DARLING

darling

DARLING
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×23
  • 萌16
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
13
得点
110
評価数
31件
平均
3.6 / 5
神率
32.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784861341861

あらすじ

平和な高校生活を送る理緒の前に、突然現れたカッコイイ転校生・トモちゃん。 圧倒的なオーラを纏う彼を遠巻きに見ていた理緒は、ある日、憧れの先生(♂)の写真を入れた生徒手帳を拾われてしまう。 しかも、そのせいでホモ疑惑をかけられ、「治してやる」と宣言した彼からHなホモ矯正特訓をされることに! イケナイと思いつつ感じちゃう理緒は!? 

表題作DARLING

転校してきたイケメン高校生・三浦朋美
高校生・橋本理緒

評価・レビューする

レビュー投稿数13

ある日突然

静かに、ナレーションから始まります。
そうして片田舎で巻き起こる三浦朋美のインパクト。
分かっていてもつい、浮き足立ってしまう乙女心を楽しんでしまいました。

スイーツみたいなセックスと女性に使われがちな名前のせいか萎えポイントは幾つかあるような気もしますが、割とすんなりとおり過ぎる事ができるのは嫌よ嫌よもなく呆気なく持っていかれるお手軽感のせいかもしれません。
そしてそれをすんなり受け止めてしまう理緒の天然さ。
そんな理緒のどこまでも天然過ぎる部分に多少殺伐とした感情がよぎってしまいますが、母ひとり子ひとりの純粋培養と考えれば落ち着く事ができます。

田舎特有の美意識から外れていても、トモちゃんにとっては絶世の美女的な奇跡の出会い。
きっとこれまでモテ路線でいたのだろうに空回りしてしまう会話。
鼻息の荒さが必死さを伝えてくれるのですが、何故か理緒には伝わらないのが憐れに思えてきます。
騙し討しで簡単に体の関係を持ってしまった分、「自分のことを好きなはずじゃない」と思い込んでしまう。
片思いの憂いに頭いっぱいな2人のすれ違いを訳知り顔で楽しめました。

0

ホモ矯正特訓!

とりあえず理緒くん(受け君)が女の子にしか見えない…体格差萌えとか色々ありますが、女の子にしか見えない…(笑)
でも、私は理緒くん好きです(笑)
純粋すぎておいおい大丈夫か?と思うことも多々ありますが、なんか見守ってやりたく思えて仕方が無いキャラなんですよね…。

ともちゃん(攻め)に生徒手帳を拾われたのですが、その中には憧れの先生の写真が入っており、ともちゃんにホモじゃないと証明できたら返してやると言われ…ホテルに連れて来られます。ホモじゃなかったらヤローに触られても反応しないはず…
もちろんしっかり反応しちゃいました!はい、ホモ決定との事です(笑)
最初からともちゃんは理緒のことが気になってたんでしょうね^ ^
好きな子ほど意地悪したくなるってのはお決まりです!
ともちゃんから提案されたホモ矯正特訓ですが、ともちゃん理緒のすれ違いが見てて切なかったです。
理緒は、せっかくともちゃんが自分の為にホモ矯正特訓してくれてるのに俺ホモ悪化してる…ってとこは少し笑っちゃいました。

すれ違いを隔てて最後はともちゃんが理緒に気持ちを伝えていました!
ともちゃんもう少し早続きく素直になればいいのに〜^_^

王道学園モノって感じですが、セリフだったり言い回しがちょっと面白ろ可愛かったりしました♡

0

執着俺様系攻め×天然ドジっ子系メガネ受け

そうか、もう今から6年も前に発売されたのか、
あぁ時が経つのは早いわね~と感慨にふけりつつ読み返しています。

こちらの作品は執着俺様系攻め×天然ドジっ子系メガネ受けという、
定番でそしてお話も少女漫画のような感じの内容です。

いくらなんでも分かるでしょっ!とツッコミたくなるような、
ウブで何も知らない生娘のような天然メガネちゃんな受けさん。
始終ぷるぷる震えているのがツボですw

それにしてもあっけないほどあっさりと序盤で攻めさんにヴァージンを持っていかれます;
は、はやっw
そして受けさんがズレまくっているのでヤられたこと自体は気にかけていないのです。
それより自分が気持ちよく感じてしまった、ホモになっちゃった!
ということのほうがショックが大きいようです;
気づいて、ちょっと!www

そしてそんな天然鈍感受けちゃんを騙して、
「ホモが治るように矯正してやる」などと言ってヤらしぃことをしまくる攻めさんでした。

この展開はもしやのTL系少女漫画の展開と全く同じ…
だが笑えるwww
色々とツッコミどころがありすぎてお腹が小刻みに震えまし続きた(腹筋?)
とにかく何も考えたくない、ただ楽しみたいという時のお供にたまに読み返したりします。
それにしてもまさかこの作品4巻も出ると思っていなかったのである意味嬉しい誤算でした。
しかも3・4巻は別カップルのお話なので、それぞれのカプのお話はだらだら続いている印象はなかったです。

1

微笑ましくてあたたかい

大好きな作品です!

表紙の受けクンのイラストいかにもな感じで、長い間敬遠していたのですが、先日思いきって手に取ってみたところ…

面白い!
今まで何てもったいないことをしていたんだろう。
食わず嫌いって本当に人生損しちゃいますね。

どこまでもズレている天然ドジっ子理緒(受け)と、長身イケメン誰もが憧れるルックスの持ち主の俺様トモちゃん(攻め)二人の恋のお話です。

理緒の天然っぷりもポイント高いですが、(「セフレ」と言われているのに「サブレ?」って…噴きました☆)私は何と言っても、理緒を愛するあまり、どんどんカッコ悪くなっちゃう微笑ましいトモちゃんが最大の見どころだと思ってます。

理緒の言動ひとつひとつに動揺したり、嫉妬したり、独占欲まるだしにしたり、せっかくクールなイケメンなのに、その仮面がどんどん剥がれて行ってしまうのです。

そして、最初のHの場面で、理緒の○○を間近で見たトモちゃんが、あまりのけがれなさに思わず「何だこれ」「クダモノみてー…」と呟いてしまうのは名シーンだと思います!

こういう、一見ルックスに差があり攻めが上位と見せかけて、続き実は受けに主導権がある、というお話は大好きです。
同作家さんだと、レオパード白書の燐花と薬師寺先生とか。
別作家さんですが、ポルノスーパースターの朝岡と透とか。

そして二人ともとってもイイ子です。
理緒は常に周囲に心配りのある優しい子だし、トモちゃんは一見やさぐれているけれど、信念があって真直ぐな心を持っています。

引きあうべきして出会った二人という気がします。
末永くお幸せに!と祈らずにはいられないベストカップルです。

2

受が大好きな攻

久しぶりに読み返してみて、またキュンキュンしました。

扇ゆずはさんの作品には、受けが大好きな情熱的な攻めが出てくる作品が多いと思うのですが、この作品もその一つに数えられると思います。
実は私の好きな設定でもあって、時々無性にそういう作品を読みたくなった時、必ずといっていいほど候補に挙がる作品です。

ちょっとオタク系の匂いがする天然な受けがまた可愛い。
都会から越してきた最新のファッションがよく似合う攻めとの、一見釣り合わなさそうな取り合わせも好きです。

1

天然炸裂

受けの天然っぷりが炸裂・・・いや爆裂な内容w

最初読んだ時には、なぜ攻めが受けに
そんなちょっかいを出すのか・・・と
ちょっと不明気味に読んだのですが
後でそれが解ってきますね。

ストーリーが巧妙に前後させてあるので
何度か読むとまた違った楽しみ方ができる気がしますw

最初にサラッと読んだ時の印象と
色々と解ってきてから読んだ時の印象では
同じ発言を読んでいても、
きっと、こう思いながら言ってるのね!と
感じながら読めるので
何度も読んで楽しめる作品だと思いました^^

1

予想外でした。

うわー、面白かったー。
予想外に面白かったです。

最初の印象…というか、表紙の印象では理緒がかなりかわいらしい感じなので自分の好みからはズレてるし、それほどハマるとは思わなかったんです。
実際読んででも理緒はキラキラかわいい系だし。
しかーし。
トモちゃんの俺様な感じで強引でありながら、どこか純情というか。
強引に理緒を連れ回してはいるが、それが実は「恋」ゆえっていうのがとてもステキで。
ご本人様もあとがきにて、ありふれた設定だというようなことを書いておられますが、テキトーに遊んでた男が本気の恋に堕ちてどうしようもない感じというのはとても魅力を感じますv
特訓と称したデートとしか呼べない数々とか。
理緒は全然気付いてないけど、それでもトモちゃんの方がそうして一緒に過ごせることをすごく嬉しく思っているのとかいい!
一度は理緒が片想いを継続させていると思い離れてみるも、再会してしまえばもうどうにもならないくらい感情が走り出して。
夏祭りで無茶をした後、抱きかかえた理緒に「ゴメン」と繰り返していたトモちゃんが印象的でした。

このお話、まだ続くんですね。
すご続きい楽しみだ~♪

1

萌えきゅん//

友達におすすめされて買いました

ち◯んぽを「くだもの」って
トモちゃんが言った時の衝撃ッ!
ち◯んぽなのに、くだものだなんて///えっちだ///

作者の扇ゆずはさんのおっしゃる通り
ありがちな話ではあるのかもしれませんが
それがいい(^^)!

橋本くんのぼけっぷりが面白いし、
大人っぽいトモちゃんがHの時に
素直になっちゃうのがかわいい!
気持ちのすれ違いが
もどかしい面もあるけれど
青春です>
えっちは多めですが
そっちがメインになってない所が更にGOOD!
2,3巻買いにいかなきゃ=3

1

可愛い系は苦手ですが

基本的にコイツはオスとして機能するんだろうかみたいな可愛い子ちゃん受けは全く萌えないんですが、この作品は受けと攻めのズレ気味な掛け合いが面白かったのでラブコメ感覚で楽しめました。

一見男前な攻めが受けの可愛さに惑わされて目の下をピクピクさせてるのがなんかおかしかったです。

恋愛漫画において一人でぐるぐる考えて、変な誤解が生じていくみたいなことはよくありますが、本作は受けがいささかズレてるというか天然すぎてイライラするくらいそういう展開なんですよね。

何でそんな考えに行き着くんじゃゴルァと何度心でつぶやいたことか。

うんでもやはり攻めの押せ押せ具合と受けの天然具合がいい感じで科学反応していて面白かったです。

1

少女マンガチックで、エロエロv

実は、『ダーリング』はCDから入ったんですよね。
CDで聴いたときは、なんかBLファンタジーすぎてどうかな?
ぐらいの感想だったんだけど『ダーリング』の真価は
扇ゆずはさんのイラストにあるんだ!と、思いました。

どーしよう。キラッキラしてるv
少女マンガチックで、エロエロv

ちょっと田舎の高校に転校してきた都会っ子のイケメントモちゃん。
メガネっ子の純情 理緒は、小野田先生♂に憧れていることを
トモちゃんに知られ、脅され、ホモを矯正させるという名目で
犯されてしまうのですv←無理があるだろっwww
もう、こうやって文章で書くとヤバいんだけど
これ絵で読むとほんとにかわいくってエロエロで最高なんだ。
受けも攻めもほんとにバカv
愛しいですv
好きだって伝えるのに、まわりくどいことしちゃうんだよねv

乳首萌えv

2

ホモを治す為の特訓

最初に読んだ本が『スタアな恋』で受けがソフトマッチョ系だっただけに、『DARLING』は、細身の優等生天然受けで、こういうのも描けるんだなと多彩さに驚きました。
ド天然な受けに、モテ系の攻めが無自覚に振りまわされている感じが楽しかったです。

モテ系男子・三浦朋美(17)俺様攻め×橋本理緒(17)天然優等生眼鏡受け
三浦朋美=トモちゃんが転校してきて、学校の美少女達は彼の元に。
理緒は平凡で目立たない自分には、全く関係ないと思っていた。
陸上部の小野田先生(男)に憧れてはいるが、ホモではないと信じている。
ある日、小野田先生の写真が入った手帳を落としてしまって、拾ってくれたのがトモちゃんで。
ホモ疑惑を押しつけられて、証明する為にホテルに行くことになって。

理緒を見てムカツクのは好きだからで、ホモを治す為のカウンセリングノートも好きな子の嗜好チェック以外のなにものでもなく、強制特訓もデートでしかない。
ド天然な理緒は全く気付く様子もなく、ホモを治すのにつきあってくれるなんて、トモちゃんは優しいなとしか思っていない。
とてつもない感覚のずれが可哀想になるや、面白続きいやらでした。
トモちゃんに迫られてドキドキして、ホモが悪化しているなんて思っちゃう所はもう重症ですね。医者でも、治らない病確定ですよ。
天然の嗜好のズレは恐ろしいというかで切ない展開にもなりますが、ただ甘いだけだと飽きるので、展開のバランスがよかったです。

眼鏡を外すと美人というベタな設定に、トモちゃんにフルーツとまで言わしめた艶々した性器。
トモちゃんが惚れるだけあって、理緒は全身可愛いです。天然な思考のままに健気なところも、好きでした。
普段、硬質な優等生って感じなのに、眼鏡を外してHモードな時にだけ可愛いっていうギャップがすごくよかったです。
ラブホ、体操着、和服Hと、色んなシチュでのHも楽しめます。

2巻も出ていますが、1巻が一番萌えたかも。

1

DARLINGレビュー。

好きな子ほどイジメたくなってしまうというヤツなのか。
本誌で読んだ時に「ホモを治す!」という台詞に吹いた記憶があります。
BLなのに、ホモを治すって…。

舞台は田舎の学校。そこに転校して来た攻(トモちゃん)と、地味で天然でメガネ少年の理緒。
地味な理緒だけど、制服の下にえっろい体を持っています。トモちゃんだけはその事に気付きます。
どうしてそんなに気になるのか、こいつがホモだからいけないんだとトモちゃんはホモを治すと宣言。でも結局メロメロ~。
訓練といって、理緒にベタベタベタベタ。
場所も学校だったりラブホだったりシチュ色々。コスプレも沢山。
こう描くとドエロい感じに思えるけど、他の作品に比べたらそこまでキツクはないかな。こんな阿呆なテンションの作品です。

因みにコミックスは2巻まで出てて、ドラマCDも出ています。

1

無自覚な誘い受けは攻めさまを翻弄し放題

扇ゆずはさんの漫画を買うのはこれが初めて。久々に純粋なBLモノっぽい受けの出てくる話を読んだ気がします、こういうのもたまには良いかもvv
受けちゃんが無自覚な天然誘い受けで、攻めの男の子を無自覚に翻弄しまくってます。
内容的にはバカっぽい……んですが軽く読めるので何も考えずに読みたいときは最適(ってそれ褒めてんのかい!)

都心から快速で1時間ほどの田舎って本当の田舎に比べると全然田舎じゃないんですが住んでる人たちはよく言いますね「ここらへんは田舎だから…」って、でも、田舎ならどんなに頑張っても東京に電車で1時間では行けないんだから!

こんな感じでツッコミどころは満載です、特にクダモノみたいなち○こって何ですか?ク、クダモノって……ち○こだよ?
いくら綺麗でちっこくてもち○こはやっぱりち○こです、どう頑張ってもクダモノには見えませんよねぇ。だって、ち○こですよ?……って私、気がついたらさっきからち○こ、ち○こって連発してます(*ノノ)イヤーン(←イマサラ)

しかし、こんな風に妙なテンションに翻弄されるうちにいつの間にか読み終わっていました。

その公立高校に続き東京からとある事情を持った三浦朋美(みうらともみ)という男子高校生が転校して来るところからこの話は始まります。
そこで同じクラスにいた一見地味だけど良く見ると実はとても美少年な橋本理緒(はしもとりお)に一目ぼれ!したらしい(笑)
しかしこれ名前だけ聞いてるとどっちが受けなのか判らないって言うかむしろどっちも受け(笑)

理緒のうちは母子家庭で学校の男性教員にあこがれて手帳に写真を忍ばせていたりするのですがその手帳をうっかり落としてしまって、拾ってくれたのが朋美だったのですね~
男性教師の写真を入れてることを知った朋美に「お前ホモだろう」と詰め寄られ「ホモ矯正特訓」を強引に受けさせられるはめに。

かくして平凡だった理緒の日常が朋美のおかげですっかり非凡になっちゃってってお話なのでした。

しかし「矯正」とは名ばかりでどう考えても朋美が理緒にHな事したいがために一緒にいる口実を作っているとしか思えません(笑

この巻だけで終わるのかと思っていたらどうやら次もあるらしい、次回は途中で出てきた朋美の東京時代の知り合いが加わってなにやら混戦模様の気配です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ