MARIA -白衣の純潔-

maria

MARIA -白衣の純潔-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784773003482

あらすじ

東都医大の医師・伊万里渉は、兄のように慕っていた朱雀流一に先立たれ、哀しみの中で黒衣を纒った。
そんな渉の前に突然、流一の弟で極道に身を堕とした幼馴染み・駿介が姿を見せる。
彼は、周囲から『流一の愛人』と囁かれていた渉を組屋敷へ攫い、「お前は俺のものだ。
死んだ男のことなんて忘れさせてやる」と凌辱した。
かつての面影を失くした漢から与えられる狂おしい快感。
しかし、それは渉に悲痛な過去を思い出させて―。

表題作MARIA -白衣の純潔-

鳳山(朱雀)駿介 ヤクザの鳳山組組長
伊万里渉(あゆむ) 東都医大内科医

その他の収録作品

  • あとがき(日向唯稀)
  • あとがき(水貴はすの)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

今度はヤクザ攻

『Dr』シリーズの4作目になります。

個人的に『お仕事もの』中でも『医療もの』がすごく苦手な上『ヤクザもの』も苦手なので、こちらはある意味『最低コンボ』と言ってもいい設定にも関わらずシリーズ恒例(?)の『これでもか!』という仕事描写が少な目だったので、意外にもすんなり読めました。

このシリーズ、とにかく仕事ばっかりで読むのがツラいくらいだったんですが、こちらはここまでのシリーズでいちばんよかったです。

伊万里(受)と駿介(攻)が幼馴染みで、高校時代の回想が入るだけでもよかったですね。若い(青い)キャラクターが大好きなのでそれだけでも。
その分、仕事描写が減ったんならなおさらだ。

ただ、ストーリーは伊万里の過去の事件はじめ、ちょっと痛々し過ぎてすごく好みとは言えませんが。

2人は同じ全寮制の(シリーズ舞台でもある東都の)高校に進み、甲子園を目指す駿介にほとんど告白されたも同然で答えを返すだけの状況の伊万里。

ところが、ある出来事のために伊万里は駿介の告白を拒絶します。
その後、駿介は突然傷害事件を起こして学校も辞め少年院に入り、退院後姿を消し続きて10年以上経って再会したらヤクザの組長だった・・・

この伊万里の過去が結構痛いです。攻以外からの『凌辱・輪姦』がダメな方はご注意ください。
まあ、直接的な描写はあまりないんですけどね。ほぼ回想だし。実際『事件』そのものよりも、伊万里が痛みを引きずって苦しんでる様子がツラいです。
同じ境遇でも、あっけらかんとしてる受ならたいして気にならないかも。

その2人に、伊万里を愛人にしていたと噂されていた駿介の兄の病死も絡んできます。

う~ん、キャラクター・CPはかなり好きなんですが、ラブ面はなかなか入り込めませんでした。
イヤ、というよりもラブが曖昧なままでのHは苦手なんですよね。もともと、濃いH描写は求めてないんですよ。気持ちが通じ合ったラブラブHならまだしも・・・

ラブそのものは、誤解・すれ違いも含めよかったんです。確かに重めですが切なくていいんですよ。

トータルでは確かに好きなんです。
設定やトーンからも、すごく面白いというのとは違うんだけど読み応えあったと思っています。
あえて言うなら、これで駿介がヤクザにっていうのがなければもっとよかったのに。

評価は迷いましたが、このシリーズはもとよりそもそも日向さん作品で『受キャラクター・ラブが好き』なケースが少ないので、それだけでもプラスして『萌×2』で。

まあでも、なんだかんだ言いつつこのシリーズ自体が決してキライじゃないんですよ。
中でもこちらは読み返し率高いです(というより、シリーズ中で何度も読み返すのは限られた数作だけなんですけどね)。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ