憎しみが愛に変わるとき

nikushimi ga ai ni kawaru toki

憎しみが愛に変わるとき
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
2件
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784862960351

あらすじ

検事二年目の吉野睦月のライバルは法曹界の新星・朝吹庸介弁護士。冷静沈着、頭脳明晰な朝吹とは司法研修所の同期だった。当時から何かと絡まれ議論を交していたが、公判でもエリート然とした態度でやり込められてしまう。これ以上負けられないと、情報集めに奔走するが、怪しげな店で数人の男たちに拘束されてしまった!!淫らな腕で翻弄されそうな吉野を救ってくれたのは、偶然現れた朝吹だったけど…。ゴージャス弁護士の華麗な求愛。

表題作憎しみが愛に変わるとき

朝吹庸介,売れっ子モテモテ敏腕弁護士
吉野睦月,カタブツ駆け出し検事

評価・レビューする

レビュー投稿数1

おでかけ検事のお仕事拝見

最初に言っちゃうと挿絵目当てです。
ん~・・・・別に悪くないし、それなりに面白いんですけど、どうもテーマがこじつけっぽく感じて、乗り切れず、萌えるほどじゃなかったもんで。

駆け出し検事の吉野は、法廷で一番会いたくない奴と対面する。
相手は司法修習生時代の同期で、弁護士の朝吹だ。
同期時代、ことごとく自分に敵対してきて、金になるからといって弁護士になった、一番嫌いなタイプの男だった。

お話は、冒頭二人がやりあう法廷場面から始まるんだけど、後はほとんどおでかけ検事にちょっかい出しつつ付きまとう弁護士という形で進みます。
ある事件を軸に、二人の距離が縮まり、またその事件の解明も進んでいくんだけど・・・どうもこの事件を通じて、二人の誤解を解き、そして同一のテーマみたいのを絡めて・・・るつもりなのか?というのがちょいと透けて見えてしまいました。

あと、攻めの朝吹にどうもイマイチ魅力が感じられなかったんですよね。
辛い過去から色々行動や言動に問題がある?のか?という感じではあるんですけど、自然にそれが感じられるんじゃなくて、「あ、ハイハイそういう設定なんですね、わかりま続きした」って気分で読んでたからかなと思いました。
受けの吉野にも若干同じ気持ちになった。
だからか、どうもくっついた時もしっくりこない感じがしてしまいました。
その辺りを文章で自然に感じさせて欲しかったなというのが正直な感想です。

というわけで、イロイロが気になり、ちょいと盛り上がれなかったので、中立にさせていただきました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ