執事の受難と旦那様の秘密<下>

shitsuji no junan todannnasama no himitsu

執事の受難と旦那様の秘密<下>
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784576070841

あらすじ

孤児院院長殺害容疑で逮捕された執事・フライトからある伝言を託されたウィルフレッド。しかし、その意味するところがわからず謎は依然謎のまま…。そんな折、屋敷の中でハルが何者かに襲われる事件が起き、賊が発した言葉により、ウィルフレッドは今回の事件にハルの出生の秘密が大きく関わっていることを知るのだが…。シリーズ最新作、解決編!!

表題作執事の受難と旦那様の秘密<下>

北の死神・検死官/ウィルフレッド・ウォッシュボーン
攻様の助手を務める男娼の過去をもつ孤児/ハル

同時収録作品執事の受難と旦那様の秘密<下>/見える絆、見えない絆

ジャスティン・フライト ウォッシュボーン家執事
キアラン 元高級男娼・フライトのパートナー

同時収録作品見える絆、見えない絆

ウィルフレッド・ウォッシュボーン 検死官
ハル 検死官助手

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

下巻ですね。

この作品は、ストーリーとしてはタイトル通り『執事の受難』と『旦那様の秘密』です。もう直球です。でも実際には、執事の受難は『ハル』を巡る事情が根幹にあるんですね。

しかし、旦那様の秘密は・・・意外と言えば意外でしたが、うん確かに『秘密』かもね。言いにくかったのもわかるし。もうホント可愛いよ、旦那様!

ハルの出生に関しては、もういわば『お約束』の範疇というか、意外性は求めていないので(少なくとも私は)見え見えでもいいんです。

上巻から引っ張った執事・フライトさんも、容疑が晴れて牢から出られたし、キアランもなんともいいキャラクターでした。このCPはホントお似合いですね。いや、メインの2人ももちろんお似合いですが。

それにしても、書き下ろしの短編の激甘なこと!いや、よかったですよ。ハッピーエンドのダメ押しって感じでした。
ここまで大っぴらに結婚式(名前は違いますが)&披露宴っていうのも珍しいんじゃないでしょうか。外国ものファンタジーならではってところですね。
まあ、椹野さんはかなりお好きなようですし、外国・ファンタジーじゃなくても関係ないようですが。
続き
いやあ、ここまで初々しいCPってそうはないですよ!読んでて身悶えするくらいでした。堅物で朴念仁なのに、無自覚に甘~い台詞を吐くウィルフレッドが素敵です。なんて微笑ましいCPなんだろう・・・

きわめて個人的な好みで言えば、ハルの荒い口調が苦手なんですが、それを除けば何も言うことがないくらいホントに好きなシリーズです。
ここで終わり、と思っていたのに、去年いきなり続きが出てびっくりしました。

というわけで、シリーズは『新婚旅行と旦那様の憂鬱』上下巻へ続きます。

0

何回も読んでしまう。

執事の受難と旦那様の秘密の下巻です。

私は刊行されてからだいぶたってから読んだので上下巻とも一気に読めたのですが、これは、上巻で待たされた人はちょっとたまったものじゃない!というところで終わっています。

謎が謎を呼ぶ展開とでも言いますか。
ハルの出生の秘密が明かされる重要な内容になっています。

ハルが育ったネイディーンの家という孤児院で院長が殺され、その殺人事件の犯人として捕らえられてしまったのは、なんと執事のフライトでした。
黙秘を続けるフライトに、なす術がないウィルフレッドとハルの前に色々な事実が明らかになっていきます。

ここで盛大にネタばれするのもどうかと思いますので、ぜひ読んで頂きたいのですが、ハルはとても愛されて巡り巡ってこのマーキスという街にたどり着いたということ。
そして、それはウィルフレッドも同じで。

最後のほうのハルのセリフにウルっときてしまいました。


番外編でマーキス独特の方法でウィルフレッドとハルが結婚するというお話が入っています。
それも二人らしい温かなものとなり、周りの、つい応援したくなってしまう二人に色々としち続きゃうところもほんわかします。

何度も読み返してはほわ~っとした気持ちに浸れる作品だと思います。
椹野さんらしく、色々なお料理もたくさん出てくるので美味しそうな本です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ