喜劇は恋で進化する

kigeki wa koi de shinkasuru

喜劇は恋で進化する
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
13
得点
74
評価数
24件
平均
3.3 / 5
神率
29.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784902671902

あらすじ

転々とヒモ生活を送る、波根はじめ22歳。
行き場をなくしたある日、目覚めると下半身は丸出し、ベッドに血痕、ケツは激痛、双子に連行!!
まったく身に覚えのない波根の前途多難な新生活の幕開けだった!

個性的な大人達に振り回されながら、優しさだとか愛だとかを知り、少しずつ成長していく様をコミカルに描いた、エロかっこ可愛い阿仁谷ユイジのオール書き下ろし初コミックス!
(帯より転記)

表題作喜劇は恋で進化する

イケメン双子の馬鹿な方・野間良二
性格と酒癖に難あり・波根はじめ・22歳

同時収録作品ラスカルの進化論

稲垣道六/高校生
野間良二/高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数13

優しさは伝染する

なんて素敵な表情なんだろう…
表紙画とカラー口絵を見て、そう思いました。
そしてこれが初作品とは、恐ろしい。

主人公・はじめは、仕事なしのヒモ男の22歳。
いわゆる世間からドロップアウトぎみな若者。
そんな彼が双子の良二と三善に出会い、なんとなく仕事を手伝い一緒に暮らしていく話です。

誰からも愛される三善、そのおかげでちょっと損しちゃう良二という配役は、
某有名野球漫画の和也と達也を思わせます。
どちらも魅力的な部分とダメな部分とがある。
性格はまるで違うとしながら、彼らの他者を受け入れる懐の深さと愛が、はじめの心を溶かしていったのだと思います。
これまでのはじめは自分も周りの人も大事に思えなかったでしょうに、
彼らに恩を返したいと真剣に思える、そんな風に自然と変わっていけたのはすごいことですよね!

受け攻め関係なしに、相手を可愛がりたいとする蕩けるようなHも素敵。
実はアへ顔ってそんな得意じゃないんですけど、彼らのすごく気持ちよさそうな顔にはやられました。

そしてテンポのいい場面展開も、コミカルな部分も(クララってw)この作品を盛り立ていて続き、見逃せない要素。
しかし何よりも根底にある、人と人との繋がりの暖かさに心を持っていかれました。

3

ダメ男の生活

 働くことが嫌いで、女に養ってもらっているといったほうがいいような生活を送る波根はじめは、酒の勢い余って男と一夜を共にしてしまいます。

 その後、その一夜と共にした男、三善と良二の案内で彼は、派遣会社のデーター入力の仕事をすることになるのです。

 最初はその仕事さえ逃げの姿勢で取り組んでいるのですが、ご飯と酒、セックスになると彼の本領発揮です。(笑)
 
 はじめのやんちゃっぷりがそのまま描かれているのですが、こういう無謀とも言える生活ができるのもきっと若いうちだけ?などと思ってしまう作品でした。人の欲望そのままを具現化したら、はじめにたどり着くのかなと思ってしまうようなキャラクターでした。

0

ユイジさんならではの作品

何の作品から好きになったのか記憶にないのですが
ユイジさん好きです

女性が出ているのは嫌いなのですが
ユイジさんの描く女性がは、優しくて
グラマラスで可愛いです

この作品は、転々とヒモ生活を送る
若い男の子の話です
一見モテモテの華やかな生活?と
思ってしまいましたが作品はぐちゃーーーとしてます

好みが別れるかなと思いました
エロはユイジさんの作品恒例ですが
この作品はまず、だらしなさが
つまっている感じがしました
だらしない表現がうまくないかもしれませんが

汚くはないのです
だらしないなーもう!でも、仕方ないっかと
許せる部分、諦める部分がまざっている
そんな気持ちを読み終わった後感じました

0

あっちにフラフラこっちにフラフラ

フラフラしてもいいんですよ!でもね、私が許せないのはですね!
妻帯者に対してフラフラはいかんよ!ってことなんですよね。

波根くんは流され易過ぎでしょ!
まるで春の小川に流れる笹船のごとく
軽やかに流され過ぎでしょ!!!

ちょっと優しくしてもらえたらそっちにフラフラ~って
だめだよ!!!それが感情移入できるような
ときめきの状態ならまだしも
良二で充分じゃないの!!!何処がだめなんだい???

お互い気持ちが通じてからのセックスのが
エロいと思うんですけど、エロから入る情だと
どうもこの流れだと薄っぺらいです。

0

初単行本とは思えない

初単行本だそうですが、そうとは思えない程に既に個性がしっかり確立してて、更に冒険もガンガンやっちゃってる。
むしろ手馴れた手管さえ見せられる様で、ほえーーって感じです。

女のヒモ状態だったのを追い出された羽根が、処女と引き換えに拾ってもらったのは双子の兄弟と、彼らが働く人材派遣会社。
行くあてもない羽根はその会社で働く内に、双子の片割れ、三善に惚れてしまうのですが彼はなんと既婚者。
あっさり失恋した羽根に構ってくるのは双子のもう一人の良二の方。
流され体質の羽根は良二とまたセックスもしちゃって。
酔っ払うとすぐにダメになっちゃって。

ユイジさんの描く泣き顔は、涙も鼻水も出ちゃってみっともないんだけどそこがたまらなく可愛くて、なんて人間らしい愛おしい泣き顔なんだろうといつも思う。いつも。

2

うん、なんだか暖かい

私も「コンビニ」から読んで阿仁谷ユイジさんを知ったんですが、この本が初コミだったんですね。皆さんのレビューで初めて知りました。そうですか・・・思えないなぁ。

この作品もなんだか心が暖かくなる作品です。
ダメダメな主人公がいい人たちに出会って、自分の居場所を得る、というね。
これだけ聞くとよくあるお話かもしれませんが、阿仁谷さんはそれに二味も三味も加えて味わい深いものにされています。
語り方も上手くて、心に残ります。
読後、ホ~とする一冊でした。

2

酒は飲んでも飲まれるな

東京漫画社さんのMARBLE COMICSシリーズは、外れが少ないので「当たりじゃ無かったとしても退屈はしないだろう」程度の軽い気持ちで購入したのですが。これは。

「やったのに覚えてない」はともかく、「惚れたのに覚えてない」というシチュエーションは妙にツボです。
最初に結論があって、徐々に過程が出来て、最後に切っ掛けが露呈する。この起承転結を逆さにした構成の妙で、グイグイと、あっという間に作品世界に引きずり込まれて一気に読み上げてしまいました。
攻めがいい男なのに最初はダメっぽく描かれていたり、受けが最初から最後までダメだったり(笑)、キャラの個性や絡み合う人間関係が、ドロドロなようで実はあたたかくて、ぬるま湯のような心地よさ。

なにげによつばさんのキャラがいい味出してると思います。
個人的なツボなのですが、いい味の女性キャラがいるBLは当たり感アップです。

1

彼女に振られ、家と彼女を一度に無くした夜。
そして翌朝目覚めると、惨事!!とう話ですwww
彼女と家そして、処女まで喪失してしまいましたが・・・俺は一体!?
な、話ですね(笑
もう笑うしかないでしょう。

そして、目覚めたはじめ君の目の前に現れたのは、美形な双子=良二と三善だった。あれよあれよというまに始まった双子との生活。
はじめ君は、記憶がない夕べのことがまだ気になって仕方がありません。なにせ、美人で優しくて、・・・俺・・・「三善さんだったらいいかも」

つか・・・「クララがたった」・・・お兄さん!!
なんか・・・良く使われるネタだと思うんですけど・・こんなところでこんなネタに再会するとわ(o_ _)ノ彡

そして月日が流れ、仕事にも慣れ、“いいかも”だった三善への恋心は育ち・・・育ち・・育ち・・・

“生まれて初めて自分の方から人のことを好きになった、みよし君が好きで・・好きで・・多分やばいくらい好きで”

ここのはじめ君は可愛かったです。
だって、女の子をとっかえひっかえ、ヒモでダメダメだった男がですよ!?純粋に男を好きになってしまうなんて・・続き・すごく・・・可愛いじゃないですか!!
しかも、自分を犯したと思っている男ですよ。
クララを立たせてるどころの話じゃないですよ!!!?
ひや~かわいい。

で、結論

「みっ、みよし君っ!おれとつきあってっ!!。゚(゚´Д`゚)゚。」
「えっ、うそごめんっ!!それは無理っ!!!Σ(゜ロ゜ノ)ノ ヒィィィィ!」

この温度差の表現も面白かったですが、ぼうそうぎみの、はじめ君と驚きを隠しきれない三善さんの掛け合いが滅茶苦茶おもしろかった。
というか、ちゃんとツボをわかっておられるなというかね。
・・・むしろ、ここまで崩して書けるって才能だと思う(笑
ほら、わざと崩した絵をかくとか・・・ホントウは上手いのにこんなふうに描くとか・・え?違う?

ようは、それは勘違いで、実は・・という流れ。
コミカルなタッチなんですが、皆がみんな一生懸命ですごく魅了される作品です。
久しぶりに、凄い作家さん見つけたw
という衝撃作w

5

初コミ

ユイジ様の初コミー

初コミだなんて思えないすばらしい作品。


ヒモで酔うと記憶がなくなるなんて、どれだけ最低人間なんだと思いましたが、

結構好きになってしまいました。


女の子キャラが可愛い


オフィス・ラブいいですねー


4

はちゅコミ

ユイジさんはコンビニから知ったので、

後からみたのですが、

完成度高いっっ

ふにゃってした顔が可愛いっ

こんな仲の良い家族いいっ

酒ぐせ悪いし、遊び激しいけど、帰れるうちができてよかったなと思いましたっ。


良二がかっこいいっ


女の子も可愛いし、大好きです。


秘書の子もっとみたいっ笑っ


初コミなんて思えない、可愛いさに、面白いさに、展開が大好きです。

是非読んでみてください。

2

アホォな主人公を愛でるが吉

萌萌萌。(MAX:萌萌萌:めちゃオススメ)
双子の片割れ・良二×アホというか最早ダメ人間・はじめの、ぐだぐだ恋愛です。
ヒモになっては追い出され…の繰り返しをしてきた正真正銘ダメ人間はじめが主人公。
どのくらいダメかっていうと、働かない頑張らない酒癖悪し女大好き下半身ユルユル男!(はじめにかかる素敵な修飾語)
こんな最低男を、憎めない可愛い男にまで昇華させてしまっている阿仁谷マジックに拍手喝采。何というイリュージョン!ス○ーファイヤー!!笑

そしてそんな最低主人公のバージンを酒の勢いでゲットし、仕事と住む場所まで提供する甲斐甲斐しさを見せるも報われない、ちょっぴりかわいそうな良二。
この男も割とアホキャラなので、気兼ねなく良二の不憫さを笑えるところが素敵です。
この二人の意外に真面目で純情な恋を、小ネタを挟みテンポよく、楽しく可愛くアホォアホォしく展開しています。

ダメ人間なのに愛でたくなるのは、はじめが無気力方向にダメなんじゃなくて、人生を楽しく謳歌して生きたいという心底アホな陽気さが大きい…というか、作者のダメ人間への愛が大きく根をはっているからなのでしょう続きね。
読後に味わう幸せ感に100ポイント!
こんな自分でも大丈夫、と不思議な安心感が得られました。笑

「ラスカルの進化論」
良二の赤っ恥青春記です。後の良二の会社の社長・稲垣と良二の秘めた(?)過去。
キンパツ、喧嘩、セックス、そんな若気の至りづくしの青い春が目にシミます。
ちなみに良二は受けてますので。
休憩中、お茶請け代わりに良二の青春記を聞いたはじめは大爆笑してましたが、それでいいのか恋人よ。
でもですね!どうせならはじめと良二の話が読みたかったデスよ。
イマイチ稲垣に萌えられなかったのが悔しいゼ。生え際のせいかな…笑

~独り言~
クララネタに親近感。

4

リバ(^O^)/

主人公の波根ちゃんは、今までひもとして女の子の家を転々としていた。
だけど、その日はフラれてやけ酒をしていて
次の日目をさますとうっかり掘られてて…
しかも記憶がない!
双子の紳士なみよしとおばかな良二、どっちとやったんだ!?


みたいな内容です。
確か初コミですよね?
初コミにしてはすごい!
才能を感じます(笑)

波根ちゃんがお風呂でひとりでするシーンがあって、そこがお気に入りです。
可愛い!

リバ苦手な方は、良二受けの話しがあるので要注意です。

わたし的には切なくて大好きなお話なんですがね。

2

攻の感じている表情が◎

「喜劇は恋で進化する」第1幕~第4幕 ⇒野間良二(双子の兄)×波根はじめ(宿なし 酒癖悪い)「ラスカルの進化論」⇒野間良二(高校1年)×稲垣道六(高校3年)

この作品は阿仁谷ユイジさんの初・商業作品のコミックス化ということですが、私はその後の「ミスターコンビニエンス」という作品から先に読んでしまったので、そちらに比べると絵の感じとかがやっぱり前の作品だなぁとしみじみ納得してしまう点はありました。でもこの頃からHシーンに関して独特なエロさは顕在だったんですね。受のエロ顔はもちろんですが、それに加えて攻の感じている顔もちゃんと押さえているところが、私にとってはかなり萌えツボを刺激されました。でもラブの部分がちょっと薄い感じなのが残念だったかも。まぁなかなかそういう雰囲気になりにくいキャラだったので仕方ないかもしれません。

番外編の「ラスカルの進化論」は高校時代の良二と、本編では良二の双子の弟の嫁よつばの兄(派遣会社社長)として登場していた稲垣の過去編で、ヤンキー同士だった二人の関係は友情以上恋愛未満な感じなんですが(でもエロいことはしてる)、本編で思わず波根がヤキモチを焼くほど続き仲良しな二人の原点を知ることができて良かったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ