軍服は鷹の獲物

軍服は鷹の獲物
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
3
得点
22
評価数
10件
平均
2.6 / 5
神率
10%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784872578249

あらすじ

明治時代―留学先のドイツで知人に騙され、闇市に売られてしまった公爵家次男の陸軍少尉、晴彦。
彼を買ったのはサリジタール王国の第四王子ファイサルだった。
狙った獲物は決して逃さぬ、黄金色の鷹の瞳をもつ王子ファイサルは、その夜のうちに晴彦を自国へと連れ去る。
妾妃としての屈辱的な責めの数々に、自尊心を打ち砕かれながらも晴彦は…。
内紛に揺れる灼熱の王国…狂い咲く妖艶エロス書き下ろし。

表題作軍服は鷹の獲物

サリジタール王国第4王子 ファイサル
陸軍少尉 蘇芳晴彦

評価・レビューする

レビュー投稿数3

調教調教調教

あぁ~「砂漠の王子さまの話には8割の確率でオークションがあって9割がた受けが出品される」(Byハチさん調べ 2005年@暴れん坊本屋さん)
ってこういうののことよね~~~としみじみ(笑)
つまり様式美ってやつですね!
こちらはシリーズ第一弾。
CDを先に聞いてから原作を読んだのですが、
いやはや、原作も調教からの惚れる愛です。
ええ。様式美!

ここでの注意点は日本は明治時代です。
油田・・・明治時代って石炭じゃない?と20世紀後半なイメージが
ついて時代背景が微妙に混乱してしまいました。
思わず調べちゃいましたよ・・・。
アラブの油田が騒がれ始めたのが1900年ごろ、
明治は1869-1912年。・・・・ギリ・・・・あり得るようです。

晴彦についてはひと目ぼれ+王子のテクニック+ストックホルム症候群→王子の境遇と愛情にほだされ・・・で恋に落ちちゃったって感じですかね。
女性経験がないとは言わない、程度の無垢で世間知らずなぼっちゃまを
調教調教調教。楽しゅうございます。

調教の中ではなんといってもお馬さんですね!!(笑)
実際活字で読んだのは続き私も初めてでした・・・。
しかも揺れるお馬さんだとは!!!
お話は時代背景を踏まえたうえでならば様式美で、調教シーンを
充分に楽しめます(笑)

一方、晴彦(受)を単身助けに来たお兄ちゃん。
ファイサル(攻)に頼まれてお兄ちゃんを足止めするラシード兄ちゃん。
この二人のお話は第二弾の「華族は熱砂の獲物」で読めます。

華族の跡取り兄ちゃんが、留学中の溺愛する弟に会いに老執事とともに長い船旅で会いに来たら可愛い弟は殺されちゃってたよ!なんて言われたので頼りない伝手を手練手管で口説き落としなんとか探し出して弟を助けようと頑張ります。
老執事の体調を慮って単身で見知らぬアラブの国へ。

このお話を読んでからの方がこの第二弾よくわかります。
個人的にはこの第二弾の方が恋愛?過程は納得でした。

1

ちゃぶ台があれば

ちゃぶ台があれば、3回くらいはひっくり返したいくらいのイライラを覚えた作品でした。

まずは、主人公の晴彦を売ったクラスメイトのヨハンに、「妹が風疹にかかって医者に行くお金がないんだ」とーーーーー!
そんなことで人を売るなんてなんて奴だーーーーー地獄に堕ちろ~。とちゃぶ台返し。

次に、主人公の晴彦に、「こんな境遇に身を落としおめおめと生きているなんて恥知らずなことをしているのか、自害して日本男子の誇りをまもるべきなのに」と自害しようとしたくせに、いざ兄の篤弘が助けに来て、一緒に逃げようといったのに、「…私はここで、殿下をお守りする任務をまっとうしたいんです」だと~ーーーー!
人身売買に売られたのも、その殿下(攻)のせいだろう~その殿下に酷いことされて、たまたま気まぐれに、その殿下を守る武官に任命されて、何が任務だ~。お前は日本の軍人だろうーそれがお前の本当の任務だろう~誇りもないのかーーーーーとちゃぶ台返し。

そして最後に、主人公の兄で晴彦を助けにきた篤弘に、単身で敵国に乗り込み、あまつさえ密入国しようとして、脱出するときはどうするつもりなんだーーーーー!計画もなく続き乗り込んで、無事に脱出するつもりなんて、なんて無計画…世間知らずかーーーーーとちゃぶ台返し。

なんだか、読んでいて、攻のファサイルに対して、好感できるものが、何もなくて、人を人とも思わない行為に腹が立ちました。
なので、晴彦が何故、好きになるのか、全然理解に苦しむ内容でした。
悪い男にだまされる世間知らずなお嬢様なら仕方ないけど…良い年をした男で軍人であるというのがなんとも許せなかったですね。

アラブの王族に誘拐される話はよくあると思うます。だったら、同じ作家さんの作品で「灼熱に濡れた花嫁」の方が断然救いがあります。だって、こっちの方がまだ愛がありますから…

電子書籍でちょっとお高めだったのもイライラの内容だったかも、ケチですいません(T_T)

3

そうそうアラブってこんなかんじ。

美貌の帝国軍人・晴彦は、留学先のドイツで友人に嵌められて闇市に売られ、サリジタール王国の王子ファイサルに買われます。そして息を吐く間もない愛欲の日々は始まる、というお話です。

びっくりするほどお約束に満ちたストーリーなんですが、それがアラブものの醍醐味でしょう。自尊心の高い晴彦が調教される屈辱を耐え忍び、それでもなお誇りを失わない様や、仕方なく従っているんだという様子を見せる晴彦に対するファイサルの複雑な表情なんかが萌えどころです。晴彦は割と自我を失っていないと思うので、頭空っぽになっちゃう受が駄目な人でも読みやすいかなーと思います。王族秘伝の媚薬(笑)とかが出てくるのもアラブものならではですよね。
また、失踪した晴彦を追いかけて日本からやってきた兄の篤弘もいい味出してます。彼は極度のブラコンなんですが、ファイサルの兄・ラシードによって足止めを食らい、彼と駆け引きをしながらなんとか晴彦と会おうとします。晴彦の色気が軍服に隠されているのに対して、篤弘はそれを自らの武器にしており、ラシードとの大人なやりとりは見どころですw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ