ワイルド・ロック (新装版)

wild rock

ワイルド・ロック (新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
50
評価数
12件
平均
4.2 / 5
神率
41.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862631732

あらすじ

時は原始。狩の最中、手負いの獣からユウエンを救ったのは敵対する部族の次期族長エンバだった。原始古代の雄大な風景の下、運命の出会いを遂げた二人の物語の行方は!?
新装版にあたって、本編数年後のエンバ&ユウエンのかきおろしマンガを特別収録!
出版社より

表題作ワイルド・ロック (新装版)

エンバ
ユウエン

同時収録作品ワイルド・ロック外伝 Innocent Lies

セレム
ユニ 

その他の収録作品

  • チャイルド・ロック
  • おまけのワイルド・ロック
  • チャイルド・ロック リターンズ
  • あとがき
  • SWEET HOMEへようこそ エンバ&ユウエンインタビュー

評価・レビューする

レビュー投稿数5

珍しい原始BL。

珍しい原始BL。
正直最初の話は、BLでなくてもいい気がしてなりません。
女装して囮になるくらいなら、最初から女子でいいんじゃないですかねえ。
NLでも原始NLって字面がすごいなあ(笑)
真剣に考えると、原始時代だと何よりも子孫を残すことだけが生きている理由な訳で、同性愛はやはり現代よりも稀有で難しいとしか(汗)
こんな風に簡単にくっついちゃっていいのかなと思いつつ、まあ、漫画ですからね。BLはファンタジー!(合言葉)
そういう意味では、メインの二人よりもお父さん世代の方が萌えました。
二人は結ばれなくても、息子がまとまった訳で(複雑)

おまけが容赦なかったです(笑)

0

色々ありますね

旧版も読んでいましたが新装版も発売当時に購入。再読です。

古代ものです。
湖岸を守る種族のエンバと、敵対する種族(森を守る種族)ユウエンのお話。
“永遠を誓う儀式” や諸々にとても萌えたのですが、
どちらかというと、外伝のほうが好みです。

外伝ではエンバの父親(セレム)とユウエンの父親(ユニ)の少年時代の
お話になっています。
読んでいる最中、特に終盤はすごく切なかったけれど、
よく考えてみるとこの二人の今・現在があるからこそ、
エンバとユウエンが生まれてきて幸せになったんだよね……と、
なんとか自分を納得させました。
やっぱり楽しい時間は長く続かないものなんだなあ、と思うと
切なくなりましたが……。

でも、違う相手と一緒になり、父親になってしまっても、
ユニから貰った首飾りを大切に身につけているセレムが
とても愛おしいです。

切ないけれど良いお話でした。保存版!

1

背景と人物とストーリーが絶妙なバランス

自分がたてたトピで紹介されていたことから読んでみました。
結構いい感じに華美なため、古代BLというよりは古代「劇」BLっぽく見えます、ライオンキングみたいな。

いくら女性っぽい顔立ちとはいえ、さすがにこんな薄い服装で騙せるとか普通には考えないだろう!とか、
材料が素朴な割に服装の形が非常に奇抜でどこのへんの古代をイメージしたんだろう?とか、
重箱をつつけばいろいろ気になる点はあるんですが、筋肉ゴチゴチになりすぎない程度にしなやかに鍛えられてるエンバの体つきとか(これは明らかに狩りにでる無駄のない男の体つきだ!)とか、親子2代にわたる因縁の物語だとか、微笑ましさだとか。いい話です。

それとは無関係に「櫻井しゅしゅしゅさんからおバカさとロコツさを引いてスタイリッシュにした感じ」だなーと感じました。

2

旧版、新版両方読みました

旧版の方では本編のレビューを書いたので、こちらでは新版に加筆された「チャイルド・ロック リターンズ」(書き下ろし)と「SWEET HOMEへようこそ エンバ&ユウエンインタビュー」についてレビューしようと思います。

「チャイルド・ロック リターンズ」は「チャイルド・ロック」より数年後、ナヴァが4歳くらいかなぁ。
エンバとユウエンが木の実を集めに森へ行ったのを追ってきたナヴァがヤンチャでとっても可愛い。
エンバとユウエンに遊んでもらいたいナヴァが、ユウエンを独り占めにするエンバの髪を引っ張ったりしてるんですが、その時のエンバの表情が面白くて気に入ってます(笑)。

「SWEET HOMEへようこそ」はb-BOY Zips 35に掲載されていたもの。
インタビュアーが二人の住んでいる洞窟を訪れて二人の生活について色々訊いています。
ラブラブな二人の様子が伺えます。

2

good

あまりBLが進出しなかった「古代」ものです。異なる部族の族長の息子同士エンバとユウエンが獲物の捕りあいをめぐって出会って、恋をしてという壮大なストーリー。
障害を乗り越えてお互いを愛する姿が切なく涙をそそります。
ただ、私は男子は男子として描くべき!という持論を持っているので、いくら女装をしたといっても、ユウエンが女性よりも女性らしくなっているのは、う~ん。
でもそれを補ってあまりある、ダイナミックな絵やストーリーのうまさがあります。
私的には、その次に載っていたワイルド・ロック外伝のほうが好み。
多少ツンデレでショタ味が入った受けが萌えツボに入りました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ