くちびるの行方

kuchibiru no yukue

难以抉择的吻

くちびるの行方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
53
評価数
16件
平均
3.5 / 5
神率
31.3%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862631596

あらすじ

中学からの親友・宗司に抱いていた想いに、彼の突然の結婚で気づいてしまった裕輔。同じ会社で働く彼を避け続けてきたが、二人を追って、後輩の昌人が入社してきて・・・。連載中も話題沸騰のトライアングル・ラブ!彼らが選ぶ十年目の答えは―――?

表題作くちびるの行方

親友・久我山宗司・25歳 ※後輩・沖津昌人
笠原裕輔・25歳

その他の収録作品

  • フリートーク
  • くちびるの行方~その後~

評価・レビューする

レビュー投稿数5

三角関係

大和名瀬さん作品は基本的にどれも好きなんですが、これはイマイチでした。
大和名瀬さんはコメディのほうが好きだなァ。

三角関係なんだけど、みんなイライラする偽善的な行動をとったりセリフを言ったりするから、フラストレーションがたまっていきました。
「みんないい人」っていうトライアングルはけしてキライじゃないんですけどね…。
正直当て馬くんと結ばれたほうがいいなと思いました。それなら主要キャラ三人ともを好きになれたと思う。
だからといって当て馬萌えもしづらい作品だというのがナントモカントモ。なんだろう、突き放しが足りない感じ。
ラストはあたたかさよりぬるさ気持ち悪さを感じました。ここで当て馬くんをきっかり孤独な状況にしてくれてたら、当て馬萌え!ってなれたかもって思いました。

2

リーマントライアングル

三角関係ものですが、奪い合いの愛憎ドロドロではありません。
裕輔(受)を攻の宗司と昌人で譲り合っているような、優しい感じです。
しかしこういうお互いの譲り合いは、かえって残酷じゃないかと、
読んでいて思いました。

宗司・裕輔・昌人、三者三様の葛藤が丁寧に描かれていて、
萌えシチュエーションも満載。切なさも感じます。
ただ昌人以外の二人は、本命にぶつかるのが怖くて、
安易に逃げてしまうんですよね。
その逃げ方が、私はあまり好感が持てませんでした。
そしてあまりにも予想通りなオチで、拍子抜けしてしまって……

私は当て馬である昌人贔屓だったので、やや辛口評価になっていまいました。

5

結局

どっちにつくのかって言うのが解りやすいかな~と思っていたんですが、想像以上に巧く仕組まれておりました。
見事に踊らされた(´∀`)
お話はといいますと、メイン受である裕輔くんには、学生時代からの友人・宗司くんがいたわけです。何かといえば気があって、一緒にいるのが楽で、同じ会社にも入った。
このままずっと側にいるのも悪くない。そう思った矢先、なんと宗司くん結婚。
そこで、自分が実は宗司が好きだったということに気づくわけですね。
だからこそ側にいることに耐えられなくて一度は離れたものの・・・・諦めきれない場面に再びの再会プラス、自分達によく懐いていた後輩・昌人まで現れて。
あげく、その昌人は裕輔が好きだとストレートな気持ちをぶつけてきた!!!
どうする!?どうする!?どうする~~ぅっ!!

結局は、そっちに戻っちゃうのか。というのが最終的感想ですが、強姦まがいでも身体をつなげられた場面は萌えました。ウマww
その後、尻の穴が痛くてもだえる姿にさらにときめいたwww
案外ケロっとしてる子最近多いですからね(*´Д`*)ウム
子供が出来た!?のシーン。巧い事騙されました続き。騙されたというよりかは、無駄にちょっとセンチな気持ちになった。

今度は、後輩君の話が読みたいですね~wカップルとして

3

当て馬に心奪われる・・・


三角関係が最近好きだったので、見てみましたが…。
親友・宗司と主人公の裕輔カップルよりも、後輩の昌人と祐輔の方に萌えて萌えて…。
良い攻め方をされるんですわ、昌人さんが///
いっつも三角関係の話だと当て馬の人を好きになってしまう傾向が自分にあるのですが、それに引きずられたまま話は終わってしまうので中々楽しめない…;
ただ10年も掛かってしまうものかな?とは思いました…長すぎる……。
オチはかなり良かった。昌人はイイ当て馬キャラです、幸せにしてあげたい……。
先生の作品傾向はギャグですが、今回は完全シリアスストーリー。
多分二度と書かない…って…そんな勿体ない!と思う程、お上手でした;
是非また描いてほしいー。

3

絶妙な三角関係のバランス

「くちびるの行方」「くちびるの行方~その後~」(描き下ろし)⇒久我山宗司or沖津昌人×笠原裕輔 ≪三角関係 切ない 年下攻め 健気≫

すご~く面白かったです。元同級生の2人と後輩の三角関係の話なのですが、裕輔が最終的に誰を選ぶのかラストの方までホントに読めませんでした。普通に考えれば宗司×裕輔で昌人は当て馬だと思うのですが、宗司が既婚者でおまけに途中で妻が妊娠!?、昌人が当て馬にするにはおしい程のキャラという事もあり、切ない三角関係の展開にハラハラしました(ちなみに私は昌人派)。

結末は………。うん、納得です。でも失恋してしまった“彼”にぜひ素敵な出会いを作ってあげてほしいです(そしてそれを読みたい)。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ