極上の恋人 2

gokujou no koibito

極上の恋人 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
52
評価数
15件
平均
3.5 / 5
神率
13.3%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
オークラコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775509746

あらすじ

須田良海は、超ワガママで生意気な16歳の新人モデル。マネージャーの匡弘は、いつもその言動に手を焼いている。良海に強引に迫られて何度か体の関係は持ったものの、「良海レベルでは問題外」とまったく相手にしない匡弘。そのことで熱くなる良海に、トップモデルのアキトくらいになれば考えてやるとたきつけると、良海はアキトを超えてトップになってみせると宣言する。そして、これまでとは違う真剣な態度で、モデルの仕事にのめり込んでいくが――!?

表題作極上の恋人 2

良海 (16歳の新人モデル・お金持ちのお坊ちゃま)
匡弘 (モデル事務所マネージャー)

評価・レビューする

レビュー投稿数10

強引な台詞にグラっ

​ 1巻に引き続き、見た目は大人、中身は16歳…いや、まるでおもちゃを欲しがって駄々をこねる子供の様な良海です。こういうタイプが苦手な方からは「ガキかよっ!」と壮大にツッコミが入ってしまうぐらいににワガママ放題なんですが、「俺の言うことを聞け」「俺を好きになれ」「俺のモノになれ」って強引な台詞も、やっぱりイケメンが言うとグラっと来ちゃうんですよねー。この巻では強引なだけじゃなく、優しいところも見せていて、そこに絆されてしまいました。
 匡弘を怖がらせたことを反省して、冷えた匡弘の身体を一生懸命に温めようとする良海は可愛いし、アキトと飲みに行った匡弘を待ち伏せて、ビール1杯で酔って眠ってしまったり、外でのお茶を「デートみたい」と喜ぶ姿は無邪気で、横暴な中に混在する可愛さがとても魅力的です。
 良海と対照的に描かれるアキトもカッコいいんですけど、大人の優しさや思慮深さが裏目に出そうです。優しすぎるんですよー!良海はライバル視しているけれど、読者からはどう見ても良海に分があるように見えてしまうので、もう少しアキトにも頑張って欲しかったです。

 モデルのお仕事も程良く描かれています!続き良海が売れてくるのはよくあるストーリーですが、良海が喜んだPVの仕事は事務所からのプッシュで取れた仕事だったとか、ちょっとリアルなところがあるのもいいです。

 刃物にトラウマがあるらし匡弘のことや、良海のことをよく思わない先輩モデルたちが出てきて不穏な空気が流れて、3巻に続きます。

0

こう見えて高校生

いやぁ、相変わらずの我が儘坊や、良海。でもね、敏腕マネージャー匡弘によって徐々に知名度が上がってきましたね。
二巻では、匡弘とアキトの出会いから、匡弘とアキトが距離を置くきっかけになったらしき事件なども書かれていて、二人の関係が少し見えてきました。
また、一方で売れてきた良海をよく思わない先輩モデルたちも出てきて、帽子をずたぼろにされたり、ちょっと不穏な空気。パーティでその犯人らしき先輩モデルに近寄る謎の人物もいたりして、三巻で良海何されちゃうのー?!と心配と期待が高まります。

また、良海の匡弘に対する気持ちも単なる「ライバルのアキトの恋人を振り向かせたい!」というものから純粋に「好き」と言う気持ちに変わってきているのも随所に描かれているので普段の生意気な良海と甘ったれ良海のギャップを堪能できました。アキトと飲みに行ってしまった匡弘をビールを飲みながら待っていて、帰ってきたとたんに抱きついて安心して寝てしまうシーンとか、可愛すぎました。

0

匡弘の過去が・・・

マネージャーの匡弘に執着する新人モデルの良海。
モデルのアキトに嫉妬してるからなのか、単純に匡弘が気に入っているのか、いまいちわかりません。

そして気になっていた、アキトと匡弘の関係(過去)が本巻ではすこし垣間見れます。
匡弘にはこんな過去のトラウマがあったのですね。。。

良海の傲慢な振る舞いに呆れていた匡弘ですが、
徐々に良海の強引さに心が乱されていくではありませんか。
この二人どうなるのでしょうか。

ただ個人的にはアキトと匡弘の関係気になるところです。

2

わがままな俺様

俺様ってだいたいはわがままなんだけれど、受けを思ってる俺様だけれど、この良海は自分勝手なワガママといいますか、、、。

受けキャラの匡弘の気持ちをまったく考えてないといいますか。。。。
つまりちっとも愛を感じられないです。
攻めキャラの良海の性格はあまり気に入りませんが、ストーリーとしてはいい話です。

これからの展開に期待したいです。

当て馬のアキト、結構好きです。
あと良海の先輩モデルの瞬も・・・・
アキト×瞬のカプのストーリー読んでみたいです。

0

まだまだひよっ子の攻め。

ククク!のっけからウケます。
良海が寝ぼけたままの状態で匡弘だと思って抱きしめた人はアキトでしたw

そして相変わらず俺様な性格です。仕事も「受けてやってもいい」というふてぶてしい態度。
もう16歳になると言うのに、父親の権力・お金にすがって生きていている勘違いボンボン。
そのことを人に平気で言える恥ずかしいヤツです。

しかし、この巻では良海の「モデルの仕事」に対する意識が変化して行きます。
全てはライバル・アキトに追いつくためですが、動機はなんであれ、仕事にきちんと向きあい始めたのが良いですね。

俺様なおかげで事務所内で他のモデルと諍いを起こしますが、俺様な上に強いのでw外野が騒いでも全くおよびじゃないという感じ。こういう人の方が業界は向いているんじゃなかろーかと薄ら思ったのでした。

0

長編の2巻目

4巻完結の2巻目。
4巻すべてが、1つのストーリーで読み応えあり。

良海くん、自分がマサヒロの事を好きだって自覚してからは
トップモデルでマサヒロの恋人と噂のあるアキトに
対抗心バリバリで挑んでます。
こんな姿がもうお子ちゃまでかわいいww
マサヒロに対してヒドイ事しているように見えるけど・・・
相変わらず、アキトとマサヒロの大人達に相手にされず、
ただただキャンキャン吠えまくってる子犬のようですw

こんな事したら嫌われるかも・・・とか
オトナだったら考えるようなことも考えず・・・
と言うか、そういうことを考える常識を持ち合わせて
いないんですね、お坊ちゃまだからw

0

相変わらずオレ様ですが

この巻では、良海がちょ~とだけ匡弘に対して優しくなる場面があります(ほんとにちょっとだけですが)。
好きだと自覚して匡弘を思いやることを少しは覚えたのかな。相変わらずかなり強引ですが。
モデル業を真面目にやる理由と言うのが匡弘獲得というのもまた・・・笑ってしまうほど単純バカなんですが、匡弘に対する気持ちを考えるとやっぱり可愛い・・・。私もこういう攻めが好きみたいで、どうしようもないですね(笑)。
恋愛以外にも問題がチラホラと見えてくるのですが、そちらの進展も楽しみ。

1

続きはどうなったんですか?

お話は…進んだのかな。
進んでるか。
少しずつ受の気持ちに変化が出てきてるようなので。
受の過去やらアキトとの関係やら少しずつ見えてきた部分もあるし。
これからその過去の部分とかもいろいろ出てくるのかしら。
まだまだ全然いろいろ落ち着きそうにはないけども。
というか、次の?黒幕はあの子なんじゃ…と思うのだが、どうなんだろ。
少しずつ攻が成長してイイ男になればいいのに。

ちょっと調べてみたんですが、これって続き出てない?
うぇー、そう言われると余計に気になるんですが…。

0

結局この先はどうなったの?

なんだか最近、2巻目で中断、この続きって、いったい、、、
な作品ばかり読んでいる気がする、、、orz
この本も、1,2と2冊が出たのが随分前で、その後続きが出ていないようだから、2巻で完結かと思って読んだのに、、、、

この本、良海がアキトと張り合うために、モデルの仕事にやる気を出し、出演したPVも注目され、売れはじめたら、元々のデビューの経緯や、普段の態度から、周囲とのいざこざが、、、、
匡弘も、アキトから、関係の修復と進展をもとめられて、、、
って、続きが気になる所で終わっている。

この続きは、いったいどうなったの?

誰か教えて!!

1

微妙な三角関係

2巻は、匡弘、良海、アキトの三角関係がメインになりますが、
良海のモデル、男としての成長も描かれています。

匡弘が、『アキトレベルになったら付き合ってやる』と言ったことにより
仕事に真面目に取り組み出す、良海。
このあたり、わかりやすくて可愛いですねー。
真っ直ぐに気持ちをぶつけてくる良海に対して、
匡弘の態度もやや軟化してきたかな…という感じです。

それにしても、余裕たっぷりで気遣いもできる大人の男、アキト。
彼を越えるのは大変そうですよ、良海クン…。がんばれ!

態度も口も悪くて、親のコネで事務所イチオシのモデルになった良海に
他のモデルたちから向けられる妬みや悪意の感情も、
今度どうなっていくのか気になるところです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ