華麗なるフライト

kareinaru flight

華麗なるフライト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
54
評価数
15件
平均
3.7 / 5
神率
26.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199004483

あらすじ

航空機開発のエリート・添嶋がある日、一目惚れした白皙の美貌の青年―。
誘いをかけながらも、冷たく拒否された添嶋だが、数日後の空港でまさかの再会!?その青年・瑞原はなんと、国際線の敏腕パイロットだった!!制服に隠された禁欲的な物腰に、さらに征服欲を刺激された添嶋。
飛行シミュレータの実験を口実に、瑞原を職場に呼び出すが―!?大空翔るドラマティックLOVE。

表題作華麗なるフライト

添嶋和臣,航空機開発会社の若手幹部,35歳
瑞原,美貌の青年副パイロット,27歳

評価・レビューする

レビュー投稿数4

仕事を大切にする男達

1冊すべて表題作です。
瑞原(受け)と添嶋(攻め)両方の視点でストーリーが進むので、二人の心情が分かりやすいです。

映画館で偶然であった二人。何か感じるものがあり、互いにいつもはしない行動をしてしまいます。そして航空機開発会社の部長と、提携航空会社の副操縦士という仕事の関係で再会して…という話です。

初対面から互いに特別な印象を受け、惹かれていく心情が素敵です。
特に、クールでツンデレな瑞原が徐々に心を開いていく過程は、読んでいて微笑ましいです。

瑞原が添嶋を受け入れたのが、ストーリーの中盤と意外と早い段階だったのですが、それから仕事の関係でちょっとしたトラブルが生じ、それを乗り越えて更にきずなが深まるという内容で納得でした。
二人の恋愛面では安定しており、嫉妬やすれ違いというのを期待すると当てが外れてしまいますが、知り合って間もないのに築かれた信頼関係が心地よいです。

そしてラストのプロポーズ!大人の甘い作品が読みたい方にお勧めだと思います。麻々原先生のイラストも作品の雰囲気にぴったりに感じました。

なお、航空業界や操縦など仕事の話が結構詳しくあり続きますが、興味がない場合はざっと読み流しても大丈夫です!(先生ごめんなさい)

0

ゆっくり距離が縮まる

 航空機開発のエリート・添嶋がある日、映画館で一目ぼれしたのは、白皙の美貌の青年・瑞原。
 走り出した子供を追いかけた母親に瑞原がぶつかられ、添嶋の洋服にジュースをかける、というハプニングが起こり、一緒に喫茶店でお茶をする機会を得た添嶋。
 連絡先を聞き、そのまま分かれたが、数日後の空港で、まさかの再会を果たす。
 瑞原は、なんと国際線のパイロットだったのだ。
 征服に隠された禁欲的な物腰に、さらに征服欲を刺激された添嶋。
 飛行シュミレータの実験を口実に、瑞原を職場に呼び出すと、その運転技術に、惚れ惚れとしてしまう。

 一方の瑞原も、添嶋に漂う微妙な引き際を知っているオーラに、悪からぬ感情を抱いていて……

 という話でした。
 正しいのかどうかはわからないですが、かなり飛行機のこととかも詳しく書いてあって、読み応えは◎。
 そんでもって、素直じゃない……というか、人とうまく関わろうとしてこなかった瑞原が少しずつ、添嶋に距離を詰めていくのはとてもいい雰囲気で、それも面白かったです。
 人に慣れない動物が、ちょっとずつ距離を詰めていくのに似ているかもしれません続き

 一方の添嶋も、そんな瑞原に夢中で。
 しっかり「好きだ」とアプローチをしながらも引くところは引く、というのをわきまえているのは、さすが、年の功だよなー……と思ったり。
 大人の男が、人馴れしてない受けをかわいがる話が好きな方にはオススメです。

0

んー、微妙

萌えと中立の中間くらいかな。
お互いにほぼ一目惚れに近くて、障害というと受けの性格だけ。ツンデレ気味で、いつも仏頂面で不器用。
攻めは余裕しゃくしゃくというかなんというか「難攻不落な男を落とすほうが楽しい」と思いつつアレコレと口説いてるんだけど、具体的な障害が見えないので、恋のハラハラドキドキを味わいにくかったです。
でも、大人な攻めがウキウキしてるのは可愛くて良かったです。ロスでのふいのデートのときとか。
「おっ」と期待したんですが、その後すぐにファーストネーム呼びしたことで萎えました。まだ付き合ってもないのに、断りもなくいきなり下の名前で呼ぶのってどうなんだろう。遠野春日さん作品には、たいがいこの「早すぎるファーストネーム呼び」があるんだけど、毎度のように萎えてしまう。

物語の大半をしめるのは、飛行機関連の描写です。受けの職業がパイロットなので。
専門用語がバンバン出てくるんですが、こちらにはさっぱり興味が持てなくて、読んでてちょっと疲れました。

1

受け攻め、両者に好感をもてる作品

俺様というには傲慢じゃない(むしろ寛大)。自負が見えるけど、嫌味じゃない。自分の気持ちを伝えるけど、いつでも相手への配慮も忘れない。

攻めの添嶋は性格も容姿も問題なしのスマートな人物です。
そのくせ、瑞原のことに関しては一喜一憂!受けに夢中になっている大人な攻めって大好きです。


瑞原はツンデレというには勿体ないくらいの気高く愛すべき不器用さん。

冷たくて鼻につく印象を周囲に与えているのですが、人付き合いが苦手で、虚飾がなく、時に素直になれない男なんです。
でも時々、驚く程に大胆で愛しくて…。
そんな彼に添嶋はメロメロ!


始めはガードの堅い瑞原ですが、添嶋は前述のような人物なので、わりと早い段階で相思相愛カップルに。
二人ともデキる大人で、お互いに尊敬できる部分もありますしね。


フライトの場面ではトラブルもあって少しハラハラしますが、恋愛に関しては二人を揺るがすモノはないので、安心して読んでいられます。

やたら細かいコックピット内の描写も興味深いです。専門用語が多くてよく分かりませんが。

洗練された雰囲気のイラストはこの作品にピッタリだと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ