ラ・サタニカ

la satanica

ラ・サタニカ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神24
  • 萌×27
  • 萌14
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
17
得点
190
評価数
45件
平均
4.2 / 5
神率
53.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862521880

あらすじ

「俺の指はきっと甘いよ?」ずっと想いを寄せていた親友・真下から突然言われた言葉に、心を乱される高校生の松嶋。告白するつもりはなかったが、真下の思わせぶりな態度に想いを抑え切れなくなった松嶋は...? 乙女なヘタレ攻×キチク眼鏡受の駆け引きラブ!

表題作ラ・サタニカ

乙女へたれわんこ攻め・松嶋元紀
ツンデレめがね受け・真下周士

その他の収録作品

  • モーニングライム
  • ファーストリング
  • ヒートストローク#1~2
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数17

なにこれすごいドキドキする…

「手舐め」のシーンがあるとちるちるの記事で紹介されていたのを見て読みたいリストに突っ込んでおきながら、なんで読みたかったのかすっかり忘れてずっと放置プレイ食らわせていました。

これはもっと早く読めばよかったですね。
自分で自分の心臓にビックリするくらいドキドキしながら読みました。
ストーリー抜きにして萌の度合いだけで「神」付けるの初めてです。
めちゃくちゃ萌えます(*´▽`*)なんだこれ……
ストーリーも良いです。

真下の小悪魔っぷりにヤられました。(『ラ・サタニカ』とは【悪魔的なもの】という意味らしいです)
皆さん書かれているように、真下は鬼畜と言うよりは小悪魔という形容がしっくりきます。
松嶋の気持ちを知りながら涼しい顔して、顔をキス出来るくらい近付けてみたり、松嶋の指先を舐めてみたり、やることがとにかく悪魔的。
これは松嶋くん、堪らないでしょう。
真下に揺さぶりをかけられまくった松嶋が“グラグラする”“心臓が痛い”“そのうちブチ切れそう……”と自分の心情を吐露しているシーンがあるのですが、読んでる私も一緒になって揺さぶられてしまって心臓壊れるかと思いま続きした。

真下のキャラが自分の好みドンピシャで萌えたのは言わずもがな、松嶋が大好きなレトリバーをそのまんま擬人化したようなキャラだったので、可愛くて、頭を思いっきりワシャワシャしたくなる感じで、めちゃくちゃ萌えた。
ヘタレにもワンコにもそんな萌えない属性だけど、レトリバーとなれば別。本当に可愛い。レトリバーが好きな人には私のこの気持ちきっと解ってもらえると思います(笑)
エッチに突入すると急に男らしくリードし出すところも良かったです。

あードキドキした!!
学校のトイレで途中までするシーンもエロいとかじゃなくてドキドキでした。
この感じなんだろ…松嶋に感情移入してんのかな〜。

1

天禅作品でこれが一番好き!

S気質の受様いいですね~!
学校一のモテモテイケメンな親友が密かに自分を好きだと知り、
自分の一挙手一投足に動揺し翻弄されてる様子を見て
もっとおいつめてみたい、めちゃくちゃにしてみたいって気持ち、わかるわぁ~。

攻めはふわふわロン毛の美形激モテワンコ。
相手への真っ直ぐっぷりが、天禅キャラだなぁ~。癒される。
気持ちを隠しても隠しきれてないかわいさよ。
そして黒髪インテリ眼鏡受け。
キャラ萌え&カプ萌えありがとうございました。完全にツボりました。

見た目からして受けなんだけど、この性格は攻め?
あれ、途中までしたけどやっぱり受け?でもこの性のお悩みは攻め…?
っていうかなんか受×受…?
と、ひとつになるその時までどっちなのかわからずドキドキしながら読むのも楽しかったです。
作者様の手のひらで転がされてるなぁ~。

ストーリーも展開もシチュもキャラもカップリングも、全部よかったです。

0

ピュア♡

みなさんも言われてますが…この受けは鬼畜受けと言うよりはツンデレ受けだと思う(≧∇≦)

松嶋が自分の事を好きだと知ってる真下はあの手この手で松嶋に揺さぶりをかけます!
その行動は単なる優越感からだけではなく、本人が気付いてないだけで好きからくる『独占欲』丸出しなのが可愛いです(≧∇≦)
『俺のタメに伸ばした髪なら、ヘラヘラ他の人に触らせてんじゃねぇ』って…たまりませんなぁ♪

松嶋は一途に真下の事を思ってて可愛かったです♪
真下がタバコがキライと言えば禁煙するし、真下が自分の髪を好きだと言えば伸ばすし…ホント真下の一挙一動に揺れ動いてて可愛い(≧∇≦)かと思えば2人の想いが通じ合って致す時にはオスになるなんて…萌えない訳がない(笑)
致してる最中に始めて真下の事を周二って呼び捨てにするんだけど、それだけの事で顔を真っ赤にする松嶋…反則だよ〜(笑)可愛すぎる‼

終始お互いが好き好きオーラが出てて、読んだ後にほっこりできるお話でした♡

脇役キャラのナツと科川も気になります♪

2

純粋だけど計画的

まず。
私好みの【黒髪・メガネ・細身(っぽい)・知的・受】ってだけで贔屓目です。
その上【女の子にモテモテ、チャラそうで純真・受に心底惚れてる・翻弄されるクセに致す時にはしっかりオスになる】が加わったからもう大変(←何が。←私が。)
こちら「ラ・サタニカ」は、1冊丸々二人の話です。

表題作は上記の彼ら、松嶋×真下、高校クラスメイト。
松嶋は何とも乙女で、1年の頃から真下に片思いしているけれど、一番好きな真下とは付き合えないから女子の申し込みは断らない。
それは屈折しているけれど、それで彼は自分の気持ちを中和させていたのか、それとも彼女らに真下を重ねていたのか。

松嶋の気持ちに気付いている真下は、相当な揺さぶりをかける小悪魔極まりない行動をとります。
彼の純真さにつけ入るけれど、それは単なる優越感ではなく、自分の無自覚な「松嶋を好き」と言う気持ちが先にあるのかな、と思ったり。
(タバコ吸う人の指が苦いとか言いながら、松嶋の指をペロリとするのは卑怯だ…私もしたい・笑)

真下は中学の頃に付き合った彼女と、最後まで致せなくてまるでそれが理由で別れた、というのが引続きっかかって、それがトラウマとなっているんですが、やっぱりそれをぶち壊せるのは松嶋のような性格の子なんだろうと思います。

兎に角、松嶋が可愛い。一生懸命真下が好きで、真下に翻弄されて、真下の気持ちを知って、もっと彼を求める。
ヘタレーなんて書かれているけれど、真下のような小悪魔に揺さぶりをかけられたら誰だって慌てると思う(笑)

因みに、受けの真下が「キチク受」と書かれていますが(帯に)、キチクってラインまで届いているんでしょうか?
付け加えるなら、【甘いキチク】かも。

2

新感覚

鬼畜受け…
初めて読ませていただきました。

なんだか、みているだけで
もどかしくて、ピュアでした。

松嶋を揺さぶる真下がとにかく、可愛らしい…

1

こういうタイプの受が好みですv

乙女系ヘタレワンコ攻・松嶋×精神的Sタイプのツンデレ系小悪魔系受・真下

CDが聞きたくて、その前に原作をと買ってみたのですが。
なんだかとっても好きなタイプのお話でしたv

松嶋はとにかく真下一筋の健気すぎるというか思考が容姿がチャラいわりに乙女でどこか憎めない感じのかわいいヤツ。
一方で、真下はそんな松嶋の気持ちを知って弄ぶっていうかなんていうか…。
とにかく松嶋の反応見てる感じで。
気持ち知っててちょっかい出してみたりするあたりが正に悪魔的!(←タイトルの「ラ・サタニカ」はそういうような意味らしい)
そうやって遊んでたつもりなのに、気持ちも傾いてって。
いざって時になると過去のトラウマが飛び出したりしてー。
いやー、真下、好みのタイプです(笑)
こういう人すごく好き。

個人的には科川と夏木のことも気になったりしてて。
カバー裏?見てたら、「彼らには彼らの物語が」みたいなこと書かれてて。
ちょ、それ、気になるんですけどーみたいな。
どこかで描かれてるのかしら…。

1

ヘタレワンコ攻め好きにお勧め

ヘタレワンコ攻め属性有の方は、ぜひ捕獲してください。
表紙の毛足の長いふわふわの髪からして、既にワンコ感が漂いまくりです。
クールメガネ受け好きにも、お勧めです。

松嶋元紀(モテ系ヘタレ乙女なワンコ攻め)×真下周士(黒髪メガネクールツンデレ受け)
鬼畜攻めのイメージがひどい?ので、鬼畜受けと言うほど酷くなかったです。
好きな子へのイジワルやからかいといったレベルです。
自分を好きだと知っている松嶋を翻弄して楽しむはずが、思った以上の反応に自分がふりまわされちゃっている姿が可愛かったです。
策士、策にはまるという典型な気も。

発情したワンコにあてられて、真下も発情しての教室での松嶋の髪をかきあげながらのキスシーンが今回一番の萌えでした。
初めてのエッチシーンも勿論いいのですが、理性も何もかも吹っ飛ばして、なにも考えられない。二人の感情とときめきがすごく伝わってきます。
天禅さんの作品中で2009年現在で、この二人のエッチシーンが一番汁ダクな気がします(笑)

ヘタレワンコながら決めるとこは決めるというのが、ずるいです。
正直、そういう子、たまりません!
続き

高校生同士の普通の男の子の恋愛が楽しめます。
ヘタレワンコ攻め好きに、お勧めです。

4

ミドリ

レスありがとうございます。
改めましてこんにちは、ミュウさん。ミドリと申します。
先日はなんの挨拶もナシにいきなりあのようなコメントを残して失礼だったかな…と反省しておりました。
失礼いたしました。
そして「慎吾の大開脚」というところで笑ってしまいました(笑)
確かに開脚しておりましたね、エロかった。
天禅さんは雰囲気エロスの天才ですよね。
あの濡れた瞳とか紅潮した頬とか。エロス!!

ミュウ

早速、読み返してみました。謹んで訂正します。
そうですよね。慎悟の大開脚と小冊子のあのエロエロ!
レイがエロ過ぎるのがいけないと思います(笑)
ということで、天禅さんが描いた高校生カップルの中ではということに訂正。
実際の行為云々より、必死さと若さと雰囲気がエロいというか!
私もどエロよりこの位の方が、この二人の場合は萌えます♪

ミドリ

私は「wonderful days?」のレイ×慎吾が一番エロいように思いました。
小冊子も含めて。汁だく汗だく…
「ラ・サタニカ」はエッチに関しては物足りないけど、この二人だからこれくらいのほうが萌えると思いました。
「フラッフィー・シング」もあれくらいで抑えてもらって、ちょっと残念だけどまぁこれでよかったかな!ってかんじです。
この二人でどエロいの描かれるとちょっと切ない…(笑)
この二人が切羽詰まって必死になってエッチしとる…!!という状況に大変萌えさせていただきました。

究極のヘタレ攻め

 うおーーー。
 ヘタレておりまする。
 攻めのヘタレっぷりに、メロメロになりました。そりゃあ、こんなにヘタレでスキスキ光線出まくりだと意地悪したくなりますよね~~。
 しかも受けはツンデレだし~~~。
 自分自身の萌え属性がてんこ盛りでしたので、かなり萌えました。

1

CDは同時再生で

コミックス、読んだことあるつもりでいたのに、CD聞いたら全くストーリーに覚えの無かった「ラ・サタニカ」

改めて買って読んでみました。

やっぱり、読んだこと無かった。

元々、この手の絵柄は好きなタイプなので、コミックス出る端からみんな買って読んでたと思ってたのに、、、

感想は

第1印象:みんな、なんて美形揃いなんだ

第2印象:この、ぺなぺなした、薄いYシャツ1枚な感じが、いかにも高校生って感じで、エッチっぽくっていい!

ドラマCDは、この原作の、一言一句全部というか、数少ない台詞やモノローグをもれなく拾って作ったのね。

CDの、間をたっぷり取った作りも、原作コミックスがそうだからなのね。

で、思うのは

コミックス原作だと、絵柄が語っちゃう分どうしても台詞やモノローグが少なくて、CDになった時に状況を説明するものがもの足りないことがある。

それが小説原作のドラマCDだと、原作にたっぷり状況を説明する文章があるから、台詞の他にモノローグにナレーションと、みっしりしゃべりまくりで、声優さんご苦労様って聞いてるこっちまで一緒になっ続きて疲れちゃったりする。

どっちが善し悪しって事もないけど、この作品みたいに余白たっぷりだと、原作本を一緒に読みながらの方が、イメージを補完し相乗効果が上がる。

2

「追いつめてからめとって そのまま絶対逃がさない」

私もちるちるでの好評を見て、手にしました。
乙女系へタレ攻め×鬼畜受け…ということで、「??」だったのですが、
…もう、よかったです!読んでて何度も身悶えました!
この、攻めを手玉に取る受けの姿勢がたまりません…!!
そのくせ色っぽいことが絡んでくると、逃げ腰になっていく受けと乙女から豹変し男らしくなる攻めの、このポジションチェンジがたまらなかったです。
「好きな子をいじめたい」って気持ちが、高校生ならではの妙な色気によって話が変わった方向へ…見ようによってはそれこそ鬼畜とか、女王様とか、それこそ題名の「悪魔」になりますよね。
「俺の心の中に住む 何かが囁く  『もっと滅茶苦茶にしたい』」
というのがキました…!!題名も「なるほど~」と納得。
こういうタイプの子も、すっごくかわいいですね、新天地でした!
っていうか鬼畜受けって単語がすごい(笑)

『指舐め』というテーマだけでキスもせずの一話目が素敵です。
個人的には『モーニングライム』という2話目の題名とストーリーのリンク加減が好きです。まだそのフレーバーがあったら即買ってきたのに…!
そして、コトに至ってし続きまうまで長いのが、なんとも微笑ましいのです。
乙女攻めの雰囲気作りから、受けが怖くなって逃げ出しかけ…どこでするかで悩み…「やっぱり怖い?」と受けを気遣ったり…
このカッコつかない感じがすごくよかった。やりとりがめちゃくちゃ恥ずかしくて…!
最中のシーンも結構長くて恥ずかしい(笑)ご馳走様でした。

イラストは綺麗だし、二人とも滅茶苦茶色っぽいし、天禅さんがはじめてでもぜひともオススメしたい一冊です!
乙女系へタレ攻めが好きな人も、「鬼畜受け」という単語に惹かれた人も、
「受け」が主導権握るのが好きな人にはぜひぜひオススメしたい一冊です!

3

も…萌えた…

評価高いので読んでみたんですが、さすがですねー、めっちゃ面白かったです。
今のとこ、ちるちるで人気ある作品に心撃ち抜かれた率は軽く9割こえてます、イチローの打率の三倍です、レビュアーのみなさまありがとう!ひゃっほー!

キスシーンすらない一話目が一番キました。
主役はクールなメガネ受けと、モテモテワンコな攻め。攻めは受けにベタボレしてます。それを受けは気づいてる。受けもひそかに攻めのことが好きです。
で、受けは攻めに思わせぶりな態度をとっていじめるんです。
これ、鬼畜というより、『コドモ50%オトナ50%』じゃないかと思った。
好きな子をいじめてしまうのはコドモの部分、相手がドギマギするのを見て内心で喜ぶのはオトナな部分。なんか分かる気がするw
オトナとコドモの中間にいる高校生を主役に持ってきたのが生きてますねー。

下克上ぽくなる後半ももちろん良かったんですが、一話目が神のなかの神でした。
指舐め最高。

2

むつこ

>>ミドリさん
貴重な情報ありがとうございますー!それは是非手に入れねば…。
この作品、たしかにキスシーンもめっちゃ萌えましたねぇ。
私、セックスシーンよりキスシーンのほうが好きなんですが、ああいう流れでキスされると脳にきます、脳からなんか変な物質が垂れ流しされてるのを感じましたw
漫画の良さは、ちるちるさんと、ここでレビューされてるみなさまがいなかったら、私は気づけなかったと思います。
そのせいでさらにBLにハマってお金もかかってドツボなんですが、脳がヤクを求めるのでどうしようも無いw一緒に廃人になりましょうw

ミドリ

むつこさん、こんばんは。ミドリと申します。
これ…すっごい萌えましたよね?!
ほんと受も攻も素晴らしい…なんて素敵なカップル!
ちなみに私は二人のキスシーンが一番トキメキました。
やばいやばい余裕なさすぎるよあの人たち!
もーほんとレビュアーの皆さんいい作品を知りすぎだと思います。
むつこさんのレビューもたくさん参考にさせていただいてます、ありがとうございます。
ご存知かもしれませんが、この作品、番外編「フラッフィー・シング」が同人誌で出てるんですよ~!
もうすでにCooさんがレビューを書いてくださってますが。
なのでぜひぜひそちらも手にとってみてください!

乙女と真面目

攻めは女子からも人気のあるヤサ男。受けは黒髪眼鏡な真面目君。
なにかと好みが合うので自然と仲良くなった二人。
しかし忘れ物をとりに教室へ行った受けは、自分の机を愛しそうに頬擦りしている攻めを見てしまいます。そこで受けは攻めが自分に片思いしていることを知ってしまいます。
受けが悪魔というか鬼畜だなあと思いましたw
自分のことを好きだと知っていて、攻めの指を舐めたりw
そうしてグラグラになっている攻めを見て、「もっとおいつめたい」「もっと滅茶苦茶にしたい」と思っているあたりまさに悪魔!笑
逆に攻めは乙女でしたw別に女っぽいとかそういうのではなく、受けがすることにドキドキしてどうしようもなくなってたり、可愛いなあと思いましたw

ところでこの作品名「ラ・サタニカ」はイタリア語で「悪魔のもの」という意味らしいです。
まさにこの作品にびったりなタイトルですね☆笑

3

受がものすっごく好みvv

親友・松嶋が自分を好きなことに気付いた真下。
優越感を感じつつも自分が松嶋の行動に揺れ動かされていることにも気づく。
松嶋の気持ちに気付いてるくせに、彼の気持ちを揺さぶり、さらに追い詰める。
これが真下が「鬼畜受」と称される所以なのでしょうねぇ
思わせぶりなことをしてみたり、逆になにもなかったように振舞ったり…
ほんとに小悪魔ですよ!!!
でもちゃんと想いを伝えてからは可愛いのなんの!
真っ赤になっちゃうし、泣いちゃうし…ほんと可愛すぎ!!やばいやばい
一方の松嶋もすんごい大型犬。真下の犬に瓜二つ(笑)
でもほんとに真下のことが好きなんだなーっていうのが漏れ出てて、可愛い~
個人的にルックスは好みではないんですけど(断然真下のほうが好みです)、それさえも覆す可愛さです。めっちゃ乙女だしww
そして二人の醸し出す雰囲気がエロス!
切羽つまってる感がイイ!!もっとがっついてほしい~!!!

くっつくのはわかってたけど、それでもめっちゃ可愛くて、萌えの詰まった一冊でした。
何しろほんと可愛いんだよ、女王様受けな真下がさ…!!
天禅先生、初読みでしたがファンにな続きりました♪
ナツと科川の話は書いてくださるんですよね?!

3

年下攻めならもっと良かったのに~

ドラコミックスから天禅桃子さんの「ラ・サタニカ」です。

帯びの煽り文句が「乙女なヘタレ攻めXキチク眼鏡受けの駆け引きラブ(はーと)」だそうなんですが、乙女へたれ攻めはその通りだとしてもキチク眼鏡受けはちょっと違うと思います、ツンデレって言う方がまだしっくり来るかもね。

よくよく考えてみたら今回の受けの真下は、私の大好きな「黒髪知的美人メガネ受け」にかなり近いんじゃない?これで攻めより年上だったらもっと良かったのに~なんて思っていたらあとがきに作者様が「この話を考えたときは年下攻め禁止令を自分にだしていた」と書いてありました、何で~?何でよ~!

「乙女なヘタレ攻め」松嶋はやることが乙女くさくて笑えます。放課後の誰もいない教室で好きな子(真下)の席に座り机に頬をよせちゃったりするんですよ。ちょっとそれ女の子がやることだろう普通!!と思わず突っ込んじゃいました……いや、もしかすると最近は女の子でもやらないかも…(笑)

で、そんな松嶋の乙女な行動を目撃していたのが当の真下本人。だから真下は松嶋が告白する前から彼の気持ちを知っていたことになるのですが、そんな気持ちを知って続きいながら女の子から松嶋宛のラブレーターを預かってシレッとした顔で松嶋に渡しちゃったりします。

気の無いそぶりを見せて松嶋の反応を見て楽しんじゃってる…と言うか「コイツやっぱり俺の事好きなんだ」って確認してたりする真下は確かにちょっとキチクなのかもしれない(笑)

乙女でヘタレでも顔がいいのはBLの攻めとしてのお約束なわけです、松嶋もそれは例外じゃない……話の中に出張ばっかりで(?)めったに家に居ない松嶋の父親がたまたま日本に帰ってきているという設定でちょこっとだけ出てるんですが、このオッサンが妙にかっこよくて真下に向かって微笑んだ顔に一人萌え萌え~になりました(笑)

あー松嶋もオッサンになったらこんな風になるのかな…でも中身は乙女なヘタレオヤジ?それはそれで笑えるかもしれませんね。

お話の中に脇キャラとして真下と松嶋の同級生で同じクラスの科川とナツと呼ばれる二人の男の子が出てくるのですが、この二人何気に気になります、4人は高校二年生になった時に同じクラスになったらしい、科川とナツは1年時から同じクラスだったようです。科川は男には興味ない…様な台詞を吐いてますが、ナツはどうなんですか?

ちょっと違うタイプの2人、この2人の事もっと知りたいな・・・この二人のお話でお願いします、天禅せんせい!!

3

恋のドキドキ感。

ある出来事をきっかけに、気の合う友達だと思っていた松嶋が、
自分を好きだと気付く真下。
優しくしたり、冷たくしたり、揺さぶりをかけて、
松嶋を翻弄する真下は、結構悪魔なキャラだなーと思いつつ
一緒に楽しんでしまいました。
それにしても、松嶋が乙女で可愛すぎますって…。
なんだろうこの忠犬っぽい雰囲気は…。ぷぷぷっ(笑)

思いが通じ合った後の2人は、割と対等な関係というか
むしろ、松嶋が優勢なのかも?
お互いに初々しく、可愛いカップルだなぁ~と
ほのぼのと、あたたかい気持ちになりました。

2人の恋しているドキドキ感も、しっかり伝わってきました。
お薦めの一冊です。

2

ドキドキするやり取り

気持ちを知っててわざと揺さぶりをかける真下対して素直な反応する松嶋にキュン
見た目真面目くんなのにやることが小悪魔なのがいい!
指を舐めるくだり、かなりドキドキしました。

1

ヘタレ攻め×鬼畜受け

ヘタレワンコで何か良いBLありませんか?と友人達に聞いてみたら「ふふふ、コレよw」とおススメされたのが、ラ・サタニカでした。
真下と松嶋は友達で、松嶋は女の子に超モテモテ。
だけど真下はある日、自分の机に松島が頬ずりしている姿を見て、気持ちに気付いてしまうのですね。松嶋は見た目は派手なのに、考えが乙女でちょっと地味。
「黒髪がタイプ」「好きな子に松嶋の髪好きって言われた」と聞き、真下は「俺か?俺なのか?」と乙女思考に毒される日々が続きますwかーわいいーw
真下は強気美人な誘い受けで、松嶋はヘタレワンコで乙女思考の攻め。
精神的なSMとも言うような気も。ただ、Sは受けでMは攻めという異色作。
あからさまなのに攻めてこない松嶋に対して揺さぶりを掛ける真下とのシーンは読んでいてドキドキしました☆
「ぎゅーっとしたい……出来ないけど」
「女の子は大好き。かわいくて、やわらかくて、いい匂い。誘われたら拒む気ないよ。だって一番好きな人とは付き合えないんだから」
好きな人に対してヘタレワンコになるのがもどかしい…。

脇キャラの科川と夏木も何かあると想ったら、やっぱり話があるそ続きうなので楽しみー。
夏木は可愛くて元気なワンコ(金髪元ヤン)。科川は冷静沈着で友人想いのイイ奴。
夏木を見て科川が「何、オマエ可愛くね?」と今更気付いているのが可愛いw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ