優しい偽者

優しい偽者
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784592875109

あらすじ

ゲイの伏見紀亮は会社の後輩の石塚史靖に呼び出され、上司との愛人関係を解消するよう頼まれる。これは上司の妻の策略らしい。トラウマのため上司に恋愛感情を抱いていない伏見は、あっさりと別れてしまう。罪悪感を覚えたのか、石塚は心配して伏見に付きまとってくる。そんな石塚を虐めたくて、伏見は「なら恋人の振りをしろ」と持ち出すが…!

表題作優しい偽者

会社の後輩の石塚史靖
ゲイの先輩伏見紀亮

評価・レビューする

レビュー投稿数1

眼鏡をとって、裸になったらすごいんです!笑

ビジュアル的に、はだかに黒縁眼鏡とか、前髪が顔を隠してるよれよれのサラリーマンって、逆にわらえますが。。
年上美人受けです。眼鏡をとって、裸になったらすごいんですの世界でした。(笑)
恋愛にトラウマがあって、素直に人を好きになれないし、そういう感情を楽しめない伏見が、いつの間にか石塚を好ましく思うようになり、でも自分との関係がしられて、石塚の将来にキズがついたらいけないと、わざと冷たく突き放すあたり、胸がきゅーんですね。
不倫相手の上司も結局伏見に未練たらたらで、嫌がらせはこいつかもって、読者も勘ぐるようにし向けてあるのが、上手ですね。
でも、もっと精神的においつめられ、きりきりしてほしかったですが、仕事にも生活にもあんまり意欲のない伏見ですから・・
石塚とのたった一つの接点であるこの仕事だけは、決してやめないぐらいの瀬戸際さを見せてくれたら、おいしかったのにねえ。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ