禁じられたX

kinjirareta x

禁じられたX
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784877245887

あらすじ

不慮の事故で大学生の神津大輔は全ての記憶を失い、血のつながらない兄の芳樹と同居することになった。設計事務所勤務のちょっと過保護すぎる兄は優しく、大輔は徐々に惹かれていく。そんな兄から「お前は俺の恋人だった」と告げられて驚きながらも嬉しく思う大輔。記憶を失くしても大輔の身体は兄のことを感じたがっているが、兄は自分に触れてくれない。自分たちは本当に恋人同士だったのだろうか…?そんなある日、バイト先のオーナーに「本当の恋人は僕だ」と襲われそうになり…。

表題作禁じられたX

神津芳樹、義理の兄、24歳/萩原、バイト先の店長
神津大輔、大学1年生、18歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

本当の恋人探し

…がテーマの1冊でした。

記憶喪失になった大学生の大輔に恋人候補が3人現れて、だれが本当の恋人なのかを大輔と一緒に探す、サスペンスっぽいラブミステリーです。
と言っても、結構早めに分かるので、そんなにドキドキ感はありませんでしたが…。

登場するのは、義理の兄とバイト先の店長と幼馴染みの親友の3人です。
義理の兄は、優しい面と、執着してる二面性が萌えました。バイト先の店長はただただ胡散臭くて、罠に何度もハマる大輔にちょっとイラッときたし、親友はあまり絡んでこなかったのが残念でした。
まさかの殺人事件まで絡んできて驚いたけど、最後はアッサリと記憶を戻して解決したのが拍子抜けでした。でも、義兄弟の秘めた愛情は、キュンとなって好きでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ