最後のテロリスト 1~胎動~

saigo no terrorist

最後のテロリスト 1~胎動~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
40
評価数
11件
平均
3.8 / 5
神率
45.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784576070612

あらすじ

威士は関西に拠点を置く興津組の金庫番・菅生洋三の息子で、本人の意思と関わりなく次代の幹部候補と目されている。そんな威士が謎の生い立ちを持つ青年・蓮の看病を言いつけられる。頭部に余談を許さない傷を残す蓮だったが、威士は次第にその怜悧さと陰のある魅力に気付かされていく。そして、同時に堅気の世界に住む大学生・凪と出会う。凪は日々抗争にさらされる威士に安らぎをもたらし恋情をかき立てるが・・・。
宿命によって安穏とした生き方を許されない男たちの、いびつで一途な愛を描く三部作第一弾、威士編!

表題作最後のテロリスト 1~胎動~

興津組金庫番の息子・菅生威士・18~21歳
代議士の息子で大学生・遠野凪・20~23歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

大人に翻弄される三人

相変わらず谷崎さんの作品は面白い!
こちら、とにかく表紙がマッチョなので書店ではちょっと恥ずかしい(服着用ではありますが)かもしれませんが、オススメです。


攻めの威士は、日本最大規模・興津組本家金庫番として有名な男の一人息子。
少年院出で、頭で考えるよりも体が先に動くタイプ。

受けの凪は、西洋史専攻の大学生。
おっとりとした様子は、名は体を表すを地でいく青年。
病床の母親の看護をしています。


舞台は京都と大阪。
興津組直系・宗興会総長の氷川から病人の面倒を頼まれた(命令された)威士。
嫌と言えない恐ろしい記憶のある相手であったため受け入れたものの、その相手である蓮は一筋縄ではいかない少年でした。
そして、病院で出会ったもう一人の人物、それが凪です。

三人が出会った時、威士は18歳、凪は20歳、そして蓮は15歳。
威士は凪に拒絶され、凪は一人で母の看護をすることを決意し、蓮は差し出されたレールへ自ら乗る決意をする。
若い三人にとっては、それぞれ転機のような季節になりました。
そして三年後、再び再会することに。

この巻は一応、威士と続き凪の話なわけですが、次巻以降は蓮が主となるようなので、蓮に対する記述もとても多いです。
威士は熱い太陽のようですし、蓮は月の下でしか生きられないような、そして凪は名前の通り凪いだ海のようという三者三様の青年たち。
この三人が今後どうなるのか次巻を読むのが楽しみでもあり、今回の凪のように悲しい目にあうキャラがいないと良いなあと心配なめんもあります。

こちらの作品も『真音』同様、視点がはっきり分かれていません。
同じ章でも、視点が威士だったり凪だったりその他の人だったり混ざっていて、視点分けされている作品に慣れていたので読みづらさはあります。
谷崎さんの作品でも『リセット』などはきちんと分かれていたので、昔の作品だからなのかな?とも思うのですが。
丸ヤ物といってもどちらかと言うと人間模様の部分が多いため(次巻以降はまだわからないのですが)、ひじょうに読みやすく頭で場面を想像しやすい作品でした。

6

面白い!早く次のページを捲りたい!

谷崎先生、初読です、多分。
「うわっ!面白ーい!これ!」
1ページ目読み始めから興味の加速がどんどん上がって飛ばして読んでました!
文章は飾り気なくストレートなんですが、それが、このヤクザの世界にすごく合っていて良いんです!
だから読み易いのか、ズンズン進む!
多くの老若の男達の人となりが詳細に魅力的に書かれていて、自分の中でちゃんと整理したくて相関図まで作ってしまった程でした!

1巻め【~胎動~】とあるように、主キャラの出会い編です。
「威士(たけし)18才」=カリスマ性・情熱・雄々しさ
「凪(なぎ)20才」=穏やかさ・上品・柔らかい強さ
「蓮(れん)15才・」=賢さ・冷静さ・恐い物知らず
特徴を持った3人が桜の季節に出会い、この1冊で5年が経過するのですが、密に繋がっていく若者達の成長と、同系組ヤクザ連中や威士の実父ら大人達が3人に関係する様が、冷淡だったり優しかったりして、とても面白かったです!

自分にないものを持っている相手、威士×凪のBL部分は切なく辛かったのですが、お互いが大切に思い合う姿には幸せを貰ったような・・・
「俺のもん、いつも欲しい続きと思ってて」
凪に素直にあけすけに言う威士に、可愛い男を感じたかな♪

当たりました!嬉しいです!次巻も楽しみです!
事件は彼是あるんですが、ネタバレしたくないのでこの辺ですみません^^;

5

橘盾

ココナッツさん、初めまして。

わーヽ(^o^)丿コメを戴いて感激です♪
登場人物が多いのにそれぞれが埋もれてなくて、
主人公達の動き・主人公達の周りの変化が頭に描かれて、
当時ワクワクして読んだのを思い出しました♪

確かに威士のガチムチ表紙は女性が手に取り難いかも知れませんがw
でも、ココナッツさんのマイページにお邪魔したら、結構○ヤとか硬派タッチが好みな方ではないかい(笑)゛と、橘と好みが似ている方だと、そう思いましたヨv
嬉しかったです^^
どうも有難うございました!

橘盾

ココナッツ

はじめまして、ココナッツと申します。

谷崎さんの他の作品も読みたくて探していたところ、橘盾さんのレビューでこちらの作品を読みました。
本当に面白くて、はやく2、3巻が届かないかなあと心待ちにしています。
良い作品に出会えました、ありがとうございます^_^

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ