あの角を曲がったところ

ano kado wo magatta tokoro

あの角を曲がったところ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×22
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
7
得点
68
評価数
20件
平均
3.6 / 5
神率
35%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862631794

あらすじ

事故でピアニストの夢を諦めた岸本と、恋人に捨てられて自暴自棄になっていた桐谷。不幸を共有する二人は、気付けば身体の関係を持つまでに気を許しあっていた。でも、この出逢いが思わぬ方向へ……!?
リクエスト多数の大人気作品に描下しショート有!
(出版社より)

表題作あの角を曲がったところ

高校生 優哉 16歳
高校の臨時教師 桐谷 27歳

その他の収録作品

  • あとがき
  • 描き下ろし

評価・レビューする

レビュー投稿数7

一途な年下ワンコにやられた

久しぶりに川唯さんの作品を読みました。
絵も綺麗だし、私にとって一番の魅力は攻め様の瞳の強さでした。
かなり年下の攻め様なんですが、若さ特有のというか、受け様に対する真っ直ぐで情熱的な恋慕がとても熱くて、それが報われない様がとても切なかったです。
物語自体は王道中の王道だと思うのですが、二人の関係が変わっていく様子が丁寧に描かれていたと思います。
主人公2人ともかなり私の好みなので、感情移入もしやすかったです。
情熱的でワンコな年下攻め様と美人でクーデレなのに本当は寂しがりやな受け様が好きな方にはお薦めです。

0

生徒×先生…まっすぐな恋する想い!

優しくて、暖かな気持ちにさせてくれる、綺麗な絵柄と、せつなさ、甘さ、面白さが絶妙にあいなった、恋のお話でした。
今回は、大人と子供という壁が、恋する2人の想いを阻もうと、大きく立ちはだかってきます。
そこを流さず、丁寧に描かれている作品でした。

高校生•岸本(17)× 数学代理教師•桐谷(27)の年の差&年下攻もの。

ある夜、不倫上司(男)に振られ、職を失い、傷をおった桐谷と偶然出会う岸本。
岸本も、指の怪我でピアノを諦めた傷を背負っていて…
不幸を分かち合うように、
行きずりの2人は、そのまま身体の関係をもってしまいます。
お互いに、詮索もしない…ただ週末にあって身体を重ねる関係。
でも、実は岸本が高校生で、かたや桐谷が、臨時採用教師をすることになった事を教室で知り…。
生徒×先生という禁断の関係になってしまうんです。

最初は、大人の分別で、桐谷は岸本を突き放そうとするんですけど、岸本は必死に、自分の気持ちをぶつけてきます。
そして、年下男の純情過ぎる熱意に負けた桐谷は、両思いだと認め、恋人として付き合うように!

でも、現実は上手くはいきま続きせん。再び2人を引き離す苦く…苦しい出来事が…。

ここで桐谷が望み、岸本がピアノを引くシーンは胸がキュンと泣けました。

そして、一人の教師が岸本に告げる現実…
「君は法的に罪を負えない子供なんだと知りなさい」

罪に問えないほど子供だという、残酷だけれど、その現実を思い知らされるセリフが、胸に突き刺さりました。
ここまで踏み込んでくるリアルさが、先生らしいなあと感動です。

そこから、再び距離があいてしまう2人。
でも、そのスパンがお互いを強く、深く、再び結びつけていくためには必要な時間なんです!

桐谷がツンデレで、岸本が将来有望な年下ワンコ攻!
好感のもてる、素敵なキャラだったことも魅力的な作品でした。

クールビューティーだけれど、本当は、すごく恋愛体質の桐谷。
その分、脆さも内に秘めていて…
恋に溺れると、相手の事でいっぱいになる、可愛い年上受様。
岸本は、自分が子過ぎるもどかしさと格闘しながらも…
早く、桐谷を守れるくらいの大人になりたい…追いつきたいと必死に願う所が、とても真っ直ぐで若さ溢れる、これまた可愛い年下攻様でした。
未成年と大人…生徒と先生…それらの壁を、離れながらも、一生懸命な2人の熱い想いで乗り越えてきたからこそ、最後の再会が、清々しくて感動でした。

描き下ろしは、もう甘さたっぷりで、2人の幸せそうな姿に、ニヤけてしまいました(笑)

一歩踏み込んだ所まで描かれた、せつない恋のお話。
でも、川唯先生の手にかかると、甘く…温かな、幸せな気持ちも一緒に運んできてくれるお話でした。
生徒×先生もの…年下ワンコ攻好きの方には、特にオススメです。

1

しばらく寝かせてみることに

メチャメチャ愛する川唯東子先生の作品なので、しゅみじゃないに評価するのは辛いとこなんですが、好きだからこそ!あえて辛口評価で。

読んでいて、どーしても感情移入できない。
すぐに『何故そうなる?』と思ってしまい、私の中で消化不良を起こしてるような感じ。

シチュエーションやストーリーは悪くないと思うのに、なんかダメ。納得いかない。
読み終わったあとも、余韻を楽しんだり読み返して楽しんだり……なんてこともせず、すぐに本棚へ仕舞ってしまった。

何年かして改めて読んだら、また違う感想を持つのかもしれないが、今の私には川唯先生には申し訳ないけど愛せない作品。

1

生徒と先生

すごく良かったです。
読後感の気持ちよさときたらもう!
ワンコな生徒攻めも、女王様気質な先生攻めも、私好みのキャラクターでした。
なんにも知らず、ただの通りすがりの関係からセフレになって、のちに生徒と先生の関係になるので、「先生と生徒の恋を描いたものに関する倫理観なモヤモヤ」をまったく感じずに読めたのも良かったです。
先生受けの側がきちんと理性的に距離をおこうとするのもツボなら、それをワンコな生徒攻めの側がワンワンと真っ直ぐに一生懸命に追いかけていくというのもツボ。
後半に起きるある事件の処理の仕方も良かったな。未成年と恋をすればすべての責任を成人の側が負わなければいけないという常識と、たとえそこに愛があってもどうすることもできないという現実と。
とにかく話の流れがいちいちツボにきました。
終わりよければすべて良し。主役二人のほのぼのしたシアワセそうなイチャコラで幕を閉じてくれて、ニヤニヤ大満足して読み終えました。

1

カッコイイ絵ですね~

そごい出会いですねこれ!!
道端でぶつかって・・・って
それでこんな関係に!!
最初はセフレ?みたいな関係で
二度目の再開が!!
桐谷が学校の先生で登場!!
岸本は19歳ってうそついてたから
桐谷も怒って今までの関係はなしってことに!
でも岸本は桐谷のことが好きで
諦められない。
岸本の印象が最初の印象とすごく違いました。
桐谷に縋ってる感じで(>_<)
好きだからなんでもする的な。
岸本はカッコよかったのに
可愛くみえてきました。
ちょっと波乱もありましたが、
両想いになってよかった。


0

もしかしたら、おバカ?

ある日、偶然街中で知り合った2人。
互いに淋しい気持ちを抱えていた2人はお互いの素性もロクに知らないまま身体を繋げる。
セフレとも違う、もっと情のある関係に名前もつけないまま、お互いのこともよく知らないまま。
知らないままの方が気楽な関係でいられると思っていたのに、ある日、攻の高校へ受が教師としてやってきたことでその関係がかわることに…。

最初に出会った時は互いに年齢や職業もあいまいな感じで。
それ故に学校での再会はいろいろ衝撃だったとは思うんだけども、一向にめげないというか、結果的に最初の時と学校でのギャップに自分の想いに気付かされる攻。
先生と生徒という形になったソレは当然ながら公にすることはできなくて。
というか、受の先生の方は「口説かれてやる」って少し曖昧な言葉でそれでも受け入れて。
週末とかは部屋にも以前と変わらず行ってたみたいだけど、そういうのってバレないもんなのかなぁ?と思ってみたり。
学校でもそれほど互いの関係を警戒してるように見えないところもあったり。
でも、結果的に学校にバレる事件があって。
それで、引き裂かれることになって。
先生と生徒続きで、大人と子供と罪の境界線を引かれてしまって。
罰を与えられないことに苛立つ攻が罰を与えられたがってるシーンはなんか印象的でした。
最も印象的だったのはやはりタイトルを意味する別れのシーンなんですが、ここはホント切なかったです。
その後に再会はあるけれど、それまでがそれなりに時間があるので。
海辺のシーンとかもよかったな。
けれど、再会で大学教授になってた先生にその大学に受かって生徒として会いに行くシーンでは、「この子、頭はいいけど、おバカなのかしら?」と攻のことを思わないでもなかったです。
4コマでそのことをネタにもされてましたが、攻がちょっとかわいく見えた瞬間でした。

1

ワンコ攻め万歳。

物凄く、惜しい!という感じのマンガでした。
川唯さん久々の新刊で、期待していたのが大きかったってのもあったのかな~。

まずマンガを読み始めてビックリしたのが、トーンの使い方がやまねあやのさん?!みたいな感じになっていること。
(私のやまねさんのトーンの使い方のイメージが間違っていたら御免なさい。)
斜め45度の顔にある貼り方が特に似ているかと。そして唇にこんなにトーン貼る人だっけ?これもやまねさんの影響を感じる。一瞬カバーと中身が違うのかな、と思うほどの違和感でした。・・・漫画家さんって絵が変わっていってビックリするのは多々あることですが、トーンの使い方ひとつでもこんなに印象が変わるものなのですね・・・。アシスタントさんでもはいったのでしょうか?

お話は途中までは良かったんですよ。
ふたりがお互いの素性を知ってしまって、それでも関係を解消できない感じになっているのとか。桐谷が距離を置こうとしているのに岸本は諦められなくて・・・。
「好きになってもらう」と一生懸命な岸本は可愛かったし。受け入れちゃう桐谷もある程度距離を作りつつ接しているのがじれったかったし。
まあ続き、結局桐谷は陥落されちゃうんですけど、ふたりを引き裂くく展開が直後にまっていまして・・・。
そのエピソードが、ちょっとありきたりかなぁ~と思っちゃいました。
そこだけが惜しいです。

っていうか、あの展開で岸本はお咎め無いのって普通なんですか?桐谷がぜんぶ罪をかぶったのでしょうか?そして次の働き口には影響はなんも無かったのでしょうか?
という変なところが気になってしまっております。

引き裂かれる直前の岸本がピアノを弾くシーンは大変美しいと思いました。大切な人に弾いてあげたかったという岸本が健気で切ない。
あと、ふたりが一旦お別れしちゃうシーンでタイトルの言葉が出てくるんですが、状況が状況だけにちょっと切なく響く言葉でした。ここでこう使うのかぁという新鮮さもありました。川唯さんのセンスが素敵。

描き下ろしの岸本のワンコっぷりは大変可愛くおいしく頂きました。ヘタレ攻め万歳です。

川唯さんはいつも描き下ろしやおまけで物語外の日常のひとコマ的なものを描くことが多いですね。そしてそっちの方に感動してしまうことや萌えを感じることが多かったりします。もったいないなあ。宝箱にしまっておくような描き下ろしじゃなくて、ほのぼのとしたお話も本編として読んでみたいです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ