SASRA 1(表題作 プロローグ(現代編))

sasra

SASRA 1(表題作 プロローグ(現代編))
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
44
評価数
11件
平均
4 / 5
神率
27.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862632050

あらすじ

金色の砂、灼熱の太陽。夢に見た砂漠へ旅立つ蓮は、怪しげなアートディーラー・剛将と出逢う。初対面なのになぜか彼と蓮だけが共有した、鷹の羽音の幻聴―それは遙かな昔に始まっていた、運命の恋の手がかりだった。転生を繰り返し、巡り会った二人の愛は果たして叶えられるのか!?
愛した罪の起源・エジプト編に加え、古代中国編大量書き下ろし。和泉桂、岩本薫、木原音瀬、ひちわゆか。超人気小説家集団「Unit Vanilla」始動!(カバーより転記)

表題作SASRA 1(表題作 プロローグ(現代編))

航空会社の役員も務めるアートディラー・墨田剛将
生まれつき赤紫の痣がある水が苦手な大学生・奈良岡蓮

同時収録作品第一回(エジプト編)

父王に疎まれている古代エジプト王子・ホルエムアケト
戦乱の中攻様に助けられた美貌の神官・セシェン

同時収録作品第二回(中国編)

受様の幼馴染で養子先で出世した尚書令丞・張鷹峻
生まれつき頬から首にかけて赤痣のある金細工師・紅蓮

評価・レビューする

レビュー投稿数6

時を何度も刻んで

ユニットバニラって可愛い名前〜。

岩本薫さんと木原音瀬さんしか知らなかったのですがあらすじ読んで飛びつきました(笑)
四人のBL作家さんによるリレー式のお話です。
和泉桂さん、ひちわゆかさん。
絵師さまは円陣さん〜♪


いくら引き裂かれようとも魂が呼び合う。
償いの旅。
キーワードは鷹と蓮そしてラピスラズリ。
ラピスラズリを取り巻いて二つの魂が輪廻転生を繰り返します。
三つの国三つの時代、三組のカップルがでてきます。

砂漠が大好きな青年と古美術ねアートディーラーの男。
そして声を発さない謎の少年。三人が飛行機にのりエジプトへ向かう飛行機の中で、、、。

鷹に愛された男とその男を愛し、彼の無事を祈る咒のために腕に蓮のような刻印をした男。
物語ここからはじまっています。
エジプトが上と下で争う時代。一国の王の息子に愛された拾われ子。愛し合ってしまったことで2人の弟のように可愛がっていた少年の嘘により2人は大きな過ちを犯しそして魂が生まれ輪廻の中にほおりこまれます。
三人はそれぞれに罪を償わなければならない。2人の魂は時を越える。

時は中国続きにうつり、蓮のような赤い痣を顔に印された少年と物乞いの息子が出逢います。
人懐っこい物乞いの子を可愛がる蓮の痣を持つ少年。
いつしか、物乞いのこは勉学の道へいくら勉学にはげんでもだめな蓮の痣をもつ子は彼から逃げるように髪飾りの職人のみちへ。
2人は大人になり再会し嫉妬や打算、下心さまざまな感情の中で契試練がふりかかる。
物乞いの子には鷹のようなあざがあり、、、、。
中国のお話は綺麗事では済まされない2人の関係にちょっとションボリだからこそこの2人のラストは罪を償うための罰なのか、、、魂は同じでも別の人間なのに、、。とまだまだ一巻なのに読み応えのある内容です。

壮大でいて、惹きつけられる話でした。

2

人気作家のユニット…なんだけど。

「アーサーズ・ガーディアン」シリーズよりはマトモです。
いや、そうとしか言えない。

輪廻転生をしながらすすんでいく進行は、三島由紀夫の「豊穣の海」~「天人五衰」
までのシリーズ作を彷彿とさせなくもないし、先を読ませる力も十分にある…。
がっ!

やっぱり執筆陣が豪華な割には…って思うんだよね。
決して悪くはないです。
ですが、それ以上でもない。

んん?それは、本作がただの序章だからなのか?
もっとも、BL界で盛大な韓流ドラマをくりひろげる和泉先生
スタイリッシュなスーパーセレブ恋愛物語が旗印の岩本先生
愛憎の不条理、BL界のサルトル!?木原先生
奇抜な設定のエロス語り部、ひちわゆか先生

これを洗濯機にぶっこんでぐーるぐーるしたら
グレーの服になっちゃったわっ!な消化不良感が。
アクの強い人を混ぜると案外、没個性的になるのかしら…。

1

必ずハンカチを用意して下さい。

ずっと読みたかった一冊です。
罪を犯したために死者の国に行くことができず、何度も転生し、結ばれることがないのに愛し合わずにはいられない…。

罪の起源であるエジプト編は、うー…ん、あんまり入り込めなかったな。
セシェンが美しいだけで全く魅力を感じなかったから。
聡明で年上の佳人という設定が生かされず、年上である必要もなければ聡明さのエピソードもない。
アケトのために身を引いて神官になったまではいいけれど、本当に祈りを捧げることしかしていないし、その後も頑なに拒みすぎ。
愛の言葉を溢れるほど受けているのに、それを「兄弟愛」と捉えた時には、どこが聡明なの?とツッコミが入りました。
アケトの、セシェンを手に入れるために王位を欲したり、国のため父王のためにいくら武勲を挙げても全く省みられない苛立ちなどが丁寧に描かれているだけに、お飾りでしかないセシェンが残念でした。

その次の古代中国編は、とても良かった。
ラストは号泣で、BOXティッシュを一箱使ってしまいました。
それぐらい泣けます。

光を失うことで紅蓮の愛を手に入れた鷹峻と、その肩に凭れ、幸せに満ちて安らかに続き永い眠りにつく紅蓮。
貧しくてもお互いを思いやり支え合って暮らす2人の姿は、一枚の静物画を見るようで、溢れるほどの贅沢に慣れ切った現代人には眩し過ぎます。
中でも、お正月に紅蓮が竹細工のトンボをプレゼントするところが素敵でした。

でも、前半の紅蓮はかなり醜いので、そこだけは覚悟しておいて下さいね。
靴下を脱がすよう命じるのが、紅蓮の「してもいいよ」の合図って( ´艸`)
そんな紅蓮に何故尽くす、何故貢ぐ、鷹峻!?
あ、前世の絡みで、愛し合うために生まれ変わってるんだから仕方ないのか。

今まで、強気でテクニック満載で絶倫の攻の話しか知らなかったので、前半の鷹峻のお閨のダメっぷりも楽しかったです♪

2

Unit vanilla始動第一作。

プロローグとエジプト編、古代中国編収録です。
リレー小説形式ということで、誰がどこを書いてるのか予想しながら読むのも楽しかった。
プロローグはひちわさんっぽい気がする。
中国編は……木原さん、か?
しかし残念ながら岩本さんの作品をまったく読んだことがないので予想の精度に自身はないです。
この機会になんか読んでみようかな。

すべての始まりエジプト編。
才能はあるのに実の父である王に辛く当たられる不遇の王子×彼が助けた神官。
内容よりもまずこの人たちの大仰なしゃべり方が苦手で、なかなか内容に入り込めませんでした。悔しい。
なんか王子があまりにも不憫すぎて途中からだんだんイライラして来ました……
物語の外枠的にハッピーエンドは無理だってわかっていながら期待してしまうのが哀しい。
や、でもラストが死にネタってだけでBL的にはハッピーエンドと言えないこともない、か?

中国編はヘタレワンコ官吏×幼なじみのツンデレ金細工師。
攻めのあまりのワンコっぷりというか健気さが泣ける。
色々あって再会したときの「もう紅蓮にあげられるものはなにもない」ってセリフは本当にキた。続き
なんかふと童話の幸福の王子を思い出してみたりして。
ラストが切なすぎて平常心でいられません。
うう、でも大好きなんです。

1

壮大な話のプロローグと言うことで

1巻目はプロローグもかねているので(しかも普通の話のように2~3ページじゃないから)長短含め3作品という割り振りになっている。
そのせいか、とっちらかっている風にも受け取れるが、ここが大事な話なのでさすがに1巻を飛ばすことは出来ない。
長くて面倒な方は1巻と4巻がお勧めだが、実は3巻(江戸編)が面白かったかな?とも思うので、やはり全部読んで自分の好き嫌いを試した方がいいかも(笑)

4人の作家がどういう割り振りで書いたのかが明かされてないので、確実なところはわからないのだけれど、お好きな作家がいる場合、読んでみれば何となくわかるのかも。
たぶん、これ好きだなぁ……と思った作品が好きな作家のものだろうという気はする。
この設定面白い、とか。
なんだかかったるいなぁ……とか言うことで判断(笑)

現代編はフリなので、完結していないし、どうこう言っても仕方ないのだが、エジプト編はこの話のきっかけ。
そう言う意味では大事な話。
話の鍵を握る少年の事をもう少し書いても良かったのでは?と思うのだけれど、ナビゲーターだからかえってバックボーンが詳しくない方がいいのだろうか?
続き肝心の元祖カップルにいまいち萌えられなかったのが残念。
この悲恋が源なのに。
むしろ中国編に萌え(悲恋度と言う意味で)
そしてドラマCDも聞いたのですが、中国編にやはり萌えました(笑)

2

罪を犯した恋人達は、何度も転生し、再び愛しあう

【カップリング】
現代編→超リッチなアートディーラーおやじ×学生
エジプト編→古代エジプト王子×絶世の美人神官
中国編→幼馴染 官吏×幼馴染 金細工師

はじまりは、古代エジプト。
天空の神であるホルス神の象徴である鷹のカタチの痣を
背中に持つ美しく雄雄しい王子アケトと
金の髪と睡蓮の焼印を持つ美しい神官セシェン互いに愛しあっていた。
偽りの神託を信じたセシェンとアケトは、罪を犯し神の怒りにふれる。

古代エジプトでは、死んだ者は死者の国へと導かれるのだが
アケトとセシェンは、死者の国へはいけずに
何度も何度も転生し、互いの記憶をなくすが
鷹の痣と睡蓮の痣は、必ず巡り合い惹き合い恋に堕ちるのだが
神の怒りはとけぬのか・・・悲恋を繰り返してゆく。

と、いうお話。
1巻は、エンディングにあたる現代編のエピローグ。
物語のはじまりエジプト編と、転生後の中国編が収録されてます。
全4巻。泣かずに読みきれることができるか?
中国編は、号泣しました。

原作は、Unit Vanilla
和泉桂、岩本薫、木原音瀬、ひちわゆかと
超人気作家による創作続きユニットとなっております。
リレー形式で、書いているそうですが
どの作家がどの作品を書いているのか明記はないんです。
誰が書いたのかなぁ?と、推理しながら読むのも楽しいっ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ