正しいムスコの育て方

正しいムスコの育て方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862631602

表題作正しいムスコの育て方

義理の息子・結生也
官能小説家、散里

その他の収録作品

  • 永遠の輝きを貴方に
  • やめてよそして囁かないで

評価・レビューする

レビュー投稿数2

攻め様のタイプは好き

雑誌b-boy LUV 16号で表題作を読んで、このシリーズ全部を読んでみたいと思い、単行本で読んでみました。
単行本では初読み作家さんだったのですが、この作家さんのこれが初BL単行本だそうです。
以前は少女誌に描かれていたそうですが、長年男性同士のラブ&エロスを描かれたかったそうです。
そう仰っているだけあって、ラブもエロスも激し目かな~と思いました。

表題作は年の差カップルで義父モノです。
結構好きな設定なのですが、攻め様が一見俺様に見えるんですが意外に優しく(でも怒った時はちょっと怖い 笑)、年の差を気にして精一杯大人になろうとしているのが健気でした。
全部で3話もの。後半2話にはライバルが登場して、攻め様がその度頑張ってます(笑)。
受け様が過去の遍歴を考えるとちょっとフラフラしそうで、安心できないんですが、ラストはそんな受け様も頑張りを見せてくれたので良かったかな。

同時収録は2作品。
外国を舞台にした時代物の主従モノと、高校の先輩x後輩モノです。
指輪のエピソードは素敵でしたね。思わずグッときました。

先輩x後輩モノは学校一カッコイイ先輩と続き漫研のメガネのオタクの後輩とのお話。
もう少し先輩の心情の変化が見られたら良かったんですが、このページ数だと仕方ないかなぁと。
それにしても、私、最近ドラマCD聞いてないんですが、この作品読むとなんだか聞きたくなってきちゃいます。
そんな感じの作品でした(ネタバレになっちゃうので余り詳しく書けなくてすみません)。

1

表紙には軽くだまされた

なぜか抱きしめている攻めの方を官能小説家だと思ってしまった件。
これで、高校生なんですよねぇ・・・

まず、話のよーいどんの段階で官能小説家でショタ顔の散里が熱があるのに仕事をするためにのっけからオナニー・・・なんと煩悩溢れる物語の開始か。
そんなただれた少年顔の小説家は息子、結生也に欲情してしまうことを思い悩み、乳離れすることを決意、息子は出て行ってしまった。

でも実はもうとっくに結生也の方は喜ばせたいと思ってた。そこでホストになるべく一寸訓練したら男女不問で死屍累々w
母親がSMの女王で育ての父親が官能小説家というエロのサラブレッドだけあって、大変エロく育ってる。
そして初めての仕事はなんと散里、そして野外プレイ・・・(汗)

それでやっと体結ばれたと思ったら、さすが余りにも過去からただれていた散里。
三者面談をすれば先生は同じSMクラブの常連客、モデルのバイトはじめた結生也が社長が挨拶したいとつれてくればそれは伝説のAV男優バズーカ秋尾。散里がファンレター送りまくった相手・・・
エロい当て馬としては申し分ありません。しかもこの秋尾、妙に結生也に似てるなぁ続き、キャラの書き分けに失敗でもしたのか?と思ったら、そういう結論なんかいっ!と
彼によって結生也が本格的に父親離れして散里を恋人にクラスチェンジするために必須の父親的存在になった・・・かなぁ。まだ波乱含みですが。

まぁ、親子と言っても義理の父親モノで年もそれほど離れてないので親子に地雷があっても読めるんじゃないかなー。

同時掲載された宝石職人と貴族の話「永遠の輝きを貴方に」もなかなか。
跡継ぎとか考えて(割合普通の考えだ!)愛してるけど身を引いた宝石職人が残した「男物の」指輪の宝石の組み合わせが素敵過ぎる。

とにかく軽いSMが地雷じゃなかったらすっきりした筋肉のなかなかぶまい本です。

この方、これが唯一のコミックみたいですね。
作者買いされなかったからあまりレビューとかされてないのかな?
長い迷走をえてBLにたどり着いたそうですが、通過の過程の少女漫画で「ぐげっ!」て感じのする古臭い女の子を書いてたんで、ぜひこの世界で楽しく過ごしていって欲しいです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ