父に片思いしていたという萩沼と言う学生。
伊吹と萩沼はいつか思いを通わせ合う様になってしまい…。

表題作君を渡れば

萩沼義護:過去に生きた学生
御堂伊吹:現在の学生

その他の収録作品

  • 箱庭の恋
  • お手柔らかに
  • お嫁に来ないか?
  • 君をわたれば=Supplement=

評価・レビューする

レビュー投稿数7

隠れた名作かもw

永くほったらかしにしていました。暇だったので読んでみようと数年ぶりに読んでみると予想以上に良作でした!!評価は萌にしていますが、表題作は神に近いかもw
もっと時間をかけてゆっくりと単行本2冊分くらい2人のストーリーが描かれていたら神にしていました。しかし、そんなに気にしなくても普通に読めます。

個人的にその他収録作品はあんまり萌えなかった。かなり古い作品も収録されていたので絵柄がかなり違っておられました。やっぱり現在に近い方が魅力的です。

さてさて表題作は簡単に言ったらタイムスリップもの。
大学進学のために上京した伊吹は、古いアパートに暮らすことになります。そこで地震が起こりそれを機に現れた萩沼。彼は大正時代からタイムスリップして現れた人物で伊吹のお爺さんに想いを寄せていた相手。

実はその古いアパートには時々過去からタイムスリップしてくる人物がおり、やがては帰っていくということが度々あったみたいです。

萩沼は寡黙な感じ。タイムスリップしてきたことにもそう驚かないし、片想いしていた相手が所帯を持ったこともちゃんと受け止める。
伊吹はなんだかんだ言って最初はド続きギマギしてたけど一緒に生活することになります。ぎくしゃく気味だった生活も一緒に時間を過ごす中で互いに新たな感情が生まれ距離が縮まっていきます。2人が結ばれた姿の後に見える未来が最初からわかっている分読み進めるごとに胸が痛くなっていきます。

別れのシーンはホント必死に涙をこらえました。
しかしながらここで終わるわけではありません!!萩沼の子孫がこのアパートを訪れてきた際についにポロリといっちゃいました。なんとも言えないこの余韻がたまらなかったです。

書き下ろしもかなり萌えました。伊吹と萩沼の孫・護が海を訪れます。この理由も過去の延長線上です。2人がこの先どうなるかはわからない。でもこれを読んだ人は2人の幸せを願わずにはいられないんじゃないでしょうか?

過去と未来をこんな風に素敵に表現してくれてる作品はあまりないですよね^^
隠れた名作です。

2

タイムスリップモノ

表題作が一番良かった、オンボロアパートに住む伊吹〔受〕の元に突然に大正時代からタイムスリップして来た萩沼〔攻〕が現れる。
管理人のおじいさんはこのアパートではよくある事だと割りと軽く言ってくれたりと、ややコミカルめいた、けれどタイムスリップモノに付きものの切なさな時間を越えた恋愛。
それは時が来れば別れてしまうものなのだけれど、読後感は良いです。
コミカルさと切なさの匙加減のバランスがちょうど良かったですぞ。

執筆時期が2003年から2007年までと結構幅広いんですが、古い作品は同人にありがちな顔漫画なんだけどそれが段々と漫画として上手くなって行くのが分かってその変化も読んでいて興味深かったです、まだまだもっと伸びしろがある作家さんですな。

1

うう、切ない

表題作切ない~~。
タイムスリップものです。
大正時代から現代にやってきた男に惹かれてしまう主人公。
たった10日間の濃密な時間を過ごし、思い出だけ残して元の時代へと帰ってしまう。
プロットそのものはタイムスリップものとしてはすごくストレートで特別に捻ってるわけじゃないんです。でも上手いです。むしろそれがイイ。切ない。
ハッピーエンドじゃないんだけど、バッドエンドではないです。非常に爽やかな結末で、お互いのこれからの人生にとって、不可欠な10日間だったんだと思えました。
結末に暗示されてるのは新しい恋の予感かな。たぶんきっと、いや絶対。

『箱庭の恋』
二人の会話のみで構成されてる話。
でもすごく面白かったです。
つげ雨夜さんの描く攻め、カッコいい。

『お手やわらかに』
短っ!
鎖骨はお大事に…。

『お嫁にこないか?』
この話は微妙でした。
設定を生かしきれてない気がします。もうちょいギャグ寄りに話を作って欲しかった気が。

『君を渡れば SUPPLEMENT』
あああああ…
キュンキュンする。
表題作のその後(その前?)の書き下ろしです。
過去と現在にいるこの四人をもうちょっと見続きていたい。

2

心地よい余韻の作品

3話完結+同シリーズのおまけと短編が4編収録されているのですが、表題作が短編と比べ抜きん出て良作ですね。
短編4作は表題作より1~3年位昔の作品でページ数も少ないので仕方ないかもしれませんが。

他の方も書かれてますが、表題作はとても切ないです。
でも余韻は悪くありませんでした。
ずっと一緒にいられなかったのは切ないけれど、わずか10日に通ったお互いの想いは、二人にとっては生涯の大切な思い出になる。
奇跡のようなことが二人に起こったのだから、それは悲しむべきことじゃなくて喜んで感謝すべきこと、と思えば切なさも優しくなる。
そんな余韻でした。

2

君を渡ればレビュー。

どうしようもない時間の差と切なさに泣きそうになった。
この先生の作品はどれも可愛く可愛くまとめられていたので、読んでいてガツンと何かで心を抉られる感覚がありました。

タイムスリップ話。過去からきた攻は、主人公の祖父が好きだった。
そうか、あいつは結婚して子を成したかと主人公の祖父に片思い中の攻は自分の置かれた状況を冷静に受け止めつつ、恋心を痛める。
そんな攻に、ひょんな事からまとわりつかれる主人公。
まとわり…と言っても、過去に戻れる日までほっとくワケにもいかないので一緒に生活していきます。

そのウチ、惹かれ合って、いつか過去に戻るんだと判っているのに好きになって。
生まれた時代が一緒だったら良いのにって切なさにキュンとしました。

攻は結局自分の時代(過去)に戻ってしまうのだけど、その後その攻そっくりの孫が登場。祖父から預かったモノ(主人公が攻に渡した時計)を渡しにきてくれました。

時間の距離は大きいけど、どこかで繋がっている。想い合っている。
たとえ君が生まれていなくても、これから生まれる君を想っている。
そういう時間差が切ない話でした。

続きあと、攻の髪の描き方が凄く魅力的。つげさんはいつもキャラの髪に拘っているのでそういうトコを注目すると楽しく読めますよ。
ツヤベタ+カケアミとか、ツヤベタ+グラデとか、作業が細かいのも素敵。

2

逆順進行

タイムスリップものと言う観点から観ると、
表題作は異色な方であるのやも知れません。
過去から来訪し、些か違う形ではあるが
想いが叶ったとなれば恐らくそれ以上を求め
執着してしまうのが物語としては自然でしょう。
しかし、今作の来訪者は執着しない。
むしろ淡々と別れが来る時を待っている。
それは彼の矜持でもあり、また残された
受に対する思い遣りでもあるのでしょう。

子孫云々と言う設定にしても攻と受の祖父が
生きた時代背景を考えればごく自然の事です。
肉体関係を持つ親友も存在し、それと並行して
血族を残すという認識も存在したのでしょう。

番外編は攻と受の祖父との青春時代の一コマ。
そして受と攻の孫の邂逅。
日々はこうして続いてゆくのです。物語に
描かれなくとも。

併録作は自信家の画学生の気弱な恋・看病
してるのかどうなのかと言う学生同志のあまあま・
そして…一種の嫁取り物語(但し収拾なし)の三本立て。

2

相変わらず絵は吸い込まれるように

綺麗です(*´∀`*)ポワワ
古い作品も含まれるので、絵の差は歴然に見えたりしますが気にしない。

メインなお話。
タイムスリップものです。
爺ちゃんの事がすきなのだというオトコ。
爺ちゃんの若い頃にそっくりな自分。
同じ屋根の下で過ごした短くて長い日々。
オトコの向ける視線は熱く。
引かれていく自分が居た。
しかし、2人はけっしてすれ違うことのない時の人間で・・・・・


切ないですつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
結局想いが通じ合ったとしてもいつかは戻ってしまう。
会う事も再びできるかどうか。
結末として~な話。
ちょっと運命を感じたものの、
相手の気持ちとか、背景とかを考えてしまってさらに切なくなってしまいました。
言ってちゃキリがないのは解ってるんだけど。

珍しく、エロ度が高い作品。
その後の話が読めたら嬉しい

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ