破廉恥のススメ

harenchi no susume

破廉恥のススメ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
29
評価数
8件
平均
3.6 / 5
神率
25%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862631633

あらすじ

幼馴染みで侯爵家跡取りの華村正嗣と高倉國臣は美少年を見つけてはどちらが先に落とせるかという賭けに興じ、帝都に派手な浮名を流す日々。
ところが好敵手・正嗣を見つめる國臣の視線が次第に情熱的に・・・!?
美男子二人の人生を左右する壮大な賭けの行方やいかに!?
描き下ろし後日譚も収録した大正ロマネスク決定版!!

表題作破廉恥のススメ

侯爵家嗣子で貿易会社社長 高倉國臣・24歳
侯爵家嗣子の放蕩息子 華村正嗣・25歳

その他の収録作品

  • 第一話~深窓の令息~
  • 第二話~高潔の王子~
  • 第三話~春を売る少年~
  • 第四話~幼馴染み~
  • 第五話~運命の人~
  • 破廉恥のススメ~その後~
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

大切な人はすぐ傍にいた。

大正時代ってところがな~んともビッミョーですがw
なんで大正時代なんだろ…。たった15年しかなかった大正時代ですが。

放蕩息子二人がつぎつぎ好みの美少年を見つけて、どちらが先に落とせるかゲームをする。
おー!ビッチ受けってキャラはありだが、あっちこっち食いまくる攻めって…
意外と新鮮であります。

そんなわけで、
まずはお堅いお坊ちゃま
天使の歌声を持つプリンス
遊郭の男娼
…といろいろな美少年が二人にワシャワシャと食われていくわけですが
結局、どれも恋には発展しない。

実は…放蕩息子二人は秘かに相思相愛なんです。
あー、チルチル・ミチル青い鳥な話ですねー。

にしても東野先生、体の描き方、性器の描き方がすんげーうまい。
梶本潤、黄河洋一郎のほかに自分のストライクゾーンなHシーン&体描ける人がいるとは思わなかったっ!
東野先生は挿絵は何度か見た気がするんですが、顔の描き方やプロポーションにくせがありますからね…。でも、コミックまるまるとなると話は別です。
また、攻め方はスタンダードな感じなんだけど、受けの恥じらいと乱れに揺れまくる表情がいい。

1

浪漫と破廉恥

侯爵家の御曹司、元武家の家の國臣と元公家の家の正嗣。
お互いが一人の標的を見てどちらが落とすか競い合ってるうちに恋心に気付いて・・・とかそういうストーリー。
大正時代って男色という意味では一番退歩した時代で、そう考えると???なんですけど。

どっちも明らかに攻め顔で実際前半は二人の攻めシーンがHのキモなのですが、話の主体が國臣×正嗣の本題に近づくと自然に正嗣側の表情が受けるエロさを醸し出してくるところが表情づくりうまいな・・・と思わされます。

とにかくどちらの身のこなしも優雅でありながら剛健で、男らしく耽美に酔わされるという意味では文句のつけようがありません。
エロシーンにおいても局部の形に描き方がいい感じにリアルで、この方は妄想でなくちゃんとデッサンしてそうだな・・・と思いました。
あと、時代背景もまさしく大正ロマン。少々時代がかりつつもモダンっぽさもあり。上流描写もおしゃれ。エッチシーンもほどほどにあってえろい。

というわけで本当は神にしたいところなんですが、あっちゃぁな出来栄えの1コマ2コマが私に神を躊躇させます。
それはとても少年には見え続きない二人の幼少時代の描写。スタイルがいいまま、肩幅があり、顔が長いままで大きさだけ小さくして少年時代はない。これじゃ
「子供のコスプレをした変態オヤジ」
に見えてしまう・・・orz

というわけで、たった2コマのイメージが残念な本でした。

0

東野さんは羞恥プレイがお好き?

いや~東野さんの本て書店では買いにくいですよね(汗、、)
題名に「破廉恥」なんてつけられた日ににゃ~・・・まだカタカナでないだけいいけど。
裸表紙と同じくらい恥ずかしいわっ!

ということで、華族の幼馴染み御坊ちゃま達が、恋愛ゲームをしながら、その実は・・・な タチ×タチ の男前バトルを見せてくれるお話?でいいのかな??
真面目に受け取っちゃうと、とっても陳腐な世界なんだけど、何だか東野作品というだけで許せちゃうから滅茶お得v
おい、いきなりそこかよーー!みたいなツッコミは問答無用!が潔いw
美男子2人のくせに、どのお話も引っかけた相手のアテ馬もしくはステップアップの踏み台となる、まるで扉を開いてあげるような性の指導者(?)みたいな役割になっちゃうところが、また宿命といえば・・・
だから、くっつくのはこの二人でというのが一番ガテンがいくw
本来タチ同士の為、そんな攻防もあるのが面白いデス。

それにしても一歳しか違わないのに、幼少時の体格の違い!
しかも子供の國臣ってば大人にしか見えないのにあのサスペンダーが(爆!)←皆さん、突っ込んでますねww
あと、男娼の続き廓にいる少年のガタイのよいこと!
國臣の持つビリヤードの棒の太くて長いこと!
とか、思わずニヤニヤとしてしまう面白さ(っていうの!?)
もあるけれど、それでも評価は悪くない。
何か好きなんですよねー、、ある種の潔さだわww

0

次から次へと…まぁ

基本、時代ものが好きだ!
大正ロマネスクだって。
3ピースのスーツ、乗馬ブーツ、オペラグラス…などなど。そんな時代アイテムに萌!!
 
幼馴染の二人がどちらが先にターゲットを落とすか。っていうお遊びが前半部。
後半部はそのうちの一人が本当の愛に気づき…結局その幼馴染のお二人がくっ付くわけだけど。
1冊通して、この構成?好きよ。
やれやれって感じでお遊びの決着がついて、最後のページ……次のターゲットが駆け込み乗車のように登場するわけよ。そのお約束加減が好き。
だいたい、体当たり(笑) 主人公たちが乗ってる馬車なりにぶつかってきて「君、大丈夫!!」……次回、待て。みたいなwww
……なぜか、こんな場面が印象的。どうてもいいですねw
 
あと、読んでいて凄く気になったのは、幼馴染のこの二人は1歳違いなはずなんだけど、子供の頃の描写がなんかウケル(笑)
表紙の黒髪が歳下。サスペンダー付けて半ズボンなんだけど、顔がなんかオヤジ!(いや若いけどね。気分的にオヤジ) 子供っぽくねぇ~んだよ。これが。
身長差もなんか変な気がする。20~30cmくらいありそう。1歳しか違わない続きのに。
なんだろね、下克上的なイメージつけたかったのな。こんなに小さかった歳下君が攻めになっちゃったよ!って。
 
ていうかさ、遊郭ものはさ…ガタイのいい男が幅広の帯を上の方で締めちゃったら駄目じゃない?キモイ女装にしか見えん!
既存の遊郭ものが理解できん。
誰か、男気溢れる女郎(男娼)知りませんか?
 
面白かったよ!
オススメ

2

甘楽

>もこサン
ですよね!
大人が子供の格好してるみたいで(笑)

もこ

そう!サスペンダー
あれは笑った(ノ∀≦*)
似合わなすぎて(笑)

破廉恥という言葉だけで。。。

ずっと絵的にさけがちな作家さんなんですが、なんだかんだでツボをつくのがうまい作家さんだとおもいますw最近のものは絵柄も見やすくなってきて注目度は高いw
今回は、攻くさい二人が、性的に競争するところからはじまる お話。
どっちが先に相手をモノにするのかを競っている二人。
しかし本当は・・・!?
二人ともに、別の相手のとのカップリングなエチシーンがある。
しかし、黒髪くんは実は白髪くんのことが好き。
各短編で読みきりてきな前半からのもっていきかたもウマ。
「俺が抱かれるのか?!」な動揺を見せた後。結論抱かれてしまうわけですが、そのもってゆきかたも好きです。
頬を真っ赤にした受顔がかわいいwwしかも覚悟してパンツはかないとか!!!
おまっwwどんな誘い方だよ(*゜∇゜*)トキメクジャナイカ!
数々の男を抱いてきた男が、初めて男のモノをくわえ込む。
アングル含めて良い。小さいころから張り合ってきた二人の結末。
なんて素晴らしいw

2

破廉恥のススメ

●あらすじ●
幼馴染みで候爵家跡取りの華村正嗣と高倉國臣は美少年を見つけてはどちらが先に落とせるかという賭けに興じ、
帝都に派手な浮名を流す日々。
ところが好敵手・正嗣を見つめる國臣の視線が次第に情熱的に…!?
美男子二人の人生を左右する壮大な賭けの行方やいかに!?
描き下ろし後日譚も収録した大正ロマネスク決定版!!
(紹介文より)

★感想★
毎回の賭けが面白かったです♪
とっかえひっかえですが 笑
色んな美少年が食べられていきますvv
一番キタのが後半の主人公のお二人!!
どっちも攻なのですが、正嗣が逆転して萌えました!!
色気ありすぎいい~~! ギャップがvv
このため評価が神^^
それから國臣が情熱的でスーツ姿も本当にカッコよすぎますvv
お手軽に楽しめますよ♪



2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ