ベリアルの誘惑

belial noyuuwaku

ベリアルの誘惑
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199004360

あらすじ

クールな美貌で遊び相手には事欠かない弁護士の里美。
ある晩、行きずりの男・安岐と関係を持つ。
「痛がる表情も、俺を煽るためなんだろう?」。
鍛えた身体をスーツに包んだ安岐は、今までの誰よりセックスが上手い。
遊びのはずが、快楽に囚われたのは里美だった…。
ところが、実は彼は、里美と敵対する特捜部の検事だったのだ!!スーツを脱ぎ捨てた淫らな夜―エロティックLOVE。

表題作ベリアルの誘惑

安岐義範・特捜部検事
里美皓・弁護士

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ちょっとだけミステリー要素も

 里美はある晩、行きつけの店で知り合った行きずりの男と関係を持つ。
 今まで女に限らず、何人かとの男とも関係を持った里美だったが、その男とした行為は、今までの誰よりも里美を夢中にさせた。
 鍛えた身体をスーツに包み、「痛がる表情も俺を煽るためなんだろ?」と里美を翻弄するその男。
 遊びのはずが、快楽に囚われたのは里美の方だった。
 いつ意識を失ったかも覚えていないくらい、その彼との行為に溺れた里美が翌日、目を覚ますと彼はもうすでにいなくなってしまっていた。
 そのことにショックを受ける里美だったが、それから二週間後、もう二度と会うことがないと考えていた彼から連絡が入る。

 そして、今まで知らなかった彼の招待を知ることになる。
 彼――安岐は、特捜部の検事で、里美に対して、職場の先輩弁護士と代議士を捕まえるために協力して欲しい、と頼まれたのであった。
 里美は、自分が利用されたのだということに憤るが……という話でした。

 検事と弁護士の話なので、法廷で対決! とかだったら精神的にしんどいなー……と思ったんですが、そんなことはなく、里美に関してはほぼプライベートな続き事柄ほとんどを占めるので、胸が痛かったりというのはなくて個人的にはほっとしました。

 話としては、自身も弁護士で自殺してしまった父親の死の真相を探りたいと思った里美が、父とも知り合いであった先輩弁護士の事務所に勤めるも、日々の仕事の忙しさに何も出来ずにいたところ、思いがけなく事態が動き始めて、死の真相をも知ることになる、という感じだったんですが。
 伏線だと思ったところが、伏線じゃなかったり、どうしてその状況で里美に協力を依頼してくるんだ、こいつらは……と思ってしまうようなところがあったり、と微妙にもったいない感じが。

 個人的に、父を死に追いやった男たちに里美が協力するメリットなんて何もないよなー……と思ったので、里美にその協力を求めてきた男たちが愚かに見えてしょうがないです。
 もうちょっとその辺り練ってくれたら面白かったようにも思うんですが、練りすぎると話がだらだら長くなってしまうと思うので、これはこれでよかったと思います。

 ミステリー的な内容もありますが、基本的には二人の関係がメインの話です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ