G・DEFEND(1) (文庫)

g defend

战栗情人不设防

G・DEFEND(1) (文庫)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
冬水社文庫(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784887417816

あらすじ

西暦2022年。政治テロが相次ぐ国会では新たな警備体制として国会警備隊を設置、テロ組織はその総指揮をとる教官を狙い始める。歴代の教官が次々と殉職する中、8代目教官・石川だけは、彼を愛するSP・岩瀬の決死の働きによって数々の危険をかいくぐり...!? 森本秀が描く近未来ラブ&アクション、待望の文庫版第1巻登場!!

表題作G・DEFEND(1) (文庫)

国会警備隊隊長SP 岩瀬基寿
国会警備隊8代目隊長 石川悠

その他の収録作品

  • 君の居る世界にいたい
  • G・DEFEND 1
  • G・DEFEND 2
  • G・DEFEND 3
  • G・DEFEND 番外編
  • G・DEFEND 4
  • G・DEFEND 5

評価・レビューする

レビュー投稿数1

近未来快活劇

読みたい読みたいと思いながらも冊数が多いため手が出せなかったシリーズ。
こちらは文庫版なので、収録されているのは1巻と2巻の前半部分に当たります。

絵柄が古いのはまぁまぁ好みなのであまり気にならないのですが、今となってはそれほど遠くない未来設定になってしまっているため、SF感に説得力がない所が気になるといえば気になる。
とはいえ、キャラクターの多いドタバタ快活劇が大大大好きなので期待して読み進めようと思います。
キスとハグどまりでエロが無いのも、こういう「警備隊」という別の趣旨のある作品にとっては逆に長所ではないかと思えるし。

主人公の2人が最初から出来上がった状態で始まるのがちょっと予想外でした。長く続くものなら当然、両思いになっていく段階から描かれているものだという思い込みが…。
だた、国会議事堂の中なんですよね、ここ…。流石に堂々といちゃいちゃするのは(仕事中に)どうかと思いました。
BLという部分がファンタジーなSF作品だと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ