プレイボーイ・アムール。

playboy amour

プレイボーイ・アムール。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
31
評価数
9件
平均
3.6 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784832284623

あらすじ

でエヴァンス社の社長イアン・エヴァンスの有能な秘書・真田学の毎朝の仕事といえば、イアンのベッドから一夜の相手を追い出すこと。密かにイアンを愛している学は屈辱に耐えきれず、ある夜ついに自分のカラダを差し出したが…。肉体はアダルト、でも心はピュア。だから苦悩する初めての本気恋愛。

表題作プレイボーイ・アムール。

イアン・エヴァンス (貴族出身・会社社長)
真田学 (イアンの有能な秘書)

同時収録作品紳士の姿

西條千春
藤堂一輝

その他の収録作品

  • DEAR IAN
  • セレブの夏
  • マイボーイフレンド
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

ここまでの所のこのシリーズで一番健気なんじゃないだろうか

獣シリーズ7作目です。
今回の主役の一人は元カオルのセフレで、以前にカオルにバッサリとフラレてしまったイアン。
カオルと付き合っていた頃からそうだったんだろうということは、「…純愛の青年」でも知れましたが、今作もカオルに振られた後も何人のセフレとの遊びは続いているようで、イアンの秘書の真田はその後始末に追われる日々。
今回初登場の真田ですが、真面目で冷静に見える彼が密かに胸に秘めていた想いが爆発して…
ストーリーは王道展開だと思うのですが、真田がとても健気で、これまでのイアンを見てきただけに多くを望めず、どうしてもネガティブな方向にしか思考が向かないのが少し可哀想でした。
しかもカオルが取引先の担当として登場するのですが、いちいち真田の神経を逆撫でするようなことを言うんですよね…カオルってこんな陰険キャラの印象なかったんだけどなぁ(汗)。(←この巻オンリー設定なのでしょうか?)

0

イアン救済編?

キャラの個性に動かされるように続いてきたこのシリーズ。
今回はカオルに振られたその後のイアン・エヴァンスとその秘書学とのお話し。

学の屈折した献身さに、彼の抱えるコンプレックス。自己否定する理由がなんなのか。
カオルのプライドと学のプライドがぶつかった末に植えつけられてしまった劣等感。嫉妬。
そんな感情が拗れてしまったせいなのかと、窺い知ることができます。
またしてもカオルのビッチな過去に触れてしまうことになりますが、大郷の前では可愛く見えてしまうせいか。今回は深く考えないようにしました。
イアンの容姿やその奔放さに騙されてしまいがちですが、本気とも冗談ともつかない無邪気さに感情が逆なでされることがしばしば。
残念ながら気持ちよく読み進められるとは言えないのですが、振られても尚カオルに執心する理由が分かるせいか、その先を見届けたい気持ちの方が上回ります。
そのせいか、西條千春の登場に学の恋心が報われる以上の満足感を得てしまいました。

0

藤崎せんせいで2番目に好きなカポ

学くんのようなウジウジした自分に取り柄が無いって思ってる真面目なネコとイケメン・ヤリチンなタチの話って好きです。

真面目な子が、慣れてる風を装って必死に誘うとか…
嫉妬してても素直に言えず、影で涙目になりながらへの字口で耐えてるシーンとか…
藤崎せんせいのそうゆう描写が好物です。

イアンの元セフレのかおるは本編だと嫌いじゃないんですが…この作品では嫌みな感じでイマイチです(学くんに感情移入しちゃってるからでしょうが…)

それにしても惚れている相手が他の相手としたSEXの後処理なんて…切なすぎる…
よく耐えたね…学くん…幸せになってほしいです☆

2

セフレ再び!!

まさかイアンで一冊出るとは!! 

今回はカオルの元セフレが再び!!
その秘書の苦悩が今回の中心。
う~ん遊び人(イアン)相手に何年も自分の気持ちを押し殺す、つらいねぇ。
そんでもってカオルが過去のセフレだし…(^^;)
学くんの気持ちを知ってるのに、わざと目の前でイチャイチャ。
カオルらしいですわ。(そりゃ学くんカオルを嫌いになるわ)

学くんの気持ちを知ってからのイアンの行動。
ヤッパリ学くんには伝わってないというか、なんというか…
お互いの会話不足からアララな展開になりそうだったけど
ハッピーエンドになって良かったよvv 

それにしても大郷、今回も当て馬的な存在になってるし(笑)
まぁ学くんもこの大郷がカオルの相手だとは知らずにの行動だったんだけど。

あとは相変わらずな天然一輝に癒される~っvv
今回は千春との週末の過ごし方についてのストーリー。
相変わらず獣な千春vv

1

藤崎こうはこれで知りました。

まだレビューしてなかったのか、これ・・・

とにかく次から次へとベッドに誰かを誘い込んでは遊び倒すイアンに対して、相手(おそらくワンナイトラブだろう・・・)を追い出しては仕事に追い立てる学はカタマジメであるがゆえに、恐らくじりじりとイアンに対して愛しながらも嫉妬するわけで。

とうとう遊び場に踏み込んで公私ともにイアンを縛り?にかかるわけですよ。
うまいこと結ばれるところまでは行ったけどそれは近くて便利だからなのか、それともそれ以上期待していいのか学にはさっぱりわからないわけです。
でも取り敢えず「他の男をイアンに近づけない」ために頑張るし、そういう学にイアンは確実にほだされるし最終的には彼なりに愛してることはちゃんと行動には示してます。
例えばもともとセフレ?であったカオルとの現在の関係とか。

そこを綺麗に紐解けばお互いどういう感情をもって愛し合ってるのかはわかるんですがそこまでのはらはら具合が尋常ないわけです。
今まで一途に誰かを愛したことのないイアンには嫉妬とかそういう感情があることも自分も持てることも分からなかったし、
学にもそういうプレイボーイが自分に続きしっかりロックオンできるとはおもっちゃおらんわけで。だから常に無理をする。

骨太なセックスシーン(藤崎さんの作品は受けもしっかり男だと思う)の間に挟まるいろんな感情のもつれっぷりが何度読み返しても美味しい本です。
特に最後のイアンの告白シーンが心に来ます。

0

新カップル登場

シリーズ七作目。
イアン×学
私がこのシリーズの中で一番好きなキャラが登場しました。
受けの学が好きです。無神経なイアンのアホはそんなに好きじゃないんですがw、学のために二人を必死で応援してしまいました。
とにかく学が健気で可哀想で可愛いんだ。前半、学の必死な健気さとイアンの無神経さにムキーッ!!となりながら読んでました。こんなふうに感情移入させてくれるキャラやストーリーってホントに嬉しい。

ホントのとこ、学のようなタイプがイアンのようなタイプに惚れた場合、報われることってあまりないように思う。現実にはイアンのようなタイプは死ななきゃ治らないんだよねー。複数の相手とヤリタイっていうタイプの男はもう病気で、しかも不治の病だと思うw
努力が報われること、一途さがきちんと報われること。BLのいいところだなァと思います。

0

鈍感遊び人攻め

藤崎先生の「獣」シリーズ、第7作目。

今回は、『純愛の青年』でカオルに当て馬として使われていた
会社社長、イアン×彼の有能な秘書、学のお話です。

遊び人で鈍感なイアンと、堅物で卑屈っぽいところのある学。
カラダの関係を持つようになった二人の前に、
イアンのかつてのSEXフレンド・カオルが取引先の担当者として現れ、
長年イアンに恋焦がれていた学の気持ちが明らかになり
イアンも学への愛情を少しずつ自覚するようになっていきます。

カオルが二人に揺さぶりをかけては、鈍ちんのイアンの自覚を促してます。
学に対して、意地悪だなぁと感じるところは多々ありましたが
なかなかいい働きしてくれたんですよ。
カオルを完全に毛嫌い・敵対視してる学が、
まったく気付いていないのが悲しかった~っ。

お話自体は面白かったと思いますが、
読み方がカオル寄りの私は、学にイマイチ感情移入できませんでした。
(自分が学の立場だったら、間違いなくカオルは嫌いだと思いますが・笑)
学の卑屈っぽいところも、ちょっと苦手だったかな…。

同時収録作品の『紳士の姿』は、千春×一輝の続き週末の過ごし方編。
同じ週末を過ごしているのに、月曜の朝くたびれている一輝と、輝いている千春。
「千春は本物の紳士だから…」と、勘違いしている一輝が可愛かったです♪

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ