剣と玉と鏡 少年花嫁

剣と玉と鏡 少年花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784062559560

あらすじ

諏訪の一件の後、忍との恋愛関係解消を条件として勘当を解かれた香司。鏡野継彦と戦うための苦策ではあったが、以来香司は忍に対し、距離を置いていた。一方、夜の世界の三種の神器を手に入れた継彦は、闇の言霊主となるべく最終段階へ入る。継彦とその軍師・戸隠によって巧妙に仕掛けられた最後の罠。ついに明かされる忍の呪いの意外な正体。壮絶な最終決戦の幕がいよいよ切って落とされる。シリーズ完結編。

表題作剣と玉と鏡 少年花嫁

高校生・陰陽師の香道・御剣流の後継者・御剣香司
妖怪が見える高校生・松浦忍

評価・レビューする

レビュー投稿数2

恋愛も呪いの謎も

全部まるっと解決、てんこ盛りの最終巻です。
継彦を倒すため、忍との恋愛関係を解消することで
御剣家に戻った香司。
前半の香司の忍に対する態度が
心変わりじゃないとわかっていながらせつないです。
もっとうまく立ち回ればいいのに、と思いますが、
香司もまだ高校生(この時点では大学生)で
子供なんだなという気がします。

最終巻まで読んで思うことは、
忍に「もっと自覚しなさい!」と言いたい。
綾人や香司と違い、術を使えないのに
「生玉」の保有者ということでなにかと狙われる忍。
忍が捕らわれては、綾人や香司が助けに行って、
二人が傷ついたり、大事な神器が奪われたり‥。
力になりたい、助けたいという気持ちはわかりますが、
忍がもっと慎重だったら
継彦相手ににこんなに苦戦しなかったのではないかと思います。

なーんていったら10巻もの大作にならなかったんでしょうがね。
まぁ、何より忍のこの無鉄砲さに綾人も香司も惚れてるんでしょうけど。

0

ああ・・・何故ホワイトハートなのか

全10巻を通しての評価です。この巻のみでも☆4つです。
イラストが穂波ゆきね先生ということで知った作品です。しかも『少年花嫁』って!
花嫁ものが大好きです。
ティーンズ向けに書かれている文庫様らしいのでイチャイチャ表現はさらっとしたもの
ですが内容は凄く面白かったです。
帝都対戦を思い出しました。映像化したらさぞかし見ごたえのある作品なのでは
ないでしょうか。
女に見える呪いがかかっている主人公ですが映像化したらここが難しいかも知れませんね。
他人には美少女としか見えないみたいですが、本人には男に見えているみたいだし
この最終巻に於いては、婚約者であり恋人の攻様の香司には最初から男の子にみえていた
らしいです。
その姿に一目惚れしたという・・・。
岡野先生のキャラクター達が凄く魅力的で、それに輪をかけて穂波先生が素敵な絵をつけて
下さっていてこの作品もベストコンビなシリーズではないでしょうか。
この作品のカプはすっごく愛し合っていて色々試練を乗り越えながら成長していきますが
もうっほんとなんでホワイトハート文庫様なのかっ
これでイチャイチャ満載だったら迷続きわず神ですよ!
あとがきでその後をどこかで書けたら・・・と、ありましたが読みたかったですね・・・
なんでないの?2人が一緒に暮らし始めてからとか、男に見えるようになった主人公
の近況とか読んでみたっかったです。
駄目だとわかっていても続編希望です!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ