ちるちるさくら

chiru chiru sakura

ちるちるさくら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
24
評価数
7件
平均
3.6 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784778103927

あらすじ

女学生の貴島さくらは、れっきとした男子だが、幼少の頃より体が弱かったために娘として育てられた。そんなさくらに子爵家の跡取りで銀行家の鷹司龍一郎との縁談が持ち上がった。男の身で結婚などできないと、縁談を断るため鷹司家に乗り込むさくらだったが、龍一郎はさくらが男だとわかっても動じなくて――ハイパー大正浪漫!

表題作ちるちるさくら

鷹司 / 子爵家の跡取り
さくら / 体が弱かったため女の子として育てられた

評価・レビューする

レビュー投稿数7

受け様が可愛い

表紙からも分かりますが、受け様が女の子として育てられたということもあって、普段は女の子にしか見えない格好をしています。
性格も育ちのせいかちょっと乙女っぽい所があります。印象としてはボーイッシュな女の子という感じ。
受け様の瞳が少女漫画みたいに大きいのが印象的。可愛い服も沢山着てます。
攻め様は大人で、あまり口数は多くないけど男前な性格。
いつもの新也さんのおバカなノリは少なめでしたが、このお話は切ない展開が続くので、コメディ度はこの位で丁度いいかなと思いました。
2人を取り巻く家族のキャラ設定はやっぱり新也さんらしいなと感じられる、安心して読める作品でした。

0

設定にひかれて購入しました

大正もので身分差で子爵でなんて素敵な設定!と思い購入しました。
素敵な設定を生かしきれてなくて、勿体ない感じがします。
一冊丸々このお話なのですが、その割に内容が薄いなと思いました。
主人公が男の子ですが、女の子として育てられてきた設定で、初めから女の子の設定でも問題なさそうです。この主人公が基本的に受け身で事件も起こるのですが泣いてるだけでなんだかなー
BLなのに、主人公が女の子過ぎて期待を裏切られました。

0

お嫁サンバ       by郷ひろみ

女はいつもミステリー。
新也美樹作品です。
ギャク漫画 女装男子です。
見た目が完璧女の子なので 苦手な人も多いかな。
男なのに嫁に行きます。新也作品いつものパターン。
登場人物すべてが 嫁が男という事に一切疑問を感じていません。
話自体は本当に面白いです。
ちゃんと事件もあるし ライバルの女も出てくるし。
男だけど シンデレラストーリー。
個人的に 有名少女漫画「ガラス●仮面」に絵柄が似てると思った。
顔に縦線。
ライバルの女は 亜弓さんにそっくりだし。
最後の妊娠騒動 ありえないから!!!

1

ギャグと非ギャグのバランスが絶妙です。

作家買いをし始めた時、新也先生が非ギャグ漫画も描いていることを
知らない時に古本で購入して、『最強 親分』の収録作品『つめたい唇』を
読んだ次に読みました。

今回の作品は、どちらかというと非ギャグ寄りの漫画でした。
『萌えろ!いい男』や『最強 親分』などの作品に比べると
極端に数は減るものの、それでもバランス良く適度に
新也先生のツッコミが散りばめられていて、ギャグ要素も
要所に描かれていて、その割合とタイミングが絶妙でした。
シリアス過ぎず、笑いすぎず、見事なバランスで描かれている
と思いました。

何も意識しないで読んでいると、受けの さくらちゃんは女の子だと
何度も思ってしまいそうになるのに、何故か非BL作品を読んでいる
という錯覚には陥らないので、何だか不思議な感じがしました。

特に龍一郎さんと さくらちゃんの顔の表情、手の動きなどが
わずかな部分まで とても良く描かれていて、
ストーリーがスムーズに流れていくようなコマ割りも良かったです。

登場人物の設定も全て良かったです。
特にお義母さんは、真実を知っても全く態度や気持ちを変え続きることなく
さくらちゃんと接していて、とても寛大な人だと思いました。

また、時代設定も良かったです。
BLや非BLに関係なく、大正時代と袴は私にとって萌えるツボです。

今回の評価は「神」と「萌×2」で少し迷いました。
ストーリーの面白さや登場人物の心理描写、顔や体の細かな動きなどの表現、
ギャグの度合いや割合など、個別に見ても総合的に見ても、
他の作家さんと比較してみても、とてもバランスが取れているので、
最終的に「神」評価にしました。

0

受け様の家族のおとぼけ具合は笑えます

男なのに女の子として育てられた受け様、結構ありがちな設定だったけれど
思っていた以上に楽しめるお話でした。
先にレビューしていたお二方の感想で興味を抱いての購入だったのですが
やっぱり面白かったですね。
全体的にほのぼのとしていて、本人も女の子として育っているから女装でも無いし
全然男っぽさもなくて、お転婆系のお嬢様って感じの受け様です。

家族にも男だと言う事を忘れられるくらい女の子としての暮らしが当たり前なのか
受け様に断りも無く結婚先を決められてしまう受け様。
でも、家族仲は悪くなくて逆に溺愛されてる感じなんです。
かなり能天気なご家族で笑えます。

受け様は相手から結婚を断ってもらおうと花嫁修業に出た嫁ぎ先予定の家で
断る機会すら与えられずの歓迎を受けてしまい、婚約者にはその日に夜這いを
かけられて、男だと解っても結婚すると言われてしまう。
この時点では攻め様は結婚は義務的なもので誰でもいいみたいで仕事中心人間
受け様は、攻め様に反発しますが相手にされず、そのうちに攻め様の弟にまで
口説かれ始めてしまう事になります。

攻め様に反抗的な思い続きを抱いていた受け様ですが、次第に心は攻め様に捕らわれて
でも攻め様は新しい暇つぶしにしか自分を見ていない事も知っていて、義弟にしつこく
口説かれ攻め様に相談しようとしても、仕事が忙しくて相手にされない。
そんな時に、攻め様が暴漢に襲われそうになり、考える前に攻め様を守ろうと
受け様が身代りに怪我をしてしまう。
そして、攻め様もそこで、受け様の事を好きになっている事に気が付く・・・

1度はハッピーになったかと思ったのに、今度は攻め様に別の相手との結婚話が
持ち上がり、受け様は、攻め様の為に身を引くことに・・・
ちょっぴり誤解と擦れ違いが起こるのですが、やっぱりほのぼの甘々展開
ちゃぁ~んとハッピーウェデングにまでたどり着けるお話でした。

でも、受け様を口説いていた軽いノリの攻め様の弟は攻め様の策略で?
人身御供にされちゃってます(笑)でも案外幸せになるような気がします。
ラストまで、とぼけた感じのお話も続いてるんですよね。
義母と受け様の性別を忘れたのか、本気で出来ると信じてるのかわからない
ノリノリな展開もほのぼの感をプラスしてて楽しめる作品です。

0

見た目は完全にやまとなでしこ、心の中身は男の子?

花嫁ものが結構好きなくせに、男の子が「女として」花嫁に行くというのは
あまり好きではありません。以前酷評したことがあります。

そこで今回のさくら。黒髪を真っ直ぐにおろしてる姿はどう見ても男には見えないし、
学校の友人たちどころか両親兄弟すら男だってことは綺麗さっぱり忘れてた位w
そんな子なのであっさりと16になりました、結婚しませんか、なんていう話になる。

そこでなんとか嫌われようとする・・・がそこは新也さん。
初めて家に来た日にいきなり婿どの候補の龍一郎はさくら押し倒しちゃうのですw
「男でも一向に構わないよ、むしろ余計な面倒がなくてよかった」
そうかあ・・・!? さくら的にはそこでガッツリ抱かれてしまって「大嫌い!」と思っているはずが、襲撃事件を越えて実は思っている方向が丸ちがいという事に気づかされてしまう。
まぁ、好きの反対は無関心であり、嫌いじゃあないですからね。

でもそうなったらなったで他の家から花嫁が来るとかいう話は出てくるし、そもそも男が花嫁になれるのか?という当たり前でありながらBLをファンタジーにしない悩みを抱え込んじゃうし。

続きっぱ姿は完全に女の子なのに本人はガッチリ男の自覚があるし、性格も男の子!というのがこの本が嫌でなかった理由かなぁ。これで性格もなよなよだったら一気に投げ捨て本になるギリギリラインの萌えです。

あと、怪我した時にちゃんと男の子だと分かってながら「できたんじゃないっ!?」とか言い出すお義母さま他周りのゆるさもあるかなーw

2

もっと早く読めば良かったぁ…ヽ(´Д`;)ノ

小さい頃、病弱なさくら(受け)は女として育てれば無事で長生きすると言った祈祷師の言葉通り、女の子として育てられた。
さくらも16才になったある日、突然さくらの結婚が決まった。
相手は子爵家の長男、鷹司龍一郎(攻め)。
父親と兄達はさくらが男どという事をすっかり忘れていた。
式は三ヶ月先で、一週間後には花嫁修行も兼ねてさくらは鷹司へ移り住む事も決まっていたので、今更断る訳にもいかないと言う父と兄達。
だったら、式だけ挙げておいて断固床入りを拒み続けて、向こうから離縁されるのを待とう!と言い出す始末。
このままではいけないと思ったさくらは、鷹司家へ行って隆一郎に会う前にこの結婚を断ろうとした。
だが、龍一郎の母親に気に入られたさくらは色んな服を着せられたりで、話すきっかけがつかめない。
更には「こうやって娘と楽しく過ごすのが昔からの夢だったけど、さくらちゃんが来てくれたからもう夢ではないのね」と言われてしまい、ますます断りづらくなってしまった。
するとそこへ龍一郎が帰宅してきた。
彼はとても格好よく、さくらも思わず見とれてしまった。
結局その日は断れず、泊まることにな続きった。
寝ていたさくらだが、体が重く息がうまく出来ず苦しくなった。
龍一郎が夜這いしに来たのだ。
抵抗するさくらだったが、結局自分が男の子だってことがバレてしまった。
男の子なので結婚はなかった事に…と頼むが、「男でも一向に構わない。むしろ余計な面倒がなくてかえって良かった」と言う龍一郎にさくらは抱かれてしまった。
自分はもう、お婿に行けない体になっちゃったかも!?と思うさくらだった…。


花嫁ものです。
「何で今までこの本を読まずに放置していたんだ!!ヽ(`Д´)ノ」と後悔した。
すごくおもしろかった!
(*´∀`*)
でも顔は女の子なのに体は痩せっぽちの男の子だったので、裸になるとかなりアンバランスだった。
なので、苦手な方には苦手かもしれません。
始めはどこか冷めていた龍一郎ですが、さくらに惹かれてからは変わっていきます。
さくらも優しい龍一郎に惹かれていくわけです。
話も今の時代ではなく昔の時代のものだったので、お洋服もまた可愛かったぁ。
(´∀`*)
しかし天然のさくらと龍一郎の母。
本当に妊娠したと思って喜んでましたよ…。
((;´∀`)
これからどうする、龍一郎よ…。
|゚Д゚)))

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ