君が欲しくてたまらない

kimi ga hoshikute tamaranai

君が欲しくてたまらない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルス(小説・心交社)
発売日
価格
¥854(税抜)  ¥922(税込)
ISBN
9784883022694

あらすじ

宝台高校に通う柴岡宏志は、幼稚園のときから一緒に過ごしてきた幼馴染みの同級生に、ずっと片想いをしていた。
だが彼は決して宏志の想いに応えてはくれない。
悶々とした日々を送っているうちに、仲間のひとりから獣医師の佐伯克行を紹介される。
動物が大好きな宏志は、佐伯が勤務する動物病院でバイトを始め、次第に彼の優しさに惹かれていく。
なんの気がねも気負いもいらない、初めて味わう居心地の良さにまどろむ宏志。
清涼感いっぱいのラブストーリー。

表題作君が欲しくてたまらない

佐伯克行/獣医
柴岡宏志/高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

学生と獣医の歳の差ラブコメ

表紙の雰囲気そのまんまの柔らかい感じの作品です。
ただ、かわいく柔らかく、ラブストーリーとしてはふわふわしてるもののどうも凹凸がなくて、薄味気味でした。

主人公の宏志は幼なじみの将に長い間恋してるけど、結ばれないと諦めています。
幼なじみの女の子にすすめられて知り合った獣医の佐伯はゲイ。
動物好きの宏志はそこでバイトすることになり、そうして一緒にいるうちに恋心が芽生えていきます。
動物に囲まれて、という雰囲気が可愛いからか、あたたかくて作品そのものに安心感はあるんだけど、一緒にいるうちに好きに…という流れがあまりに平淡で大きく心を揺さぶられるようなシーンもなく、ただ、最後まで読んだら結ばれていた、という印象でした。

将に関してもあんなに好きだったのに、あっさり佐伯を好きになって終わってしまっている。肝心の将に関してもどういう気持ちなのか、思いを打ち明けろとまでは言いませんが、将のことに最初踏み込んで行きそうでいかないお話にちょっと肩透かしをくらった気分でした。
宏志は将の他にも二人の幼なじみがいて、合わせて4人の仲良しグループ。この4人についての一人一人の説明が、続き冒頭、かなり長いです。こんなにしっかり4人についてかかれてあるのにいざストーリーが始まると動物病院の話で、この幼なじみという設定は一体どうしたいのかな?という感じでした。

佐伯は自分がゲイということを告白したときに「君とどうにかなろうとは思ってない」と言ったのにいきなり押せ押せできたのが、すごく手が早い人のように思えてしまいました。
こんなに 早く手を出されたら、自分が宏志だったら、この人男なら誰でもいいのかな?と思ってしまいそう。

大人×学生は大好きなんですが、これはちょっと物足りなかったので中立です。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ