キスと嫌いの反対

キスと嫌いの反対
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
14
評価数
6件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784877248123

あらすじ

俺たちは、ただの友人同士なのか恋人なのか…。アイツの態度はいつもはっきりしない。キスしろと言えばキスするし、一緒に暮らそうと言えばすんなりOKする。俺を甘やかすけど、俺を求めるわけじゃない…。そんなとき新居に乗り込んできた、俺のことが大嫌いなアイツの弟。いい機会だから確かめたい。家族に反対されてもアイツは俺を選ぶんだろうか――?

表題作キスと嫌いの反対

大学生
大学生

その他の収録作品

  • 初恋パラドックス
  • 春が来ない
  • 惑乱セクレタリー
  • 青年は愛を閉じ込める
  • Kiss&Loving

評価・レビューする

レビュー投稿数6

タクミユウさんのデビュー作

タクミユウさんに惹かれ、読みました。
短編が5つ入ってます。

表題作、あそこで終わっちゃうのはもったいないですね。
タクミユウさんだったら、どんな感じになっていくのか、
もっと読みたかったです。
後私が好きだったのは「春が来ない」。
1番まとまってた気がします。
受験生と家庭教師のお話。
大学に受かる迄の恋愛と納得させながら続けてきた関係。
受験生側は本気なんだけど。
家庭教師側の、相手に解らないように行動してるのが、
見ててせつなくもあり、良かったです。
後はまぁ、好きでもあり、そうでもなくもあり…

元々あんまり短編集は面白いと思う事が少ないので、
今回もそこまで「面白かったー」には繋がらず。
タクミユウさん、好きなんですけど。
ちなみに表題作がデビューだったんですね。
ちょっと意外。
他のものに比べて、ドキっとさせられる所があったりと、
軽い感じがしない作品だったので。

好みが分かれる1冊だと思います。
短編集が好きな方は、色んなのが読めて良いかも。
5つ、全部雰囲気が違っているので、
色々読める感が味わえるかなと思います。続き

0

ギリギリ萌

中立と萌、どちらにしようかと迷いましたが、なんとか萌という評価にしました。
もともと絵が好みだと思って読み始めた作家さんですが、この巻では身体のバランスの悪さとスーツ姿のカッコ悪さが気になって・・・。
細かいけど、首の線とか、おじさんのギャクかと思うくらいの首のなささとか。気づかなければなんとも思わないと思うのですが、一度気づくと一々チェックしてしまう(汗)。

でも、お話としてはいくつか面白いものがあり、「春が来ない」ではワンコ年下高校生が可愛かったし、切なさにキュンとしました。

表題作のカップルは・・・いまいちよく分からなかった。彼らはそもそもカップルなのか?受けの片思いなんじゃ・・・?
こういう中途半端な宙吊りはスッキリしないのであまり好きじゃありません。印象には残りますが・・・。

0

バラエティゆたか~

カラーとモノクロのイラストにすごい差がありますよね~
カバーのイメージで本を開くと、本編の絵がシンプルでビックリしました。
カバーのイラストはと~っても甘い絵なのにね~

「キスと嫌いの反対」
デビュー作らしいんですが、絵はもちろん今の方が好きだけど、
作りが丁寧な感じがして一番古い作品に思えなかったです。
内容は、予想を裏切る腹黒な理太郎さんと、それに振り回される
ツンデレ切君の結局はラブラブ話なんですが、ラストにかけて
盛り上がるのがイイ感じでした。
ただ、たまに理太郎と理人(弟)が同じ顔に見えるので、
どっちがどっちなのかわからなくなることがありました。

「初恋パラダイス」
等身悪すぎて何回か笑っちゃいました!
全体的に雑な感じがして、イマイチ萌えなかったです。
小倉優子似ってのはタクミユウさんの絵では無理ありすぎですよ~ww
でも、ギャグとしては笑える場面多かったかな?

「春が来ない」
この本で一番好きです。
年下の高校生の気持ちなんて一時の気の迷いだと無理矢理決めつけ
別れを切り出すものの、ガキだと思っていた彼はいつの間にか
続き落ち着いた男に成長して、改めて告白しにやってくる...キュン★
あとがきの2人の絵を見てたら続きが読みたくなりました。

「惑乱セクレタリー」
あんまりオールバック似合ってないなぁ、高塚さん。
長谷君の方が男らしかったような...見た目では。
見つめ合って照れてる2人かわいかった~

「青年は愛を閉じ込める」
この話怖かったです~何日も監禁ってマジで犯罪ですから~!

描きおろしの、その後の理太郎と切のお話いいですね~!
ラブラブで、しっかり出来上がっちゃってるカップルになってました。
エロいなぁ~切!S男の理太郎にバンバンいじめられちゃって!!

0

常にストーリーにオチがある

表紙の絵は好きなんですが、モノクロになって崩れた感じの絵になると好みと違っていました。
内容や所々に挟まるギャグパートはよかったので、自分が受け入れられないのが残念。

『キスと嫌いの反対』
大学生・理太郎 マイペース攻め×大学生・切 クールツンデレ受け
理太郎ちゃんは騙されてるんだ!と言って、二人の家にやってくるお邪魔虫な理人。
ナチュラルにラブラブっぽい事をする二人に翻弄されたりと、見せ場無しです。
感情がわかりにくい切と、意外にクセモノっぽい理太郎で、意外に理太郎の事を愛している切に萌えました。
ツンデレ好きには、最後のたたみかけがたまりませんでした。

『初恋パラドックス』
デカクて天然攻めな深雪×俺様受けな春人
小さくて可愛いミユキちゃんが初恋だったのに、いまはあんなにデカクて。
それなのに、そんな深雪が好きという事で、春人は悶々としている。
天然で鈍感な攻めに色々と理不尽な事しているのですが、その不思議な苦悩があるが故に、俺様受けの春人がすごく可愛かったです。

『春が来ない』
教え子・森高嶺 硬派攻め×家庭教師・水田(大学院生)ネガティブ続き受け
年下攻めで、不真面目な奴だと思っていたら理由があって、好感から好意に。
受験の間だけだと決めて別れを決めたのに、高嶺につきあいを迫られて。
攻めが年下ながら男前で、テンプレですが気持ちのいい話でした。

『惑乱セクレタリー』
派遣秘書で元彼・高塚×秘書・長谷
忘れていたのに昔つきあっていた高塚が職場に現れて。
復縁物です。

『青年は愛を閉じ込める』
ヒロト×リーマン・祐介 眼鏡受け
拉致監禁強姦物なんですが、ハードさはなくて雰囲気は甘めです。
折角、ベッドに手錠で拘束してのHなのに、詳細描写がないのが残念。
H描写に関しては、どの話もぼかしめで具体的描写はなくソフトです。
酷い事をしているはずのヒロトがあまりにも子供過ぎて、酷いって印象はなかったです。
受けがあまり激しく抵抗もなく、攻めを受け入れていたって言うのもあります。

『Kiss&Loving』
誘い受けな切と、またまたのお邪魔虫来襲的な感じです。

常に最期をギャグで落とさず、幾つかはシリアスでまとめあげてもよかった気がします。
苦手なのは、顔が大きいのに身体が小さいままとか、身体のバランスが気になるからかも。

0

もったいない…。

好きなサークルさんの2冊目。タイトルはうまい。と思った。
ぶっちゃけ、1冊目より出来が悪くて、もったいない感じがしました。
時間のなさがそこここに見られるのが悲しいかな…。

表題作「キスと嫌いの反対」
えっと、なんか攻めも受けもキャラが良くつかめません…(汗)

「春が来ない」
高校生・高嶺×大学生家庭教師・水田
教え子の高嶺にゲイである事を暴かれ、流されて関係を持ってしまう水田。
関係は入試までと見切りをつけるが…。
この作品は好きでした。キャラも。水田は薄幸そうで色っぽいし、高嶺は高校生なんだけど誠実で。
ゲイである事を一生隠して生きていくつもりだったと言う水田を幸せにしてあげて欲しいです。

1

邪魔者は弟

表題作は同居をはじめようと新居に越してきたところに、攻めの弟がくるという話。
この攻めの弟、受けが大嫌いで別れさせようとやってきますw
攻めは優しい性格というか受けの言うことをなんでも聞いてあげちゃうタイプで、受けがキスしろと言えばキスするし、受けが嫌いなものを食べてあげちゃうし。
だからきっと弟は流されて付き合ってると思ったんでしょうね~
受けが女王様みたいでしたwというか「俺のこと好きでしょ?」と言われて「嫌い…の反対」と言ってるあたりツンデレなのでしょうかw

表題作以外には『青年は愛を閉じ込める』が気に入りました。
主人公が久々に再会した年下の幼馴染みに監禁されてしまうというお話。
監禁といっても、攻めは「いつも楽しそうじゃないから助けてあげた」とか、親はいつもおらず「俺を一人にしないで」と泣いてしまったり、そういうところは子供だなあと思いました。悪意があるわけではなく愛故なのかなとも捉えられました。
逃げられないように主人公に手錠をかけてのエチは萌えましたw


2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ