一生一度の、恋をした。

あかるい家族計画

akarui kazokukeikaku

あかるい家族計画
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×21
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
90
評価数
23件
平均
4 / 5
神率
47.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784902671940

あらすじ

女の子とつきあってもなぜかすぐダメになる澁谷と美少年転校生の吉住。高校時代の出会いから同棲生活、家族になるまでを描いたあったかボーイズラブ。
デビュー作から描き下ろしまでを含めた全7編を収録。パイロット、マスクフェチ、幼なじみなど、可愛くてせつなくてハートウォーミングなエロマンチカ☆初コミックス!
(出版社より)

表題作あかるい家族計画

澁谷
吉住

同時収録作品マスクの下で微笑

小島翔太 マスクフェチの高校生
くば 体臭フェチの歯科医

同時収録作品以心伝心

藤 高校生
黛芳男 高校生

同時収録作品だって男の子だもん

ケン 学生
ジュン 学生

同時収録作品青い埋葬

その他の収録作品

  • 泥っかぶりの枯れないばらを
  • 毒を喰らわば皿まで

評価・レビューする

レビュー投稿数12

吉住くんが本当、愛おしい。

もろづみさん、とても好きな作家さんです。
絵はとても可愛いのですが、話が重い事が多いので気軽に読めないのです。
表題作も、そういう感じでした。
BL漫画で恋をしてると自覚してうきうきしてる感じがないのです。リアルで恋愛ってそんな気がします。自覚していなかったり、成就していない頃の方が楽しいのですよね。楽しい面だけ見て、泥は被らないから。

どの著作もそうなのですが、もろづみ作品はBLというよりゲイという言葉の方が似合う気がします。あまりファンタジー要素がないという意味で。
だからこそ上滑りでない分、心に深く響くのかも。

同性を好きになったら誰しもがぶつかるであろう壁にぶつかりながら、二人は上手くやっていけるのだという結末で。
吉住くんが本当、愛おしい。
最初はもだもだしていた渋谷くんも格好良かった。

あと、これはBLじゃないんじゃないかしら?という航空士の話が入っておりますが、これも可愛くて好きです。オチがたまらない(笑)これは斬新ですね!

1

おかえり

表題作のシリーズはラスト、ジンときました。
いいお話ですね~^-^
この作家さんのお話はまだこの本しか読んだことないんですが、雰囲気は独特のものがあると思います。
表題作シリーズと「マスクの下で微笑」のみなら評価は萌x2にすると思うんですが、後半のお話の絵柄と手書きの台詞がとても読みにくくて、全体的な評価は萌にしました。
ストーリーは好き系のお話なんですが・・・ちょっと読みにくいのが残念です。
でもこれからが楽しみな作家さんだとは思います。

0

前半分と後ろ半分のテイストの違いで面食らった

変なたとえだと思うけど、パスタに味噌汁を付け合せたようなテイストの本だね・・・。

前半分の表題作はまさに「恋の病」と言っていいようなかかり方をした二人が「男同士付き合う」というBLでは簡単だけども実際には結構難しい問題に取り組んでいく、恋愛そして新しい家族作りの物語。
(実際、親にカミングアウトとかマジ無理ゲーですからねぇ・・・。)
女性だったらよかったのに、とか子供がうめないからという当たり前の残念さは本当は残酷なんだよね。
その中でのこの話の「親が泣いても一緒にいたい」レベルのハッピーエンドの形は現実的な理想形だと思うし、それでもただいまおかえりがいる関係っていいなと思う。

・・・と感慨深くさせといて
後半に出てくるストーリーの題材がフェチだったり浣腸だったり背後霊によるブサイク女装だったり、相当な色物ぞろい。
お互い寄り道して買ってくるのが「イチジク浣腸」まぁ現実的ではあるんだけど・・・ね。
しかも前半の漫画で比較的美人さんな二人だったのに一気に上がるブサイク率w
まるで2冊の本を読んでいるかのような急激な画風転換に思いました。びっくりです。
好きか嫌続きいか、でいうと・・・うーむ。中立に限りなく近い萌、ですかねぇ

0

楽しい家族計画

シトロンコミックが最初かなと思っていたんですが、違ってましたね。
こっちのほうが先に持ってたのにぜんぜん気づかなかったw
面白かったです。さすが!の一言かな。
□泥っかぶりの枯れないバラを
恋する事に臆病で。
それでも、引き寄せられずにはいられない。
なんだかすごく甘酸っぱいにおいがしました
何って言うんだろうな~私の言葉じゃうまく表せない。。。涙
好き、かわいい、うれしい そんな言葉が詰まった1作
□あかるい家族計画
続き。カップルになった二人。一緒に暮らし始めます
何気ない日常。お互いがお互いを好きで。
その空間が心地よい。求めあう体は熱くて
でも何かが違う。人と外れた道を歩いていることをずっと・・・
受が思っているよりもずっと攻は広くて暖かい。
ずっと胸につかえていたものを、ポンとはずしてくれる。
そんな心地よさを感じました。なんだかな~胸がホッコリするんだ
□マスクの下で微笑
まぁ、なんにでもフェチというのはあるもんだが、マスクフェチ。
や~・・うん。ちなみにワタシのフェチってなんなんでしょ。
あんまり感じたことないんだよな~

他数続き編。

2

目頭が熱く・・

表題作だけのレビューです、すいません。

渋谷×吉住の高校生カプとその後のお話

女の子にフラれて駅でぼーっとしてるところを吉住に声をかけられた渋谷。
でもなんだかワケが分からないまま吉住は居なくなってしまう。
次の日、吉住が転校生として渋谷のクラスにやってきます。
渋谷は昨日の事で声をかけるが否定されてショック。
でもその後、屋上で1人で泣いてる吉住を見てしまってドッキンドッキン。
なんだかとっても気になる存在に。

学ランからブレザーになった吉住に「似合う」って一番に言えなくてイライラ。
「ヤキモチ?カワイー」って吉住に言われたことでグルグル。

“好き”ってなんだろう?うれしくて楽しくてキラキラした事ばかりじゃない。
嫉妬とかで醜くてわがままでカッコ悪くなっちゃうくらい相手を求めることなんだ。
試しに吉住でヌいてみたら出来ちゃって、“好き”なんだと自覚。
吉住に出会って初めて「本当に人を好きになる」という事が分かる渋谷。

男が好きってコトで、前の学校でヒドイ目にあって、
“もう人を好きになるのはやめよう”と決めた吉住。
だから、渋谷に最続き初に「友達になって」って言います。
でも“友達”って事が日々ツラくなっていきます。

屋上で泣いてたのって“どうしてまた人を好きになっちゃったんだろう”っていうのが理由なのかな。
で、ついキスしちゃって。
そんなコト受け入れられないって思ってるから、走って逃げちゃう。
追いかける渋谷。
雨の中、泣いてる吉住の背中がほんとにもう愛おしいです。
ぎゅっとしてあげてー。

晴れて恋人になった2人は高校を卒業して同棲。
吉住は、元々ノンケだった渋谷が自分と一緒に居ることが彼の幸せなのか悩んで悩んで。

好きで好きで仕方が無い。
だからこそ幸せになって欲しい。故に「別れよう」

告げた時に渋谷の妹ちゃんが産気づいて、2人で病院へ行くと渋谷の両親も来ていて、
生まれた子を囲む家族風景にいたたまれなくなって
そっと抜け出して、トイレで泣いて。

ハイ!こっから渋谷格好いいです。

泣いてグチャグチャになってる吉住の手を引いて
孫が生まれて幸せ最高潮って感じの両親に
「ずっと この人と付き合ってます」
ってビシッ!!
渋谷以外、ポカーンてなってるみんなが印象的。
この場面すごく好きです。
何回読んでもウルッときちゃう。

その後、家に帰って渋谷が言う「おかえり」の笑顔は最高です。

本当は神評価つけたいんですけど、表題作以外があんまり好みじゃなかったんで
萌評価です。

2

なんだよ、すげぇ温かいお話じゃんかよっ!

元ノンケが人を好きになることは楽しいことばかりだと思っていたら
ゲイの男の子を好きになって、せつなくくるしいことを覚える。
これが本当の恋なのだなってお話なんだけど
3年つきあって、ゲイの子が元ノンケに対して罪悪感を覚えて
身をひこうとするんです。
そーいうときに、いろんななぐさめ方の展開があるかと思うのですが
この元ノンケがとった行動は「おかえり!」だったんですよ。
この笑顔が絶妙に良くって、ほろりと涙腺が刺激されました。
なんだよ、すげぇ温かいお話じゃんかよっ!

マスクフェチの高校生が、マスクのオトナと恋をするお話は
ほかの方も書いてましたが、私も微妙に気持ち悪かったよw

すでに同棲カップルだけども挿入未満のお話は
どっちが挿れるかをきちんと話し合うし
カンチョウの手順までお話に盛り込んであるんです。
私、通常、BLはファンタジーだと思っているので
カンチョウの手順ははぶいていただきたいな☆って思う性質なのですが
これは、絶妙にかわいかったvカンチョウのくだりがかわいいv

めっちゃくちゃかわいい絵柄だけど
うっかりしてると、けっこうエ続きロくって
とんだ曲者だぜっ!もろづみすみともさんてば☆
うはー。東京漫画社さんの漫画ってほんとに変り種でおもしろい。

1

じわじわとハマる。

もろづみさんの描く「わいわいと楽しそうな雰囲気」が大好きで、オリジナルも読んでみました。
始め読んだときは、絵柄に慣れず1話を読むのがやっとやっとでお話を楽しむ余裕がありませんでしたが、時を経てふらっと読んだらハマりました。

表題作の「あかるい家族計画」の吉住くんの苦悩が切なくてきゅんとします。
悩みまくり思いつめた吉住くんを明るくさっと一言で包み込んでしまう渋谷。
この二人を見守りたくなります。

「だって男の子だもん」はかわいらしいのに生々しくて好きです。
こんなにかわいらしい絵柄なのに、すね毛が生えてるんですよ!

1

甘く切なく可愛く生々しく

じん…と大萌。
表題作。なぜか彼女にすぐ振られる澁谷と、転入生でゲイの吉住。
誰に惹かれていく気持ちはノンケもゲイも関係ない。
偶然が重なって意識して、ふとした瞬間に特別な存在になる。
それを高校生らしい出来事の中で無理なく展開させていて、好感がもてました。
距離の縮まり方がすごくナチュラル。
続編は二人の関係が将来への大きな一歩を踏み出す心温まるお話。じんときたよ。
元ノンケの恋人を持つゲイゆえの不安と、相手に幸せになってほしいという吉住の一途な気持ちを、澁谷がちゃんと受けとめてて私まで嬉しくなってしまった。
一緒に生きていきたいという気持ちが伝わってきて、幸せになって欲しいなと思わせてくれた二人でした。
綺麗事をてらいなく正面から描いているのがまたいいじゃないですか。
「おかえり」「ただいま」っていい言葉だ…。セットなんだね。

「マスクの下で微笑」
マスク青年とマスクフェチ高校生。ほわんほわんした変態たちのらぶ。

「以心伝心」
ほやほやカップルと攻の親友という三人のお話。三角関係じゃないよー!
付き合いたてで意思疎通できてないできたてカップルの続き距離感と、恋人とその幼馴染みのツーと言えばカー並の以心伝心ぶりにオタオタするお話。
この年代こういう関係、うんうんあるある。

「男の子だもん」
テーマはアナルセックス(身も蓋もない)。
と見せかけて、初めて同性を好きになった同士カップルの戸惑いと覚悟をアナルセックスを通してこれまたほわほわ描いてるかんじでしょうか。
(しかし浮気はいかんよ浮気は。お仕置きしたれ)

「青い埋葬」
ダメ副操縦士の初憑依体験。BL未満かな? 
初めての商業誌作品らしいですが、初作品でこういう話にオッケーサインだしてる出版社さんにさすがだなぁと変に感心してしまいました。

みなさんがおっしゃられているように、絵がなんというか素材系とでもいうのか…ちょいクセがあります。
美術出身かな? と思わせるデッサンはしっかりしているので漫画家として下手なのか上手いのか分かりませんが、確実に人を選びます。
話と絵柄がマッチしていて私は気にせず読めました。
ちっちゃいコマがすっっごく可愛いのです。ツボだ。
かわいいのにスネ毛とかしっかり描いてる所なんか特にお気に入り。笑

この作品を気に入っている方に雁須磨子さんの「のはらのはらの」を激しくオススメしたいな。

1

切なくもあったまる

すっごい良かったです…!!
一作目にはいっている「泥っかぶりの枯れないばらを」では、ただ好きでいるのでなく、「男同士」に着目した上での恋愛を描いた作品だと思いました。
人を好きになる、というのはただ楽しいことばかりでなく、嫉妬やつらい気持ちを見逃さない、「人の心のリアル」を無視していない良いお話でした。
受けの男を好きになるなんていけないことだ、と思いながらも攻めに引かれていってしまう様は切ない以外の何者でもなかった・・・かわいい!

続編の「あかるい家族計画」も、受けの複雑な心情を捉えた切ない作品でした。
男同士では攻めにとって将来に光がない…そう思っている受けを攻めが優しく包み込む様子にとても心温められました。すっごく良かったです。
すこしエチシーンもありますw萌えましたね!!

他作品もものすごく萌えました。その中で表題作と同じくらいお勧めなのは「以心伝心」「マスクの下で微笑」「だって男の子だもん」ですね!
どれも可愛いです、萌えましたw

ただ、絵は好き嫌いが分かれるかもなあ?と思いましたね。(私は超好みでやばかったですが
好きな人にはたまらん可愛さで続きす、お勧めです!!w

【キーワード】
『泥っかぶりの枯れないばらを』『あかるい家族計画』
お調子者攻め 美少年受け 出会い 転校生 恋する気持ち 切ない キス 弱エロ 

『マスクの下で微笑』
体臭フェチ攻め マスクフェチ受け出会い 年の差 歯医者 因果の糸 キス エロなし

『以心伝心』
ちび攻め 美形受け 幼馴染 緊張で話せない触れられない ツーカー 伝える大切さ キス 弱エロ

『だって男の子だもん』
デカへたれ攻め ちび受け 挿入未体験 女とのエチシーンあり エロ多め

『青い埋葬』
パイロット 幽霊憑依 コメディ 夢

1

短編集です

絵が苦手中の苦手な絵だった。
ストーリー的には大好きで、真珠のような小品ばかりなんだけど、どうしても絵を最後まで好きになれず──なんかすごく残念な気分です。
初恋、初エッチ、焼きもちなどなど恋するときに感じる小さな当たり前の感情を切り取り、短い物語のなかに上手く編み込んでました。

ただ、マスクフェチの話だけは生理的に受け付けず、微妙にキモかったです。私、あの四角いマスク、苦手なんだよねぇ。

1

幸せ!

表題作を含むシリーズ物は、とにかく幸せいっぱいでした!
受けの子が自分が女の子じゃない事を気にしていて、その心理描写が凄く切なくて泣きそうだったんですが、それを凄くちっぽけな悩みだと思わせるくらい攻めの子がカバーしてくれます。まさにあかるい家族計画です。
表題作以外には、体臭フェチ×マスクフェチというマニアックな設定の作品もあり、お腹いっぱいです(´∀`)
全体を通して、いじらしくも幸せいっぱいな作品ばかりでとても癒されます**

個人的に嬉しかったのはスネ毛まで描かれていた事です(笑)

2

深刻+おバカ=多分幸せ

自分が楽しい恋愛だけを繰り返してきた澁谷と
ゲイである事を思い悩んで人を好きになるまいと
思い詰めた吉住が出会ってしまったのは偶然と
言う神様の気紛れ。
恋に落ちた様子の二人は自覚なきままに友達と
してつるみ始めるが段々否応無く自覚してしまい
…と、言う流れで「泥っかぶりの枯れないばらを」
「あかるい家族計画」の表題作シリーズは進行
します。表題作は一言で言えばそれなりに纏まって
しまった仲とその未来についての吉住の悩み解決篇、
と言う感じでしょうか。ボーイズラブと言う展開法の
中での一つの解答、と観ても良いかも知れません。

その他マスクフェチと体臭フェチとの微妙な恋愛など
一筋縄で行きそうで行かない関係を流されない様に
しがみつきながら飄々と解き解して行く短編集。
絵柄で好みは分かれるかと思いますが、展開方法は
良い歯応えがあると思われます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ