お望みのままに

onozomi no mama ni

お望みのままに
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
25
評価数
7件
平均
3.6 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199603471

あらすじ

平凡な高校生が、執事にかしずかれるセレブに変身!?
莫大な遺産と共に、超一流の執事まで相続した要(かなめ)。
執事の日高(ひだか)は優雅で有能、全てにおいて完璧な仕事を誇る男だ。
そんな日高に気後れしながらも、なぜか要はときめいて…!?
有名作詞家と人気作曲家から口説かれちゃう、
好評シリーズ『三人目のシーズン』も収録?
(出版社より)

表題作お望みのままに

日高健成 / 世話役
西野要 / 御曹司(元孤児)

同時収録作品三人目のシーズ/三人目の特等席/三人目は…

加賀美玲一 作詞家
雪仁

同時収録作品イミテーション・ラヴァーズ

瀬名弘明 生徒会長
高谷雄介

その他の収録作品

  • お望みのかぎり

評価・レビューする

レビュー投稿数4

歳の差カップルが詰まった一冊

表題作の「お望みのままに」は見よりのいなかった高校生が突然セレブになり、執事が付くというシンデレラストーリーに近いものでした。

執事×坊ちゃんという作品ですが、なかなか素敵なカップリングだと思っただけに、短いお話だったのが少し残念。
かいがいしく世話をしてくれるのに、執事である日高の口調が素に戻る瞬間などのギャップがよかったです、
話は珍しい感じではないのですが、主従もので歳の差ものが好きな方にはオススメだと思います。

「三人目のシーズン」
これが1番長いストーリーでした。
幼なじみで今は作詞家の玲一と、まだ高校生の雪仁。
玲一の親友、大野を彼の恋人だと思いこんだ雪仁は二人を気遣いますが、逆に玲一は大野と雪仁の仲を勘違いしている様子。
三角関係ものかというと、雪仁と玲一が両思いなのは見ていてわかるのでそうでもなく、大野も嫌な人物ではないので安心して読める作風でした。雪仁がちょっと女の子ぽいのが気になったんですが、幼なじみで歳の差というのはツボでした。

そのほか学園ものも入っていますが、歳の差で受けが学生という設定が多くを占めている一冊です。ストーリーは王道続きなので、スタンダードな歳の差ものが読みたいときにオススメしたいです。

0

絵もお話もときめきます!

三種類のお話が収録されています。

円屋先生の作品は絵がとても綺麗で、そしてちょっぴりギャグっぽい部分も織り込まれていたりしてそのバランスが好きです。

どのお話も良い意味で少女漫画的なドキドキのときめき展開で楽しめたのですが、とりわけ好きだったのは、イミテーション・ラヴァーズです。
高校生・親友物なのですが、胸キュン展開が繰り広げられていて・・・

それと、「お望みのままに」の描き下ろしHシーンもとても素敵でした!!
自分の気持ちや希望を表現するのが苦手な受け様の控えめ感がなんとも言えず萌えます。

0

美しい王道もの

円屋さんの作品は絵を見るだけでも目の保養になって楽しめるのですが、この作品も王道を行っている1冊だと思います。

表題作は執事の主従モノです。
孤児だった少年がお金持ちの祖父に見つけられて引き取られ、その祖父に雇われていた執事に身の回りの世話をされるというお話です。
上流家庭の作法なども教えられ、少年は孤児だった時には思いもよらなかった自分が望むものを見つけていきます。

「三人目のシーズン」のシリーズは作詞家と年の離れた幼馴染とのお話。
作詞家ということもあって、芸能界ともつながりがあり、登場人物が華やかです。

「イミテーション・ラヴァーズ」は高校生の同級生同士のお話。
親友に彼女が出来たのですが、彼女との仲が上手くいくように協力を求められて仕方なく協力するというお話。

円屋さんの華やかで美しい絵は上流家庭や芸能界という設定にぴったり。
言葉遣いも絵に似つかわしくあまり崩れないのも雰囲気に合って気に入っている所です。
Hも控えめで上品な方に入ると思います。甘あまで(歯が浮くようなw)うっとりするようなお話が読みたい時にはオススメです。

0

ほのぼの癒されました。

円屋榎英先生の絵はどの作品もとても美しく丁寧に描かれてます。
この本にも言えることだと思いますが、キスシーンやHは上品でいやらしさがありません。いやらしくないから(H度が低いから)萌えないなんて事は円屋榎英先生の作品に関してはありません。(と思います。)

「お望みのままに」には書き下ろし「お望みのかぎり」が続きます。
執事の日高の眼鏡の奥の瞳はとてもクールですが要を見る視線は
優しく熱いものを感じます。素敵な攻め様です。


「三人目のシーズン」「三人目の特等席」「三人目は・・・・」
この本の中ではいちばん面白く楽しめました。
年の離れた幼馴染み受け(雪仁)と攻めの作詞家(加賀美玲一)と受けにちょっかいを
だす作曲家(大野徹也)がいるのですが「静」が玲一なら大野は「動」かな。
雪仁が微笑ましいくらい可愛くて純粋で癒されました。
初Hの後の彼がもう乙女なんです!ホントに可愛い!
雪仁が少年から青年に成長していく姿を見てみたい、続編を描いて欲しい作品です。


画風だけではなくストーリーも特に受けさんの心情が細やかに描かれています。
綺麗な絵をお好みで続きしたらオススメです。



1

アルマシー

円屋さんの作品に対する熱い想いがしっかりと表現され、コミックの読み処もきちんと書かれていて素敵なレビューだと思いました。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ