北アルプスのピュアラブ

白の彼方へ

shiro no kanata e

白の彼方へ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
34
評価数
9件
平均
3.9 / 5
神率
22.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784576070599

あらすじ

北アルプスで山荘の管理人を務める朝陽の前に、死んだ恋人そっくりな、新人山岳警備隊員の塩見が現れる。……せっかく長い月日が記憶を薄めてくれていたのに。やっと、いないことに慣れてきたのに。平穏な生活を望む朝陽の前に突如現れた、無視できない存在。心をかき乱され苛立ちを覚える朝陽だったが、一目ぼれしたとひたむきに想いを寄せてくる塩見に次第に惹かれていく。愛する人を再びなくすことの怖さから、朝陽は塩見を拒み続けるのだが―。書き下ろしはベテラン山岳警備隊員の浅田とツンデレ美人医師・間宮の『青の果てまで』&カップル四人のその後を描いた『山小屋の怪』。

表題作白の彼方へ

山岳警備隊員 塩見岳(24歳)
山荘の管理人 伊澤朝陽

同時収録作品山小屋の怪

同時収録作品青の果てまで

浅田崇文 山岳警備隊員
間宮拓未 立山センター診療所医師(29歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

当て馬の方が好き

山岳ものを読むのは二冊目、真崎さんの作品自体は三冊目です。
前に読んだ二冊は特にハマりませんでしたので、どうしようかと思ったのですが興味のある題材だったので。


受けは、北アルプスで山荘を管理する朝陽、29歳。
気の強い美人さんで、自分の中に深く人を入れることを好みません。

攻めの塩見は山岳警備隊員の警察官。
体育会系特有のキリリとした真っ直ぐな気性で、素直な25歳。


サブキャラとして登場する塩見の先輩である山岳警備隊員の浅田は、朝陽が一番辛い時に手を差し伸べた人物の一人。
彼とくっついちゃった方が自然では?とも思えますが、浅田はあまりにも朝陽の傷を深くまで知り過ぎている人物なので無理なのかもしれませんね。
ただ、朝陽が浅田に惹かれたならば納得できる理由は探せるのですが、塩見だとちょっと微妙です。
塩見は朝陽が失った思い出を彷彿とさせる顔立ちを持つ青年ではありますが、それだけで惹かれるのではなんとも安直です。
もう恋愛はしないなんて決意していたわけですし。
同時に、塩見が朝陽に惹かれたのも顔?美人だから?昔見かけたから?と説得力不足でした。
続きので、評価は中立で。

時系列がけっこう飛び飛びなので、理解するのに時間がかかります。
最後はかなりあっさりですし、山岳ものというシリアス感はわたしは感じませんでした。
事件は起きるのですけどね。

SSは二本収録。
一本は、本編に出た浅田と新任医師の間宮の話で、当て馬浅田の救済かと。
もう一本は、本編カップル&浅田×間宮の日常話。
しかし、男だらけの職場とはいえ、ゲイ率高過ぎです(苦笑
続編はこれから読むのでわかりませんが、そちらも?かな?

0

雪山萌え

表紙絵と「山岳もの」という言葉から漂ってくる、萌えとエロスの匂いに誘われて、とびつきましたとも。

ハイキングもしない私が、雪山になんでこうも心惹かれるのか。
腐る前から、推理小説などの舞台になっていると、それだけで読書気分が高揚したものです。

この本も、読む前から楽しみで、一緒に買った二十冊余のなかから、一番に手に取ったほどです。

実際に読んでみると、話自体は私にとって「普通に面白い」水準でしたが、やはり舞台効果で常より満足できました。

受攻ともに登山家で、命の危険もあったりした上、エロがもっとねっちょりしていれば、最高に雪山を生かした私好みの山岳ものだったんだがなあと、期待が大きかった分、私には珍しく注文をつけてみたくなりました。

2

高山の澄んだ空気そのままの物語

伊澤朝陽は山の事故で恋人の橋田稜を亡くしています。
縁あって山荘の管理人をする朝陽。
山岳警備隊員の浅田が連れてきた新人隊員の塩見岳は亡くなった朝陽の恋人にそっくりでした。
このあたりで岳が稜の弟じゃないの?ってわかるありがちな話でしたが山は良い(笑)
朝陽と浅田には身体の関係があります。
浅田は朝陽の稜への想いを理解してくれた人でした。
塩見は浅田との関係を知りながらも朝陽への好意を隠そうとしません。
臆病になっている朝陽は塩見を受け入れられず遠ざけようとするのですが・・・
高峰さんのカバーが秀逸です。浅田と間宮の話も入ってます。

1

登山なんて興味もないのに面白かった!

正直、読む前は『山岳警備隊ねぇ・・・』と半目だったんですよ。登山にもこれっぽちも興味ないし(そもそも筋金入りのインドア派なので)。

でも、真崎さんはごく初期作を除き作家買いしてますので、一応・・・と読んでみました。いや、参りました。面白かったんです。読み終わった今でも、登山にも警備隊にも何の思い入れもないままなんですが、それでも私にはまったく意味不明の用語や情景(好きな方にはよくわかるんでしょうね。丁寧に書かれていることは私にも伝わりました)も、躓くことも飽きることもなく、すんなり入って行けましたから。

CP違いで2編+SSが入ってますが、それぞれのCPを1冊分で、もっとじっくり読みたかったですね。中編じゃもったいない、と思いました。

1編目、山で恋人を亡くした朝陽(受)は、山岳警備隊員・浅田と恋愛感情抜きで体の関係を続けているんです。そこに、亡くした恋人そっくりの新人警備隊員・塩見(攻)が現れて・・・

本来なら、私は結構保守的(?)ですので、攻以外と体の関係を~というのは苦手なんですが(絶対ダメ!ってわけではないです)、当て馬(まさに当て馬。キングオブ続き当て馬・・・)の浅田がそりゃもうイイ男だったんですよ。『強引男』もダメなんですが、こういう細やかな心遣いに裏打ちされた『強引さ』なら別にいいなあ、と。

いや、だからと言って塩見がつまらないって意味では決してなく、言うなれば2人とも魅力的だったんですね。いわば完成した浅田と、これからに期待できる年下の塩見。

ホントに、キャラクターがよかったです。いろいろと、私の個人的な苦手要素が詰まってるのに、浅田と朝陽の関係にしろ、年下攻にしろ、気にならないどころか、そこがいいポイントになってるとさえ感じました。特に、塩見が『年下』だというのが生きてるなあ、と。

2編目は、浅田(攻)×山の診療所医師・間宮(受)。いやあ、浅田、よかったね!

始まりは、朝陽の身代わりとまでは行かなくても、塩見の罪悪感を軽くするための気遣いが漂うような・・・なんというか『たまたまそこに現れたってだけで、アンタ間宮でなくてもいいんじゃ?』という気がして、ちょっと違和感があったんですが、最終的には幸せになってよかったね、と思いました。

しかし、この本のメインはなんといっても浅田ですね。すごく大好き!ってわけではないんですが(もちろんキライじゃないですが、あまり好きなタイプではない)、存在感ありすぎだろ、というくらいに目立ってました。

高峰さんのイラストも、ホントに綺麗で素敵でした。あえて言うなら、浅田がもう少し見た目もオヤジならもっとよかったかも。高峰さんの美麗な絵柄では難しいかもしれませんが。いや、浅田は確かに男前で、その点ではピッタリなんですが、ちょっと作中の描写よりもスマートすぎる気がしたんですよ。

でも、トータルとしてはかなりよかったです。

3

山岳BL

一般の山岳小説は一時期凝って色々読みまくった位なので、山岳BLとあってはこれは読まねばですよー!
舞台設定や山岳ルートも正しく入っていて下調べをちゃんとしてるなあと先ずそこで感心。

今作は連作で時間軸が重なりながら2カップル話が収録されていてそれぞれで1冊書けそうな位に充実してます。
表題作は、かつて恋人を山で失った山小屋の若き主人と、山岳警備隊の年下青年。

「青の果てまで」は表題作では最高に魅力的な当て馬だった浅田[攻]と派遣医師との話。
表題作の時は思わず浅田にしとけよ~!と思ってしまった位に素敵だったので彼がちゃんと恋人と幸せになって良かった良かった。
最後には4人が顔を合わせるエピソードも入っていて隅から隅まで楽しませてくれる1冊。
山岳的楽しさも入れてちょいオマケで神で。
まあ自分が山岳モノに弱いので少し上乗せ気味評価。

4

北アルプス、アルペンルート、山の魅力たっぷりと

朝陽の恋人は山で遭難したまま、遺体も見つからない。
葬式は遺体のない空の棺で行われ、朝陽にはどうしても死んだという事が納得できていない。
ある日、待っても帰ってこない悲しさから自暴自棄になり、恋人が眠る山に軽装備で登ってしまう。
自殺志願者と間違われ保護された山小屋で、ベテラン山岳警備隊員の浅田の親切心に触れ、やっと恋人の死を受け入れて生きる事ができるようになった。
山小屋の管理を任されながら、いつの間にか朝陽と浅田はセックスする関係になってしまうが、朝陽にとって浅田とのセックスは、生きることの確認みたいなもので、特別な恋愛感情はない。
浅田だけではなく、もう誰とも心を通わせる事はないと決めていた朝陽だが、新人隊員の塩見の存在が心をかき乱す。
なぜなら塩見は死んだ恋人にそっくりだった。

朝陽が公に恋人と宣言できなかった背徳心と、葬式で泣けなかった事、山が憎いくせに山小屋で仕事をしていたり、言いようのない悲しさをいっぱい背負った主人公です。
まるで氷のバリケードを張ったように、人を近づけないようにする朝陽の心は、例えるならガラスの心です。
傷すきやすく、ほんの少しの続き衝撃でもろく壊されてしまう。
塩見が事故に遭ったと聞いただけで、朝陽は気が動転してしまいます。

ツンデレ美人の朝陽にストレートに意思表示をしてくる塩見は、大型のワンコのようです。
この塩見がじつは亡くなった朝陽の恋人と接点があったり…。
朝陽、塩見、浅田の三角関係など、楽しめる要素が練りこまれていて短いながら楽しめるストーリーでした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ