キスブルー KISS BLUE 2

kiss blue

キスブルー KISS BLUE 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×22
  • 萌19
  • 中立9
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
20
得点
114
評価数
44件
平均
2.9 / 5
神率
18.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス CRAFT Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813050735

あらすじ

お前と友達でいたいんだよ・・・・
親友としての一線を一度は越えたものの、
友情を大事にしたいと自分から野田に告げた友坂だったが、
野田への想いを押し殺すことに苦しくなる。
今まで通りになんてできるわけがない。
傷つく友坂に、野田の想いは次第に変化していき・・・
友情と愛情、その狭間にあるものは?
(出版社より)

表題作キスブルー KISS BLUE 2

野田 女にだらしないプレイボーイの大学生
友坂 お人好しな大学生

同時収録作品彼はカフェで待っている

その他の収録作品

  • 未来は君の手の中 2years after
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数20

これぞ、友達以上恋人未満のお手本?

2巻目です。

1巻目で、「友情の力」だけで、
セックスした主人公の友坂(受け)と野田(攻め)。

野田にずっと片想いを続ける友坂。
大事な友人として付き合いたい野田。

二人の思いが交錯して……

ってところで1巻が終わってました。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

1巻よりずっと「雰囲気系」になってます。
コマも大コマ使用で、さらりと空気が流れて、
「ス、ストーリー…、どないして、説明しよ…」
みたいな感じで困ってしまいます。


野田は相変わらず、女ったらしでだらしがない。
友坂も相変わらず、態度は全く表に出さないが、
野田のことが好き。

そんなとき、友坂のことが好きだと思われる
同じ大学の女の子が現れます。

これがねー、またいい子なんだよ!
女の子の当て馬とか、ホントは大っ嫌いなんですが、
この子は良かった。
友坂を映画に誘うのは頂けませんが、
「本命がいると野田に聞いた。
 スッパリ友坂に振られるためにココに来た」
とか、言うんです。 おお、潔い。
しかも、本命(野田)に告白していないのなら、
告白し続きなければいけない!と、友坂の背中を押し、
その一言で友坂は、野田への告白を決意します。

まあ、暗黙の了解で「友坂は野田のことが好き」と
両者の間で、今まで理解はされていました……が!
確かに、正式に(?)友坂は野田へ告白はしてないですよね…
よく考えて見れば。

で、友坂は野田に正式に告白します。
勇気いっただろうなー。 手とか震えてたし。

でも、その後の野田の言葉と行動が解せない。

「俺は、お前のこと大事な友達と思っているんだ。
 なんでかな、俺、今、お前にキスしたいんだけど」

なんて言われたら、普通
「友達なのにキスしたいって、どゆこと!?」って、
思いませんか?
でも友坂も野田もその言葉をあっさりと受け入れ、そしてキス。
え、えっと……なんで???

でも、なんとなく、雰囲気でわかるんですよね。
この物語は「雰囲気系」で、なんとなくで伝わる物語。
スパッと割り切ろうとするほうが難しいのかもしれません。

最後に野田が、
「不思議とお前とはずっと続いていくと思うんだよね」と
言います。
この一言で、なんか全てがすーっと納得って感じでした。

ラストで微笑ましく、笑えたのが
友坂(受け)が「腹壊してるんだよっ」と言った場面。
野田(攻め)が、
「そういえば昨晩、最後にゴム使わなかった…」と言い、
友坂に殴られている野田が嬉しそうでした。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

「なんとなく、こういう雰囲気。
 だから、両想い。
 だから、お互い分かり合ってる。
 だから、お互い好き」

そんな「雰囲気系」のお話でした。

友達以上恋人未満だった友坂と野田。
晴れて、これで恋人同士。


大学卒業しても、一緒にいてね。

3

相手の想いや性格が微妙で、モヤっとする。

相手がヤリチン浮気しまくりって設定がどうも受け付けませんでした。
両思いになってからも、どうやら女と遊びの浮気してるし。
イケメンモテモテ設定だけど、性悪そうな顔にしか見えない(笑)すみません。
主人公の、好きって言ったり離れたりを繰り返す
情緒不安定で極端すぎる行動にもちょっとついてけないところがありました。


スピンオフの店長の相手も、
妻子がいるのにおまえが一番だとか何度も言うのって酷いやつだなぁと。
妻子に対しても、店長に対しても不誠実。
惚れた弱みにつけこんで色々甘え過ぎ!
「ひどい、本当に酷い男だ!」ってどっちがよ…
そういう天然鬼畜系既婚男をズルズル待ち続けちゃう弱さもわからなくもないですが。


どっちの相手も、主人公を必要としてるのは分かるのですが
恋愛としてちゃんと好きなのかよくわからないのが
一番もやっとする原因かもしれません。
都合のいい男にされてない?

3

自分たちの感情に素直になってからの2人は…潔かった‼

第2巻です。

友情の関係のまま一線を超えてしまった2人。
友坂が自分の気持ちを隠して、親友に戻ろうとする必死さが読んでいて辛かった‼
前作と同じように、割と淡々と進んでいくので、余計読んでいて、せつない気持ちにさせられます。

野田にとっては友情の延長線上でしかなかった行為…でも、友坂は違うわけで…一線は超えても、キスはしなかったっていう所が、野田の友坂に対する気持ちなんだと…
2人の間にある温度差に胸が締め付けられました。

でも、友坂の変化に気がついていく野田。
「必死になっていつも通り振る舞っている」ことに気がつくんです。
自分が苦しめている事に気づき…友坂を好きだという女の子の出現で、野田の気持ちにも、少しずつだけど変化が見られてきます。

そして、友坂もこの女の子の告白とアドバイスのお陰で、野田に自分の気持ちを伝えて、けじめをつけようと決意します。
その時には野田の気持ちも固まってるんですけどね。

いろんな心の葛藤や苦しみを超えて、やっと2人は…
自分たちの感情に素直になろうとしてからの2人の潔さは、かっこよくもあり、読んでいて心地良かっ続きたです。

最後に、野田が浮気をした…してないのお話があるんですけど…野田の必死な様子に、えっ‼やっぱり相変わらずなのと思ったり、信じたい気持ちもあるので、誤解だととりたい所なんですけど…
あ〜2人にはどちらにしても、友情もあっての愛情…友人でもあり恋人同士でもある関係なんだなあと考えたら…こうやって言い合える事が幸せなのかなあと…
うまくは表現出来なおんですけど、一人納得でした(笑)
でも、やっぱり少し物足らない最後なので…微妙な評価になってしまいました。
ゆっくりペースで、近付いたり離れたり…微妙な距離感が心地良い作品ではありました。

やっぱり気になった、バイト先の店長さん。
さりげなく気遣ってくれる、大人な優さに萌でした♡
店長のお話も最後に載っているんですけど…これがせつなくて胸がキュンキュン涙でした。

せつない親友同士からの恋模様を読みたい方にはオススメです。

3

手放しで喜べなかった

このコミックの裏表紙というのでしょうか
友坂が上半身はだかで
野田はシャツはきてるが前ははだけている

このイラスト好きです
が、やはり最後まで野田を好きになれなかった

そして、友坂を好きな女性がかわいそうで仕方なかった
普通以上に優しい女性だった気がする
友坂と野田の関係よりも
友坂とその女性の関係に気がむいてしまい
元々のテーマから離れた目でみてしまいました
木下さんの作品大好きですが
この作品は非常に厳しかったです




0

惜しいんですよね・・・

木下さん、初読みです。

内容の割には・・・長いと思ってしまいました。
これが1冊にまとまっていたら、もっと評価高くしたいのに。

友達という関係を壊したくなくて、でも好きで・・・という友坂の気持ちは痛いほど解かるのだけど、ちょっと怖がりすぎて友坂が同じところをぐるぐるしすぎ。
もっと自分の気持ちを押したらいいのに!と思ってしまい、感情移入しきれず仕舞いでした。個人的に、もうちょっと強さがあるキャラのほうが好みでしたね。

野田は、前巻の教師とのエピソードが好きでした。
でも、どうして野田が女好きで浮気性なのかのもう一押しが欲しかったです。


本編よりも、私は店長の話が好きかも。
セクハラおやじかと思ったら・・・本編でもっと格好良く描いてくれれば良かったのにー。
悲しいけど、実のところこういう関係に落ち着いてしまうことが多いのかもしれないですね。
でも、だからこそ彼らはずっと繋がっていける。そう思いたいです。

1

ほっこりしました(*´ー`*)

木下さんの作品はどれもリアルですね。
決して情熱的ではないけれど、静かに燃え上がる愛の形に毎回胸が締め付けられます。

先のレビュアーさん達もおっしゃってましたが、欲を言うと野田の気持ちをもっときちんと知りたかった……
2人の愛の大きさに差があるように感じます。

いつものらりくらりとしている店長の番外編。
これは本当にリアルな大人の恋ですね!
好きだけじゃどうにもならないということを訴えかけられました。
店長さん幸せになってください(>_<)

0

くっついたけど・・・

とりあえず、無事カップルになってよかった・・・と思います。

ただ、付き合うまでの野田が淡々とし過ぎていて、少し不満でした↓
友坂のことが「好き」っていう描写がもうちょっと欲しかったです・・・
友坂は気の毒なくらい悩んでいたのに(ToT)/~~~

カフェの店長のお話は、良くも悪くもリアルでした。
大人特有のズルさ、やるせなさが存分に表現されていたと思います。
店長さんにはぜひとも幸せになっていただきたいです。

前作が面白かったので、多少期待しすぎたかもしれません。

0

中途半端やん

なんかすっきりしないのですが。
女にだらしない男が(それもプレイボーイ!死語です)
これから満足に そう簡単に行きますかねえ・・・・・。
絶対 やっぱり女抱きに行くわ!ってなるぞ。
止めとけよ!そんなヤツ!
バイな男性って 絶倫って勝手なイメージあるなあ。
お互いの幸せってなんなのかしらねえ。
かといって 友達のまま付き合うのも辛いよね。
SEXしたい相手が自分の周りでウロウロされたら
そりゃあ 腹立ちますわ!
イラッときたので しゅみじゃないです。

2

二人の恋が完結

 友坂が女子に好かれていることを見抜いて、「つきあっちゃえば」なんて善意で言っている野田。楽にさせたいからそう言ったのに、友坂を苦しくしてしまう。野田はそういうところがいじわるだと思います。(笑)
 
 そして、二人が離れれば離れるほど、お互いにどんどん本当の気持ちに気がついてしまう。ストーリーが秀逸なことはもう言うことなしですが、友坂の横顔が色っぽいんです!こういう顔されるとやっぱり萌えます!

最後は無事に二人とも結ばれて終わるのですが、一巻ほどの盛り上がりはなく、何とも平和です。それでも私はこの結末好きです。「やっぱり好きだな」なんて何にしろなかなか言えない言葉だと思いますし、木下先生の手にかかると、言い方もあるけど、甘く聞こえてしまう(笑)

最後は、「若いからまだ先のことなんて想像できない」と締めくくっているのですが、本編でも触れているとおり、二人はずっと続いていくような気がしているのはおそらく私だけではないはず。

1

やっぱり店長イイ男!

Ⅱの方でも店長がいいとこ全部持ってっちゃった気がします。
さりげない心遣いと、大きな包容力のある男。
でも、そんなイイ男の手を振り切っても、
ノンケの尻軽男がいいらしい健気受の友坂君です。
エミちゃんもかわいかったなぁ~
健気でかわいいけど、芯は強い女の子でした。
BLに出てくる女の子で久しぶりに幸せになって欲しいなぁ~って
思えた女の子かも。

ストーリー展開はⅠの方が断然良かったです。
キュンキュンしまくったⅠに比べて、
Ⅱの方はいきなりの女の子の登場と、あっさり過ぎた野田の陥落に
呆気に取られてる間に終わっちゃった~って感じです。
ホントに野田の気持ちは友坂に向いてるのかはなはだ疑問。
友情を維持したいがためだけに友坂を受け入れたような子供の独占欲な
だけのような気もしないでもないんですけどね。

『彼はカフェで待っている』
あぁ~ん、これ切ないです!
本編よりこっちの話の方が好きですww
友坂の良き相談相手となってくれていた店長と
過去に体の関係を持ちつついまだに友達関係にもある既婚・子持ちの
友人(透)とのお話。
これ、最後まで報続きわれないんですよね...
透はホントにズルいよ。
奥さんと子供も大事だけど店長も失いたくないから手を差し出してくる。
でも、それをわかっててその手を振り切れない店長の切ない男心...
店長にも誰かいい人作ってあげて下さいww

『未来は君の手の中』
描き下ろし、2年後の友坂と野田のお話。
相変わらず女グセは悪い野田。
でも、最終戻ってくるとこが自分だったらそれでいいんだって感じに
心に余裕ができた友坂は強く成長しましたね。
もう長年連れ添った夫婦のような大きな心で
自由に遊び回る野田の手綱を上手く操ってそうですww

1

ちょっと物足りない?

「1」の方では、人を好きになるツラさや
緊張感みたいなものが、じっくり書かれていて
読み応えもあったのですが、
その読み応え分、この後どんな展開になるんだろう!?
という期待が大き過ぎたのか・・・、ちょっと
満足!って気持ちになれない読後感でした。

もともと「1」の方でもえっちっぽいところも少なく
あっさり気味な内容だったので
そんなに大きな変化は無いだろうとも思っていましたが。。。

丁寧に心情が書き込まれている分
ちょっとは変化があるのかな?と
いやでも期待してしまいます。

が・・・そのまんま・・・アッサリ終わる感じでした。
もうちょっと盛り上がって欲しかったっ。。。

「1」「2」を通して、内容は良かったですが
心情なんかの書き込みが素晴らしい分
そのままの期待度で最後まで読むと
「あれ?終わっちゃった?」みたいな
ちょっとしたガッカリ感も味わってしまうので
サラリと読むのがいいかもしれませんw

0

イマイチ

じれったさ、もどかしさ、微妙な緊張感は、ただイライラするだけのわたしには合わない話でした。
あと、どうも受け攻めのカプが、わたしに好みとは違う感じ。
攻めよりも、受けのほうが性格はオトコマエでした。

雰囲気はきれいで、悪くないと思いますが、ムードだけで読むには、萌えのポイントが違いすぎるみたい。切なさを感じるよりも、おまえら、男ならもっとはっきりしろよ、と怒りたくなってしまいました。残念。

0

呆気ない

んーー友坂はヘタレなのか?
なんかもっと頑張ればいいのに離れていくだけでさーーー
まーなんかあっけなく両想いになったので
物足りなかった(*_*;
1巻でめちゃくちゃはまったのに・・・
バイト先の店長とちょっとなにかあったらとか妄想してしまった(>_<)
そのほうがおもしろい気がして(笑)
それと、野田の浮気ぐせというか気が多いのが
なんかムカツク(;一_一)
絶対浮気してますよね!!
でも思いが通じてよかったよ(*^_^*)

0

なんか、、サックリすぎじゃあ。

一巻でハラハラで、期待値ガン上がりだったので、正直えぇ~です、、。
絵が若干変わってますね、一巻よりは読みやすいが、、やっぱり野田がイケメンプレイボーイに見えないわぁ、、。友坂は可愛いんだけどな。
どうにも絵が苦手。イラストで見るには雰囲気あっていいのですが、マンガになると、どうもスカスカ感(個人的意見で、すいません)が。

んで、女好きの野田がどうして友坂に友情以上の気持ちを持てたのかが分からないよ~。
友坂の気持ちにリアルさを感じていただけに、説明不足?描写不足な気がします。
野田はもっと苦しめ~。
友坂は店長にやられちゃえば良かったのに、、て、酷い?私。
一巻が良かっただけに、肩すかしです。

エミちゃんの告白のシーンにキュンとしました。お互いの優しさが切なくてジーンときたな、、。

1

大事なモノを1つだけ抱きしめるような攻めが私は好きです。

「キスブルー」の続編。
やっと野田の気持ちがかたまってきた2のお話。
2股、3股上等の野田が身辺整理をするのは《若さ》だなぁと思いました。
若いって、手に入れたいもののために持ってるものを
捨てられる強さみたいなものがあって、すごく潔い恋愛ですよね・・・

同時収録の「彼はカフェで待っている」は・・・
友坂のバイト先のカフェの店長のお話。

「キスブルー」本編では、ひっかきまわし役だった彼の恋愛は
どんななのか?きっと読者全員が待っていたお話だと思います。
あんなにエロエロで経験豊富っぽいのにずいぶんと
プラトニックな恋をしていました。

大人の恋だなぁ・・・美しいとは思いませんでした。

何事も白黒つけなければならないことはないと思いますが
グレーなままの関係は、待ってるほうは酷くみじめで・・・
だからこそ、店長は本気にならないくせにつまみ食いをして
新たに人を傷つける連鎖を生んでるような気がして
幸せじゃないと思いました。

「キスブルー2」と「彼はカフェで待っている」は
まさに若さの差。
大事なモノを1つだけ抱きしめるような攻めが私続きは好きです。
そんな人は、物語の中でしかいないから。

2

切なさをもっと~

確かどこかで切ない系の作品オススメに挙げられていた気がしまして、2冊続けて読みました。ので、1と2合わせての感想です。

想いは通じていないのに身体だけつなげてしまう二人、というのは今も昔も(??)切なさのタネとなるネタなわけで。それが親友同士だったりなんかしたらなおさらです。なんですが、そこまででも無かったです。皮膚がヒリヒリする位のを期待して、しすぎました;;
良いところは、二人ともいかにも等身大で、どこにでもいそうな若者であること。ですが逆に、その「普通の男性」である彼らが互いのどこに惹かれたのか、もっと具体的に、ある種しつこく描いていただきたかったです。特に野田→友坂の気持ちが、第三者を介した感情以外の部分が少し見えにくかったので。(私の読解力が足りないのかもしれませんが。)

と、そんな主役二人よりは店長さんの片恋の方が良かったかなあ。…あれ、店長って受けでしたっけ。(そのはず。そうでないと。)

木下先生の絵柄は、カラーを見た限り暖かく柔らかいイメージで好きな印象だったのですが、1巻目を読んでみたらちょっと思っていたのと違いました。顎が何だか気になる感じでした続き。2巻では違和感は薄れましたが、どちらかというと漫画よりもイラストで見たい感じの絵かなあと思いました。色気があまり感じられなかったのが痛かったです。(あくまで個人的にです。)

そしてこの評価…生意気ですね。申し訳ありません。

1

友情も素敵ですが

表紙をご覧になれば分かる通り、2人の距離は縮まります。
お互いに真剣だからこそ、すれ違う2人。
この2人も切ないですが、店長も切ない!!

最初に触れたのは俺だから、罪は俺にある
罪になるほどの恋が、どれほどあるのか。
応えることのできない気持ちなのに、あの優しい言葉はひどい。
だからこそ、響くのだとおもう。
気持ちなんて、どうしようもないのですがね。

1

1巻ほどの切なさはないなぁ

一度体の関係をもったが、親友であることを決めた友坂。
一方野田は友坂に迫る店長や友坂のことが好きな女の子(エミちゃん)に嫉妬しまくり。
また友坂のほうから「もうやめる」と言われ怒る野田。そして二人は一緒に行動することもなくなってしまう。
しかし、店長やエミちゃんに背中を押されて、友坂はもう一度野田に告白する。
このときの友坂は、とてもスッキリとした表情をしている。
この友坂だったら野田に振られても、前みたいに自暴自棄にはならなかったんだろうな。
きっと店長やエミちゃんの優しさや勇気が友坂を変えたんだろうなぁ。
そんな友坂に対し野田も「好きみたい」と答えるのだが。
こんなにあっさりくっついてしまっていいのか?とちょっと残念。
あれだけ二人とも悩んだくせに、くっつくときってそんなにあっさりしたもんなのね、と。
なんかいつの間にやら普通のバカップルになり下がっててびっくりした。
そして2年も続いちゃってるし!なんか野田のほうがメロメロっぽいし!
全編を通して、私の中では野田はダメ男な印象でした。モテるのもわかるんですけどね、
友坂のほうがイイ男だよ。精神的に不安定だ続きからちょっと心配だけど。

そしてこの巻で大活躍の店長…!!
すっごい辛い恋をされていたのですね。
1巻ではただのセクハラあて馬オヤジだと思ってたんですけどね。
大人の包容力があって、すごくいい人じゃないか!と感じてたんですよ。
そうかそうか。店長はすごく不器用な人ですね。でもすごく優しい。
自分の幸せより他人の幸せを優先しちゃうから(多少強引だけど)、自分が幸せになれない人なんだなぁきっと。
でもそんな店長にも、きっと店長のこと幸せにしてくれる人が現れると思います。

木下けいこさん、すっごく好きになった!地味~に切なくって温かくって。
萌え!!ってかんじではないけれど、ふつふつと湧き上がります、何かが(笑)!!
青春の甘酸っぱい1ページですよ、ええ。

1

完結

一巻のほうが好きだったかなァ…。
友達同士で、友坂は野田のことが好きで、情に引きずられるようにして友坂とエッチした野田。
何事もなかったように今まで通りの関係でいようとするんだけど、どうしてもギクシャクしはじめる二人。

すごーく良かったんだけど、自分の気持ちに気づき始めた野田が苦しんだり嫉妬したりするところをもっと見たかった!というのと、付き合うときは野田側からガンガン行動して欲しかった!という大きな不満が二つ残ってしまった。
単なる趣味の問題ですがw

0

今までどおり

キスブルーの続編です。むずむず。

キスブルー?と同じ二人。友達のままでいようとするのですが上手くいかず、ぎすぎすした状態になります。
そんなとき友坂を好きな女が出現します。その女が野田に恋の相談をし、友坂のいいところを挙げますが、そのとき野田は『優しい友坂しか知らない奴が知ったふうに語ってんじゃねーよ』と心のなかでつぶやきます。キュンっと胸が締め付けられました。

「友達でいたい」という言葉は、はたしてどちらがより傷ついたのでしょうか。

私としては「萌」レベルです。
巻末にある2年後設定「未来は君の手の中」を読んでバカップルになっていたからです(笑)浮気の心配とか…あんまり読みたくないなぁと思ってしまいました。


そして、店長が主人公の「彼はカフェで待っている」…これが「神」です!
店長(良介)の報われない恋。相手(透)は結婚・子持ちで、長い間親友でした。
ノアの箱舟に誰を乗せる?――そんな質問に透は「俺はお前を選ぶよ」とはっきり言います。良介の気持ちを知ってか否か。
店長がキスブルーの友坂に優しかったのは、友坂と透をなんとなく重ねていたのかもしれませ続きんね。
とにかく報われない、大変悲しいお話です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ